秋雨前線、夏キノコ、休館予定。

 気象庁が秋雨前線と言うから、”おいおいホントかよ”、と思っていたら、ちゃんと停滞してしまいました。冷たい空気はないので、夏の寒冷前線ではなさそうでしたが、不思議な夏になっています。早い梅雨入り、短期の猛暑、そして早い秋雨前線。予想を裏切るように地球は回っているみたいです。それでも気象庁は頑張っています。”もう批判は受けたくないぞ”という思いが感じられます。気象庁は後出しながらもこまめに予報を変えて、住民の災害予防と個人の健康管理を呼びかけていますね。過剰表現と思える時もありますが、近年にしてはダメはダメでも頑張っているかな。そう感じているのは私だけ?
 秋雨前線が乗っかったので、今年の夏キノコは超不作が決まりました。夏キノコは水分と暑さが必要です。水分+暑さ=蒸すような空気感。これが発生の条件です。その代り、秋の実りが順調に進んでいます。畑の物は遅れて収穫となっていますが、南郷トマトも最盛期です。もっとも秋雨ばかりじゃ良くないですから、日照も欲しいですね。たのせ地区での体験旅行ボランティアが日程終了した折、直売所に並ぶ野菜に「きみ」なる物。単純に「きび」を話し言葉で「きみ」と書いてしまっただけ。昨年も「しそ」を「ちそ」と書いていましたからね。少し笑えるお盆になりました。
c0198267_06204463.jpg
 木の実は今のところ順調に育っています。秋の木の実はヤマブドウが王様です。ここ数年変わらぬ収穫量に至っていますが、今年も大丈夫そうです。山も、近所も、当宿の採り場も、実が膨らんで来ました。今年はヤマグワがクマっ子に食べられちゃったので、秋の木の実採りに力を入れようと思います。ガッツリ採りますよ。
 その他のサルナシやマタタビはあまり確認できていません。おそらくサルナシは例年通りだと思いますが、マタタビは良好とはならないようです。当宿もマタタビは重要ミッションですが、2011年の新潟福島豪雨災害からまとまった収穫が出来ていません。具釣り的に採り場に行けなくなってしまった事は、もうどうしようもないですが、それに代わる採り場を開拓できていないのも事実。何とかしないと、ストックを切らす事態になりかねません。超ヤバい。
c0198267_06284104.jpg
 8月後半に入りました。近くの休館予定は、8/20(水)、8/28(木)となっています。ご了承ください。

[PR]
by yamayukikawayuki | 2014-08-18 06:30 | ■山菜キノコ/山遊び | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : https://yamayukika.exblog.jp/tb/22488148
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
<< 晩夏の釣り、体力十分のイワナ。 きれいな川は、どこでもきれい。 >>