何だか、天気が良くてね。

c0198267_1939317.jpg
 オリンピック観戦の日々、会津に晴れの日がやって来ました。3日間も続けて晴れ、今日は福島市で気温20℃を超えたそうです。ペンション村の道路はアスファルトが見えて、ノーマルタイヤでスイスイス~イ。つかの間の春の日差しです。

 犬のハルもウキウキ、日が延びて遊びたい雰囲気いっぱいです。鼻も利くようで、土が見えると色んな匂いがするんですね。おっとっと、カメラに向かって来ました。ちょうど良い、とっ捕まえて1枚撮っておきましょう。まるでカモノハシです。
[PR]
# by yamayukikawayuki | 2010-02-25 19:45 | □看板犬ハル♂の冒険 | Trackback | Comments(2)

福島の芋焼酎、ラインナップに追加です。

c0198267_20451664.jpg
 当宿には福島会津にこだわったお酒の銘柄が揃っていますが、この度焼酎に福島の芋焼酎が加わりました。まだ様子見の段階ですが、昨年だけでもずいぶんと芋焼酎のリクエストをいただいていますので、今後もラインナップに加えて行く事になりそうです。

 写真左が芋焼酎、中央が蕎麦焼酎、右が米焼酎です。米焼酎のゴールド秘酎はモンドセレクション金賞を連続受賞中の代物で、もはや焼酎の域を超えています。素晴らしいの一語に尽きますが、高根の花的な存在です。だって店頭でおよそ4千円もしますから、グラスでお出しするにもそれなりの値付けになってしまいます。地酒激戦区の会津ゆえに、米焼酎もしかりと言う事でしょうか。

 芋焼酎と蕎麦焼酎はこなれた仕入れ値ですのでどうぞご安心下さい。グラスで400円程度でお楽しみ頂けます。自分としては、ぜひ、芋、蕎麦それぞれの風味を確かめてもらいたい銘柄です。芋焼酎と泡盛に走りがちになりますが、蕎麦処会津で蕎麦焼酎は欠かせませんよ。
[PR]
# by yamayukikawayuki | 2010-02-15 20:58 | ■地酒、旬菜料理、お知らせ | Trackback | Comments(2)

千葉県銚子市からオーガニック春キャベツ

c0198267_11165767.jpg
 お客様からたいへん美味しい差し入れを頂戴いたしました。どうもありがとうございます。お爺ちゃんが作っているお孫さんのための野菜、それも旬の春キャベツです。無農薬栽培との事で、家族への愛情が感じられます。

 美味しすぎる春キャベツの甘さを活かして、歓迎されるメニューにしたいと悩んだ結果がサラダになりました。水洗いしたキャベツをレンジでチンして甘みを出し、あっさり目の青しそドレッシングでザクザクと和えています。残っていた舘岩の赤カブと女将の実家の館林のニンジンを一緒に合わせて色どりもきれいに。旬菜料理の当宿にあって、この時期最も美味しい野菜の一品です。

 箱詰めでいただいているので、あともう少し春キャベツは食べられます。自分たちはパスタにして食べちゃおうと考えていますが、これもきっと美味しいでしょう。塩ダレでささっと炒めて仕上げようか、それともトマトソース仕立てでスタンダードに行こうか、冬の楽しみは尽きませんね。
[PR]
# by yamayukikawayuki | 2010-02-11 11:35 | ■地酒、旬菜料理、お知らせ | Trackback | Comments(0)

会津高原の農道にて。

c0198267_14153536.jpg
 あそこもここも除雪車の作業中で車両が入れません。こんな場合は除雪区間の終点からザクザクとスノーシューで入って行くだけです。雪が積もれば活動エリアが広がるスノーシューの良い所ですね。

 ちょうど前方にゴルフ場のクラブハウスが見えています。ペンション村からほど近い何てことない場所でも、白い季節には十分な遊び場に変身する。雪が消えれば5月には田畑となり、さらに7月には田んぼの用水にはホタルが飛び交う。会津の雪が自然を守ってくれているようです。休む事も大切と言う事ですね。
[PR]
# by yamayukikawayuki | 2010-02-02 14:23 | ■スノーシューハイキング | Trackback | Comments(0)

週中、ある日。

c0198267_14284315.jpg
 今年の冬は快晴の日が少ないようです。一番冷え込む1月ということもあってか、文句無しの晴れの日は週に1日のペース。もっとも快晴の日の前後も晴れ間はありますから、何の問題も無いと言えば、無い!

