里見さんと「釣り百景」。

 数年前までテレビ東京にて『釣りロマンを求めて』という番組があったが終了してしまい、現在はBS-TBSにて『釣り百景』となり番組の流れが引き継がれている。どちらもメインスポンサーはシマノであり、年間数回はフライフィッシングの収録がされている。釣りロマンの時は年に2回のFF収録だったが、百景になってからは2回以上はFFがらみの収録があるようだ。お話を頂いたのは昨年2016年5月の事。収録は同年6月上旬だった。この時の放映が同年9月中旬となり、初秋に奥会津の春のドライフライの釣りがオンエア。年間の番組構成上、仕方ない。番組タイトルは、"奥ゆかしきフライフィッシングの世界 福島県奥会津で美しき渓魚と出会う" 、動画サイトのシマノチャンネルでダイジェスト版が見られるようになっている。https://youtu.be/dUY7z5W43cc
 この番組の反響が今シーズンになってぼちぼち聞かれて来た。5月の里見スクールでは遠方からの参加者がそうであり、”そこに行って、里見さんにスクールで習わなきゃ!”と思ったそうだ。その他にも夕食時には時々”オンエア見ました”とか”ユーチューブで見ました”とか、たくさんのリーチを感じた。さらには、5月GWに檜枝岐村にフライフィッシングの方が多く見受けられ、それは6月上旬でも変わらず、シーズンを先取りして良い釣りをしようと必死になっている姿が想像できる。残念ながら、収録時の昨年6月は記録的な雪不足の影響で1ヵ月ドライの釣りが早まったのでそういう内容になったが、今年の檜枝岐は雪が例年よりやや多く2~3週間遅れのドライの釣りになっている。あくまでも取水提の下の話ではなく、檜枝岐川、舟岐川、見通川、実川等の通常の流れの話になる。
 自由にネットで検索して、自分の都合の良いように解釈して、季節だったり天気だったりを取り違えて無駄足になる。そんなフライマンも多いでしょう。現地の役場観光課、観光協会、漁協などに電話一本する事で大きな間違いは起こさなくなるものだが、ネット時代、SNS時代、情報氾濫時代にあってはそうではない。まあ、仕方ないとしか言えない。SNSを駆使して現地の拠り所をつかんでいるつもりなんだろう。悪い事じゃないが。
 当宿のリピーターさん達は迷ったら連絡をしてくる。それが正解! FFという同じ趣味を持つのだから、何とかしてあげたいという気持ちで、天気の事や川選びをサポートしているつもり。結果はお客様がやる事なので、すべてお客様の価値観による。
 ひげのおじさん(=里見さん)から分けていただいたこの良い反響。スクールに参加した写真の人も5月にお会いできた。こんなうれしい事はない。頼られる事の嬉しさは、皆さんにお返ししていきます。梅雨ですか? 台風ですか? 今日も良く釣れていますよ。天気ですか? ころころ変わりますね。梅雨ですから、雨は降りますよ。雨は嫌だだって? 梅雨明けを待って釣りに行かれた方が良いですね。

 さあ、台風来ているけれど、仕事いなくちゃ。雨だから、お客様も早めに帰って来そうだ。
c0198267_13405558.jpg
やまゆきかわゆきは、奥会津を楽しむための宿です。
フライフィッシングで自然渓流デビューなら、首都圏からほど近いみちのく会津がベストです。
パウダースノーのたかつえスキー場なら、車で1分の至近距離。
天気予報を確認してからの直前予約も大丈夫です。
お一人様のフライフィッシングのご宿泊は、特に歓迎です。
お気軽にお問合せ、ご予約下さい。
やまゆきかわゆきHPは、http://www.maroon.dti.ne.jp/yamayuki/
やまゆきかわゆきFBは、https://www.facebook.com/Yamayukikawayuki


[PR]
by yamayukikawayuki | 2017-07-04 13:43 | ■FLYFISHING/川遊び | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : https://yamayukika.exblog.jp/tb/26788759
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
<< 半月遅れでミヤマクワガタ。 「父の日」帰省と「鳥放題」。 >>