早春の花。

 渓流沿いの林道を走らせていると、まだ少し遅い春の訪れ。でも、草木の息吹ははっきりと感じられて、一輪の花を見つけた。ショウジョウバカマは雪国の春の花。高山湿原の花。会津高原は尾瀬沼よりも約1カ月ほど早く季節が巡って来ます。当宿から歩いて10分の場所には、ミズバショウが咲き誇っています。ミズバショウ、ザゼンソウ、フクジュソウは雪国の春には欠かせない花ですが、実は食不適な毒草です。



c0198267_13581723.jpg

 ショウジョウバカマの花に寄った写真は初めてです。淡い色が、どこかはかないですね。

 大型連休GWもピークを過ぎました。予想外の交通渋滞でしたが、直前にこちらにやって来られるお客様が増えて、宿としても助かりました。震災以来、約2ヵ月振りのお仕事に少々疲れ気味の自分たちです。皆さん、ご宿泊いただきありがとうございます。
[PR]
by yamayukikawayuki | 2011-05-04 13:58 | ■コンデジ風景写真自然観察 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : https://yamayukika.exblog.jp/tb/16279968
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
<< ミツバウツギが登場します。 春の入り口で。 >>