初物ハナビラタケ。

 何だか年々梅雨の雨が減ってしまっているような感じになっています。夏キノコもぼちぼち見掛けそうなのに、少しのサワモダシやヒラタケくらいしか確認できません。7月からはタマゴタケを先頭にしてベニタケ類がポコポコ出て来ますが、それすら少ない状況です。ある程度の標高まで行くと、たとえ雨が少なくても朝もやがかかるので、最小限の水分は地表に落ちて来ます。どうせ今年も少し遅れて発生するだろうと勝手に予測して、天ぷら用のハナビラタケを採りに針葉樹林帯へうろつきに行きます。
 数か所を巡り歩いて合わせて3つ。その内の2つは食べ頃を過ぎていて、天ぷらには向かない成長をしていました。これは下処理して即天日乾燥、スープ用になります。という事は、1週間前ならグッドタイミングの収穫だったんだな、これは。そうなると例年通りの発生じゃないか。発生していた場所が傘をさすように低木の枝や笹の下にあった。少量の雨量でも夜露でも、その葉っぱたちが水分を集めて地表に盛って来てくれている。そうか、そう言う事か。やはりセオリー通りのパトロールは欠かしちゃいけないか。用事があるとついつい後回しにしちゃうので、もったいない事になっちゃうな。クワの実採りもそう。台風11号で強制終了だったし、ちゃんとちゃんと仕事はやらなきゃだめだね。
 では、ハナビラタケは予定通りに天ぷらに。う~ん、美味、美味。青物のモロッコインゲンとシシトウも一緒に、季節の味を頂きます、お客様がね。山の贅沢はまだあって、ワラビのナムル風、コゴミの梅おろし、地元のお豆腐をヤマミツバ醤油で。檜枝岐の釣りも楽しかったし、数釣りや大物釣りじゃない、充実の1日でした。
c0198267_09384655.jpg

[PR]
by yamayukikawayuki | 2015-07-27 09:41 | ■山菜キノコ/山遊び | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : https://yamayukika.exblog.jp/tb/24455001
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
<< いったい誰得?な話。 2015秋の里見スクール、開催... >>