北海道釣行記2014-1、どん、どん、豚丼。

 紅葉の色付きを少し感じられるようになった10月上旬に、研修へと出掛けて来ました。北海道はおおむね天気も良く、台風直撃のような被害はなく、春先から穏やかな季節の進み具合だったようで、道内の農産物は出来が良いそうです。穀物の収穫が早くに始まり、豆類やビートが整列している大地は、明るい日差しが印象的でした。釧路方面から十勝地方に研修の地を変えて2年目。今回は開拓本番です。
 なんて言いながら、食べ物には勝てません。十勝名物の豚丼は計3店舗の新規開拓になりました。入店した順番通りに案内すると、最初は名店のひとつ「ゆうたく」。今さらながらお初です。文句なしの美味しさ、そう実に美味しい。驚きはお肉の柔らかさ。炭火焼きはもちろんですが、肩ロースは子供でもシニアでも簡単に噛み切れます。今秋夫婦して歯医者通いだった自分達でも、この柔らかさには喜ばざるを得ません。食べやすさはナンバーワンですね。
 こちらは豚丼専門店ではなく、豚料理の専門店です。ですから、とんかつ定食やとんてき定食も良く売れています。行楽客のみならず地元の会社員でも豚丼を注文されていたりと、全てのメニューにおいて美味しいと言えるでしょう。間違いなく豚丼発祥の「ぱんちょう」と並ぶ100点満点のお店ですね。
c0198267_10381755.jpg
c0198267_10382531.jpg
 2軒目は西帯広にある「ぶた屋」。店名からして誘われる豚丼専門店です。豚丼は十勝のソウルフードなのでかつては600~700円の価格帯だったのですが、近年は肉質と差別化が進んで1000円前後が主流になって来ています。こちらはソウルフード価格の良心的な経営です。市街地から離れているので、土地建物のテナントコストが抑えられているのも現実です。お店は大きくないので家族経営でしょう。ぶた屋ネーム入りの黒いシャツを着た従業員3名態勢。ばあちゃんと息子2人のように思えますが、単に憶測です。
 通常の豚丼と上質肉の豚丼がありますが、自分は通常の豚丼バラ肉、嫁は通常の豚丼ロースを頂きました。お店に12時ジャストに到着しても車の置き場はすでになく、こんな雨降りでも人気なのが嬉しいですね。ほとんどが地元客や会社員だったので、ザ・ソウルフード! 調理場が見えたりしますが、ここの良さは価格帯や地元人気だけじゃなく、その盛り付けにもあります。ただデカ盛りのお店や逆に凝り過ぎのお店は人の価値観によりますが、出て来た丼は顔がほころぶ盛り付けになっています。自分達にはあまり必要ありませんが、追い掛けのタレも出て来ます。好感の持てる豚丼屋さんでした。
c0198267_10383478.jpg
c0198267_10384042.jpg
 3軒目は、帯広駅に近い「はなとかち」。豚丼専門店で、人気も高く、最近リニューアルしたばかりです。雑誌等への露出は多く、行列のできるお店です。自分達は釣りが出来ない雨降りの日ばかりに食べ歩きするので、さいわい行列はありませんでしたが、店内はつねに5組くらいのお客様がいました。きっと土日はどんな天気でも行列ですね。
 バラ肉とロース肉が一緒に食べられる半ばら豚丼で有名ですが、お店の売りなだけに、一元さんとみられる人が半ばら以外を注文すると席までメニューの説明に行って、半ばら豚丼になってしまっていましたね。お客様がいっぱいで忙しい時は、こりゃ大変だ。という事で、やはり半ばら豚丼を頂きました。
 バラ肉は美味しいですね。バラ肉だけで勝負したら、もっとお客様が増えそうです。しかしながら美味しい豚肉はバラ肉が甘いというのが一般的です。バラ肉は単価が高いのでしょう。バラ肉だけの豚丼メニューが見当たりません。枝豆は中札内産の黒枝豆。う~ん、ゆですぎで残念です。ワサビはタレとの真逆にありますが、これは食べる人のお好みですね。自分には別に無くても良い物でした。
 お客様の大半が立地に関係しているせいか、一元さんでした。自分達も一元さんですが、お値段が安くはないので、観光客ご用達のお店のようです。それはそれで行列が出来てしまうなら、商売としては成功と言えます。バラ肉のレベルが高いだけに、全体的にもったいない印象です。
c0198267_10384714.jpg
c0198267_10385370.jpg
 十勝地方のほぼ全域でメニューにある豚丼ですが、地元に愛されているお店がいくつもあります。帯広の鴨川はミシュラン効果で行列&値段アップになってしまいましたが、それでも道を外さず人気は変わりません。本別町の浮船はとんてきの人気店ですが、ゆうたく同様に豚肉料理全般で愛されています。近年ではオープンしてもすでに閉店とか、移転しちゃって見つからないとか、寂しいお店もあります。ただ食は旅の楽しみである事には変わりませんので、ハズレを引いてしまっても、それはそれで楽しみです。ハズレくじは無い方がベストですが、人がやる事ですから。


[PR]
by yamayukikawayuki | 2014-11-13 13:18 | □【北海道釣行記】 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : https://yamayukika.exblog.jp/tb/23035696
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
<< 北海道釣行記2014-2、色ん... 晩秋の奥会津。 >>