七ヶ岳、雪景色。

 2018年の年始からはお天気が安定し、まとまった雪は数回のみ。たかつえスキー場は1月の3連休を過ぎ、レギュラーシーズンに入りました。年末年始で150cmあった積雪は少しづつ減り、今は120cmほどをキープ。滑るには十分な雪ですが、週に1~2回は降雪が欲しいところです。第6シングルリフトを上がると高倉山に到着。高倉山は七ヶ岳(ななつがたけ)の前にある山、七ヶ岳登山ルートにある入口の山です。この高倉山をはさんで開けているスキー場側から燧ケ岳や会津駒ヶ岳が望め、ほとんどのスキーヤーボーダーは滑り降りて行きます。日向に温度計と進入禁止の看板があり、”ふ~ん、ここが山頂か”なんて顔をそながらズリズリ~と下って行きます。しばらく景色を楽しむ余裕のある人はそれほど多くなく、時間と余裕が持てるシニアスキーヤーの自然への知識が物を言い、こここそが七ヶ岳を一望できる絶景スポットだと言う事を知っている、勝利ですね。残念ながらボーダーの多くはズリズリ~と7割が降りて行き、運よく足跡に気が付いて山を拝むもののただの山としか分からず戻って行く。”ふ~ん”で終わり。
 七ヶ岳は日本200名山に選ばれていて、某局200名山一筆書きなる番組で静かなブーム到来、地元では田中陽希を呼んでイベントを開催しています。七つのトップが真っ直ぐに連なる景色はリフト稼働中の冬なら容易に出会えますが、ここから七ヶ岳山頂へは相当な覚悟と装備が必要。ここでしばし眺めて良しとしておくのがベストですね。自分は今シーズン3回拝みましたが、実は表側裏側の両方が晴れている時は珍しく、3回とも気温上昇、風静穏というタイミングでした。よって樹氷には会えず、3回目にリフト終点地点のみ霧氷、これでも良い体験です。次回会えるのはいつになるかな。
c0198267_10102965.jpg
やまゆきかわゆきは、奥会津を楽しむための宿です。
フライフィッシングで自然渓流デビューなら、首都圏からほど近いみちのく会津がベストです。
パウダースノーのたかつえスキー場なら、車で1分の至近距離。
天気予報を確認してからの直前予約も大丈夫です。
お一人様のフライフィッシングのご宿泊は、特に歓迎です。
お気軽にお問合せ、ご予約下さい。
やまゆきかわゆきHPは、http://www.maroon.dti.ne.jp/yamayuki/
やまゆきかわゆきFBは、https://www.facebook.com/Yamayukikawayuki

[PR]
by yamayukikawayuki | 2018-01-22 10:20 | ■コンデジ風景写真自然観察 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : https://yamayukika.exblog.jp/tb/29172906
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
<< 大雪見物。 2018新年と犬。 >>