たまには、川を歩く

c0198267_121323.jpg 梅雨入りしてもまとまった雨が降りません。これから先の季節が、心配されます。いったい今年はどうなってしまったのでしょうか。季節はいつも通りに巡って来てほしいものです。

 先日、お客さんと一緒に遊びに行って来ました。今年から年券を購入されたお客さんで、現在はフライフィッシングという趣味の、一番深い所にいる人です。そこはいわゆる「どつぼ」という場所ですね。

 この方は、ゆっくりマイペースな釣り上がりですが、なぜか良い運の持ち主。魚以外にも目を向ける余裕があります。初めての土地で、初めての川で、FFを初めて数年で、なぜか結果が付いて来てしまっている。憎らしいですね。

 この日もつかみどころのない渓流にもかかわらず、5尾!

 許せませんね。




c0198267_12131217.jpg きれいなイワナです。28センチもありました。自分の去年の最高が27センチですから、早々と上回る事ができました。別にサイズが目的ではないのですが、釣れちゃうとやっぱり嬉しい!

 林道は予想以上に走りやすく、尖った石もあまりありません。事故や怪我をせずに無事に帰って来る事は最も大切です。ちょっとスピードは飛ばしますけど。

 会津駒ケ岳の雪解けもが進み、自分にとってはいよいよ楽しいシーズンです。お陰様で8回目の夏を迎えようとしています。なかなか思うように釣りには出掛けられませんが、また知らない場所に身を置いてみたい気持ちに駆られます。

 来週末は、尾瀬・田代山環境ミーティングが開かれます。フライフィッシング教室やデジカメ教室など、森と川の体験教室がいっぱいです。機会があればご参加下さい。
[PR]
# by yamayukikawayuki | 2009-06-19 12:07 | ≫フライフィッシング/川遊び | Trackback | Comments(0)

見守られています

c0198267_18203568.jpg 置き土産がひとつ。お土産の内容といい、サイズといい、間違いない高価な代物です。水辺はみんなの憩いの場であり、生活の場でもあります。どんな時も人間が主人公とは限りませんね。

 さっぱりだった沢釣り。反応ひとつありません。ほんのちょっとの水温上昇と、少し大きめの虫のハッチがあれば、活性が上がるのですが、いかんせん水温が冷たいままでした。お手上げです。

 源流もシーズンイン。
 檜枝岐方面もシーズンイン。
 あっちもこっちもシーズンインです。

 6/17(水)泊分~18(木)泊分まで、都合によりお休みになります。19(金)泊分からは通常営業です。ご了承ください。
[PR]
# by yamayukikawayuki | 2009-06-16 19:06 | ≫フライフィッシング/川遊び | Trackback | Comments(0)

リバーガイドの1日

c0198267_18214262.jpg 爽やかな日、今シーズン最初のガイドをしました。親子で川を歩いているように見えた事でしょう。60も半ばなのに、足を運ぶ軽快さはお見事。私が歩いたコースをきっちりとトレース、いたって冷静なハンサムフライマンです。

 日曜の夕方から降った雨で水量は戻ったものの、思った以上に水温が低くなり、午前中は苦戦! 昼が近くなった頃、冬を越えた力強いイワナが顔を出してくれました。二人して満面の笑みです。

 足の運びには驚きましたが、もうひとつ、目の良さにも驚きです。大好きな趣味での集中力のなせる結果ですね。私はアタリに気付かない事もありましたが、ロッドは振り上げられ、確実にネットイン。

 疲れた足腰は温泉が一番です。同宿のお客さん同士で「白樺の湯」にひとっ風呂。ゆっくりと浸かって疲労回復、楽しい夜になりました。

 ぜひまたお会いしたいお客さんです。
[PR]
# by yamayukikawayuki | 2009-06-15 18:28 | ≫フライフィッシング/川遊び | Trackback | Comments(0)

旬のヤマミツバ

c0198267_1922265.jpg 地元では採って食べない山菜がたくさんあります。ひとまとめにして、”雑草”と呼んでいます。もったいない! ヤマミツバは、野にも山にも川にも沢にも、まさに雑草のようにどこでも見かけます。自分たちは”日本の香草”と思って、大好きな山菜のひとつです。ヤマミツバをはじめ、オオバ、シソ、ヤマザンショウなどは、日本のハーブです。もっともっと大事にされてもいいと思うのですが。

 香り、味とも、楽しむならお浸しが一番です。朝食をご飯食にした時は、卵とじにもします。テンプラももちろん美味!

 お気に入りの食べ方は、パスタ。タラコもしくは明太子ベースのソースがベストマッチで、パスタを茹でた後に胡麻油を少々、そこに水切りした生のヤマミツバをババッと入れて、パスタの荒熱で混ぜます。そしたらお皿に盛って、お待ちかねのソースを! 贅沢なパスタの出来上がりです。

 7月中旬まで食べられます。どうぞ。
[PR]
# by yamayukikawayuki | 2009-06-10 19:09 | ≫山菜キノコ/山遊び | Trackback | Comments(7)

あっちの方に見える木の花、トチの花

c0198267_10543434.jpg

 舘岩の特産物はいくつかあります。蕎麦、赤カブの酢漬け、南郷トマトなど、有名な商品に負けない人気なのがトチの花のハチミツ、通称トチミツです。トチの花は今が咲き誇りの時期。川や沢の上の樹木を見上げると三角形の帽子があちらこちらに見えます。