 当宿のスノーシューコースにある木が、雪原に大きな影を落としています。陽が傾き始めようとしている午後の2時過ぎ、文句が付きようも無い快晴です。気温は徐々に上昇して、今がピークの4℃かな。ゆるやかに触れて行く風も暖かですが、もう少し経つと、急に冷え始めるでしょう。

 暦も2月間近、いよいよスノーシューにうってつけの季節になって来ました。ここ最近は吹雪はないし、日中の気温は0℃を上回って来ている。中高年に差しかかった犬も、別天地では元気に匂いを嗅ぎまわり、疲れ知らず。まあ、宿に帰ればぐったりですが。
[PR]
# by yamayukikawayuki | 2010-01-29 14:38 | ■スノーシューハイキング | Trackback | Comments(0)

やっと晴れたぞ!

c0198267_1441974.jpg
 平日に晴れ間は久しぶりです。待望のスノーシュー日和に、犬もウキウキ、落ち着きがありません。荷台に乗り込み、いつものコースに出発です。

 2年振りにやって来ました。昨シーズンは雪不足でしたので、コンディションが悪く、スノーシューに出掛ける気にさえなりませんでした。でも、今シーズンは違う。温暖化を帳消しにするくらいの積雪量がすでにあり、外周コースもゲート内もなかなか良い雪です。ステップごとに20センチは軽く埋まりますので、誰も来ていませんね。爽快感とともに、40台の夫婦には良い運動です。

 スノーシューは3月中旬まで楽しめます。3月の積雪次第では、春分の日まで遊べるかも知れません。雪原のハイキングは冬だけ。一面の雪に埋もれてみていかがでしょう。
[PR]
# by yamayukikawayuki | 2010-01-23 14:51 | ■スノーシューハイキング | Trackback | Comments(0)

真冬の蔵出し

c0198267_14252930.jpg
 うまい地酒は当宿で飲むに尽きます。蔵元はフル操業中となり、12月中旬から続々とラインナップが店頭に並んでいます。1月の新入荷のお知らせです。

 垂涎の的、飛露喜無ろ過生原酒。
 花泉酒造のうま口、ロ万シリーズ。
 宮城の地元の人気酒、日高見超辛口。

 この後は、「会津娘雪がすみの郷」も出て来ます。外は雪景色、食卓は旬の野菜料理と地酒。ニュージーワインも良いですね。
[PR]
# by yamayukikawayuki | 2010-01-20 14:33 | ■地酒、旬菜料理、お知らせ | Trackback | Comments(0)

キタアカリのポテトサラダ

c0198267_16595187.jpg
 冬の営業が本格始動です。栗味ジャガイモの別名があるキタアカリは、いつものニセコ喜茂別産、久保田農産さんでの仕入れになります。ここ数年は黄色見が少々薄いような気がしますが、味はズバリ、栗です。本州産のキタアカリとはやはり格段に違いが出ています。来年の3月いっぱいまでは、サラダ、スープ、付け合わせ等にアレンジして、お出ししています。

 まだCX-2慣れないなあ。特にマクロズーム時はブレ防止に固定する簡易三脚が必要かな。
[PR]
# by yamayukikawayuki | 2009-12-28 17:05 | ■地酒、旬菜料理、お知らせ | Trackback | Comments(0)

ハマグリ、うまうま。

c0198267_1559520.jpg
 お客さんからいただいたハマグリを、寝かしに寝かせて美味しく頂戴しました。酒蒸しにバターを投入、ザザッザザッと両手で鍋を大きく揺らしたら、ハイ出来上がり!

 おっと、残った煮汁がもったいないなあ。これはこれで明日のお昼ご飯にスープにしちゃおう。スキーボードシーズンのお肉料理の仕込みで余った牛肉の切れ端を鍋に入れる。ハマグリの出汁に牛の出汁が合体。加えてニセコのタマネギも入る。うん、良いのが出来た!

 たかつえスキー場がオープンして、スキーボードシーズンが始まりました。スキー場近くの宿屋にはお正月を感じる余裕はあまりありませんが、とりあえず全面滑走可、全リフト運行なので、ひと安心です。
[PR]
# by yamayukikawayuki | 2009-12-27 16:08 | ■奥会津ライフ | Trackback | Comments(0)

お隣の蕎麦屋さん

c0198267_22483471.jpg
 お隣とはもちろんご近所、ペンション木綿館さん。日頃より仲良くしていただいているベテラン宿です。実は木綿館さんはペンション村では唯一の蕎麦打ち体験宿。舘岩の蕎麦打ち名人に2年間習って、自分のものにした経緯があります。

 時々お呼ばれに預っちゃっています。お客さんの事、パソコンの事、病気の事、引退後の事、などなどを取りとめもなくおしゃべりして、時間は過ぎて行きます。お腹はポンポンだし、頭はほろ酔いだし、外は真っ白。のんびりしない理由はどこにもありません。明日は間違いなく除雪日和です。

 ピンボケですがお許しを~。
[PR]
# by yamayukikawayuki | 2009-12-22 22:54 | ■奥会津ライフ | Trackback | Comments(0)