人気ブログランキング |

お客様をガイドの日。

 奥会津は中秋、ヤマは朝霧に包まれ、ソバ畑は収穫を待ち、イワナ釣りはのんびり、キノコがポコポコ発生し、移り行く季節を飾ってくれています。「秋分の日」の3連休は天気も良くなり気温が上昇、25℃位まであってポカポカ陽気になりました。お客様の朝食が済んだら、かねてよりリクエストがあったガイドに出掛けました。フィッシングガイドではなくてキノコ採りのガイドです。長野出身のお客様がキノコが大好物で、いつかキノコ採りもしてみたいとの事で、そのいつかがこの日になりました。普通なら釣り優先でしたが、禁漁身近で気分もまったりの様子。季節的にはタイミング良く、長野県人が大好きなキノコであるハナイグチ、長野県の通称”ジゴボウ”が顔を出しているはず。これはチャンスとばかりに、車で5分のカラマツ林へ急ぐ。
 まずはレクチャーがてらで先導しながらぶらぶら。すぐにハナイグチは見つかり、運よく発生したての可愛いのも続々収穫。3太郎が揃ってフォトジェニックな撮影会の始まり。キノコ好きにとってはハナイグチの幼菌はナメコ以上とも言われていて、それがポコポコ採れたからキノコ運は良いぞ。その他は、ヌメリイグチ、ヘラタケなど、美味しいキノコも毒キノコもお勉強します。きれいなスギヒラタケは地域性により毒キノコ判定されてから大量に発生しても採られないまま。カラマツ林を白い妖精が踊っているように、鮮やかに秋を告げています。
 可憐なアカヤマタケは大好きです。食べるだけの量は採れないので、いつも写真を撮って楽しんでいますが、自然が創り出す不思議な色彩には感動します。地球は豊かな星だとつくづく思ってしまう。シロハツ、ベニハナイグチなど、分かる範囲でレクチャーしながら、後半はフリータイムに突入。30分ほど各人で散策しながら、そしてぶつぶつ独り言を発しながら、中年オッサンのキノコ採り初体験は楽しいものであったようです。
 タイムアップが近づいて、なんとサプライズ! 夏キノコのハナビラタケが1株発見で、3太郎揃って驚きにあふれて、少し飽きてきた写真も再び撮影会の時間到来。仲良く3等分で分け合って、仲の良さをアピール。あっという間の2時間でした。ガイドは無事に完了となり、めでたしめでたし。3太郎から事後報告があって、帰宅後はそれぞれに、選別~虫出し~洗い~料理~食まで、完了したようです。食べるまでちゃんと出来て、キノコ採りです。食べないのにむやみに採るのは止めましょう!
c0198267_13370998.jpg
c0198267_13373356.jpg
c0198267_13371897.jpg
c0198267_13372693.jpg
フライフィッシングで自然渓流デビューなら、首都圏からほど近いみちのく会津がベストです。
パウダースノーのたかつえスキー場なら、車で1分の至近距離。
天気予報を確認してからの直前予約も大丈夫です。
お一人様のフライフィッシングのご宿泊は、特に歓迎です。
お気軽にお問合せ、ご予約下さい。
やまゆきかわゆきHPは、http://www.maroon.dti.ne.jp/yamayuki/
やまゆきかわゆきFBは、https://www.facebook.com/Yamayukikawayuki
やまゆき夫婦のインスタグラムは「yamayuki」で検索してみて下さい。


by yamayukikawayuki | 2018-09-25 13:39 | ■山菜キノコ/山遊び | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : https://yamayukika.exblog.jp/tb/29761790
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
<< 2018禁漁、そしてキノコ講座... 渓流シーズン終盤戦、空室状況。 >>