2018禁漁、そしてキノコ講座第2回。

 今年の最後は土日締めで禁漁。あいにくの台風24号接近でしたが、日本列島に近づくにつれて台風の速度が低下、結果的には釣り日和となりました。しかも台風の好影響で気温が高く、最終日の30日にはさらに高くなり23℃ほど。良い釣り納めをされた人も多かったのではないでしょうか。台風が来る来ないに関わらず、土日だし最後は釣り場に行ってみるという行動が結果を分けたと思います。その結果とは、釣り場に釣り人は少ないし、予想外に暖かいし、ヤマメの婚姻色は遅めで食い気はあるし、イワナは変わらず元気だし、、、となりますね。
 釣り納めとは釣ってなんぼではなくて、やはり過ぎ行くシーズンを振り返り、来たるシーズンに思いを巡らす、この気持ちの問題です。長く続けているフライの宿屋ですので、最後の最後に切羽詰まった釣り客様は来ませんが、釣り場には右往左往しているフライの人はけっこう見かけました。9/30の最終日まで営業させてもらえる宿屋冥利、お客様たちには本当に感謝しております。今年もありがとうございました。
 普通は最終日はのんびり釣り場へ向かうのが当たり前ですが、のんびりキノコ採りに向かう3人あり。もちろんバカが付くほどの釣り人ですが、こっちの方が坊主なしハズレなし、しかも思っていた以上に楽しくて興奮してしまう、そうです。仕方ないので、自分も嫌ではないし、今回は雑木林のキノコ採りに出発。成り行き上、キノコ講座第2回となりました。
 狙いは、最後のサクラシメジ、出始めのクリタケ、クリタケとセットのニガクリタケ、カラマツ林に移動してハナイグチで万歳するコース。先週の3太郎とは1人入れ替わっていますが、さらにパワーアップしてハイエナ3太郎に変身。今回も予想を裏切るサプライズがあり、ハタケシメジ、ナラタケ、ハナビラニカワタケ、キノボリイグチの追加収穫。ナラタケは宿屋で食材になるので自分が頂戴し、帰途の林道では今年大不作のヤマブドウに出会う幸運を引き寄せるほど。驚きのグッドタイミングの季節と雨だったんですね。
 さて、自分の釣り納めを午後に予定していましたが、午前中のキノコ散策である程度のリフレッシュになったようで、お昼を食べたら”別に釣りはいいかな”ってな感じで時間過ぎて行き、夕刻前に最後のハタケシメジ収穫に出掛けました。要するに、釣り納めなしです。ナラタケ2kg弱、ハタケシメジ1kg強、この処理とパッキングで夜に突入。そのまま脱力感で、夜9時就寝となりました。めでたし、めでたし。
c0198267_15232402.jpg
c0198267_15233568.jpg
フライフィッシングで自然渓流デビューなら、首都圏からほど近いみちのく会津がベストです。
パウダースノーのたかつえスキー場なら、車で1分の至近距離。
天気予報を確認してからの直前予約も大丈夫です。
お一人様のフライフィッシングのご宿泊は、特に歓迎です。
お気軽にお問合せ、ご予約下さい。
やまゆきかわゆきHPは、http://www.maroon.dti.ne.jp/yamayuki/
やまゆきかわゆきFBは、https://www.facebook.com/Yamayukikawayuki
やまゆき夫婦のインスタグラムは「yamayuki」で検索してみて下さい。


[PR]
by yamayukikawayuki | 2018-10-02 15:24 | ■FLYFISHING/川遊び | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : https://yamayukika.exblog.jp/tb/29774043
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
<< 研修終わって、日常に戻る。 ■随時更新、営業及び休館の予定。 >>