 トチミツは高価な代物で、高級品の部類になります。1キロ瓶で3000円は軽く超える値段が付いて、中国産ハチミツの安さは可笑しいくらいに思えます。甘すぎない、そして飽きが来ない、山の土地の味。主婦層にはモテモテだそうです。舘岩でハチ箱を見つけたら、思い出して下さい。

 6/9(火)、10(水)の宿泊分は、週末の準備などの都合により休館になります。
 また、6/13(土)はフライショップ主催のスクールにより、貸切りとなります。
 6/11(木)、12(金)、14(日)は通常営業の予定です。

[PR]
# by yamayukikawayuki | 2009-06-08 11:05 | ・コンデジ&風景写真 | Trackback | Comments(0)

アキグミの花

c0198267_16393595.jpg

 気にも留めない背丈くらいの木に、ブローチに合いそうな細やかな花が咲く。これはアキグミの花です。会津高原はアキグミの木がたくさんあり、秋にはグミの実を採りに来る人がちらほらといます。6月の今頃に花が咲いて、少しづつ実を膨らませて、本格的な収穫は秋。時間のかかる結実です。
 下目の花にピントが合ってしまっていて、イマイチの写真ですが、小さな花が咲く様子は十分伝わります。花は白色でもなくクリーム色でもなく、例えようのない微妙な色。見過ごしがちですが、近所の身近な所に季節を感じられる会津高原。素晴らしい!
 もっと素晴らしいのは、このアキグミで作った果実酒、それも2年寝かし。最高ですね。
[PR]
# by yamayukikawayuki | 2009-06-06 16:44 | ・コンデジ&風景写真 | Trackback | Comments(0)

今が絶好期のヤマメ

c0198267_15584711.jpg スプラッシュライズは得意じゃないなあと思いつつも、グースボディのヘアウイングダン#11を投げてみる。きっとヤマメなんだろうなあと予想しながら、毛針をゆっくり目にくわえたサカナが見えた。なあんだ、毎回スプラッシュなわけではないのね!

 ヤマメは銀色がきれいで今が盛りで、春の釣りとしては、間違いなくピークを迎えています。イブニングライズも始まる時期ですが、今シーズンはイブニングにあまりのめり込むお客さんがいません。日中に適当に遊べちゃうと都会の汚れが取れるみたいで、宿に戻った顔は皆さんすっきり! あ~、なるほど、上の温泉でのんびり疲れを取っていたのね。

 ヤマフジの花が渓流を彩ります。こんな所にこんなにも花が咲いていたのかと、時に驚かされます。

 来る6/13(土)は某フライショップのFFスクール開催のため、貸切りとなります。どうかご容赦下さいませ。
[PR]
# by yamayukikawayuki | 2009-06-01 16:06 | ≫フライフィッシング/川遊び | Trackback | Comments(0)

当宿HP、もう更新無理かも!

突然ですが、やまゆきかわゆきのHPの更新が出来ません。
泣けます。
開業以来のMACの限界でしょうか。
ちょうどWIN機への変更をしている途中でしたが、これは急がないといけません。
そうは言っても、ソフトはDWCS4。
まだまだ未熟、いや、未熟未満です。
当面のあいだ、こちらのブログにて我慢して下さい。

岡本FFスクールも無事に終了したので、依頼されている原稿1件を終わらせたら、新HPの制作に本腰を入れます。
どうか、お、お、お待ちを~。
[PR]
# by yamayukikawayuki | 2009-05-26 13:47 | ・奥会津ライフ | Trackback | Comments(0)

恐怖の透明度

c0198267_21321264.jpg ある人は、「奇麗な川には魚はいない」と言う。釣り人の間では、たまに聞く言葉ですね。この種の美しさはいかがでしょうか。魚は思っている以上にいます。

 憧れの鱒沢川。いつも魅了して止まない川。今年も相変わらず、何年も何ひとつ変わっていないかのように、すぐそこに流れています。あなたは、苦手ですか?

 欲をかくと負けるのは勝負の常。まずは1尾との出会いを喜ぶ。次に2尾目との出会いに喜び、自信を持つ。そして焦っていた自分に気付き、いつもの自分を取り戻す。空を見たり、植物を見たり、写真を撮ったり、岩に腰かけたり。

 川で釣り以外の楽しみを持てたら、たとえ雨が降って来たとしても、もうすでに川遊びの自称達人です。格好良いですね。

 釣れなかった時、そうですね、そんな時もありますよ。転んじゃった時、あ~あ、ちょっとここで休んじゃおう。
[PR]
# by yamayukikawayuki | 2009-05-13 21:40 | ≫フライフィッシング/川遊び | Trackback | Comments(4)

ヤマワサビの花

c0198267_1105175.jpg

 新緑の始まりに咲く、自生のヤマワサビの白い花。当宿では食材の意味合いが強い美味なる山菜ですが、若々しい若葉と中心に咲く白い花は完成されたひとつの園芸品です。値段は付けられません。

 小型のワサビにユリワサビという種があります。花は小ぶりになり、若葉はさらに小さくなります。全体は大きめのスミレかなと思うくらい、ワサビのイメージが乏しくなります。ヤマワサビもユリワサビも立派なワサビ。こういう植物が普通に野原に咲いている風景が素晴らしい。会津の自然にびっくりさせられます。
[PR]
# by yamayukikawayuki | 2009-05-10 11:08 | ・コンデジ&風景写真 | Trackback | Comments(0)