お盆明けに現地調査して、思いがけずいっぱい釣る。

 7月下旬からは1週間ごとに台風がやって来ていたので、暴風圏切りギリギリであっても恵みの雨が降っていました。最初の台風では川は濁りはしたものの、翌日には濁りがなくなっていたというほど、山々は乾いていて水分の吸収が早かったようです。それは7/29(日)の状況で、檜枝岐村の舟岐川が濁ったので相当にまとめて雨量がありました。
 次に濁りが出たのが8/11(土祝)の事、前日の夕刻から朝方まで雷雨となり、奥会津の川はほぼ全部が濁りました。この10日間にも雨は降っていたので、なかなか増水も落ち着かず、すでに山には水が十分すぎるほど含まれていたため、例年の夏の水量の3割~5割増しで推移。もはや恵みの雨とは言えません。世間で言うお盆期間に入り、今度は連日の雷雨。不安定な気圧配置が徐々に緩まり、今日(8/19)現在は水量2割増しといったところ。涼しい風も時折り感じるようになったので、静かに楽しめる晩夏の釣りに入りました。
 近くフライショップさんがやってくるので、自分の目で現地調査です。ぐるっと状況を見るのが目的なので、現地視察の表現の方が合っていますが、午後2時を過ぎたらよもやの釣り開始。あまりにも釣り人が少なかったので、少しは調査をしておこうという気になってしまい、結果やや疲れてしまいました。釣りは疲れなかったのですが、巻こうと思った堰堤がまさかのガレで引き返す羽目に。これで上り下りに右太ももあたりをパワープレイしてしまい、毛細血管がピキピキした実感アリ、です。ピッキピキですよ。
 小気味よく釣り上がって、イワナ9、ヤマメ2、バラシ5。いつも夏はこの比率の川なので、問題無しです。沢から降りて来て居着いていた良型イワナは29cm。沢育ちのサビ模様はなく、均整の取れた素晴らしい魚体に体色、眼は野生を感じさせ、潜水艦予備軍の風格。夏の思い出になりました。システムはリーダーティペット5Xに#10ヘアウイングダン。いつも変わらず、申し訳ないくらいの無頓着ですが。
 8月下旬からは、大人の夏休み。ぜひいらしてみて下さい。
c0198267_15463939.jpg
c0198267_15462967.jpg
フライフィッシングで自然渓流デビューなら、首都圏からほど近いみちのく会津がベストです。
パウダースノーのたかつえスキー場なら、車で1分の至近距離。
天気予報を確認してからの直前予約も大丈夫です。
お一人様のフライフィッシングのご宿泊は、特に歓迎です。
お気軽にお問合せ、ご予約下さい。
やまゆきかわゆきHPは、http://www.maroon.dti.ne.jp/yamayuki/
やまゆきかわゆきFBは、https://www.facebook.com/Yamayukikawayuki
やまゆき夫婦のインスタグラムは「yamayuki」で検索してみて下さい。


[PR]
by yamayukikawayuki | 2018-08-19 15:47 | ■FLYFISHING/川遊び | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : https://yamayukika.exblog.jp/tb/29695993
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
<< 秋の里見スクール、若干名の空き... 「7月は女将さん月間」ありがと... >>