アカジコウ、今年も。

c0198267_2252469.jpg 昨年初めて収穫したアカジコウが今年も顔を出しました。これはうれしいですね。

 イグチの仲間で頂戴しているキノコは、アカヤマドリ、ハナイグチ、シロヌメリイグチの3種でした。昨年このアカジコウを目にした時は、一瞬自分を疑いました。会津にも発生している事に喜びを感じ、またその上品な味に感動もしました。簡単に言うと、料亭の吸い物に合うような、そんなお味でした。

 今年の初収穫は3本から。写真の双子と一人っ子で3本です。しかもチビっ子も確認済み。発生場所がつかめれば、もう少しまとまって狙えそうです。せっかくなので、保存してみようと思っています。スープにのみ活用しますが、分かってくれるお客さんだけに召し上がっていただきたいキノコです。

 傘の部分の淡いピンク色が素晴らしいですね。傷つけると青く変色します。虫出しの最中には、器のボールの水が薄紫色になってしまい、もったいないくらいです。
[PR]
# by yamayukikawayuki | 2009-08-06 22:59 | ≫山菜キノコ/山遊び | Trackback | Comments(0)

マタタビの早採り

c0198267_21192250.jpg 9月に入ってからの収穫になるマタタビですが、なぜかそこそこ果実が大きめ。収穫しないなんて山の神に失礼です。ほくほく顔でぽつぽつともぎります。

 早採りですから実は固めです。水洗いして放置プレイ、要するに追熟させてみましょう。見事に柔らかくなれば、果実酒に。山里のうまいものと言えば、マタタビ酒とヤマブドウ酒。ヤマブドウ酒作りは法律で禁止されていますので、軽はずみな行動はお慎み下さい。マタタビ酒は高価な代物で、1Lで、3000円くらいします。マタタビ自体が少ないですし、マタタビ酒そのものの人気もあるから、納得です。

 マタタビといえば、ネコ! もちろんそのマタタビです。ネコをごろごろさせるには、乾燥させないと効果が出ません。最近はペットショップでも見かけるようになりましたね。釣鐘状の果実が実に可愛い! いいでしょ!

 8/7(金)は、仕入れ買出しのため、休館となります。ご了承下さい。
[PR]
# by yamayukikawayuki | 2009-08-04 21:22 | ≫山菜キノコ/山遊び | Trackback | Comments(0)

バッドコンディション!

c0198267_20135180.jpg 日本海側に集中豪雨ですので、会津も良く降ります。日本海に低気圧があっても、太平洋に低気圧があっても、会津は必ず影響を受けます。本州の左右の真ん中なんですね。

 濁っている川が多く、こんな日は釣り人も少ない。至極、当たり前な事です。渓流を独り占めである事は予想されますが、この日は二人占めです。濁りと水量次第、雨に濡れるのは想定内。濡れない訳がない! お客さんと一緒に釣り上がりますよ。

 ササ濁りに、水量多め。まったく問題ない状況に笑いが出ます。これ以上降らない事を願い、スタートフィッシング。ここと言うポイントからは反応無し。10:30~13:30の釣りで、二人でアタリは20ほど。15~23センチのイワナたちが相手をしてくれました。

 初めて行く釣り場は楽しいですね。薄日が差して、味方してくれました。カディスとホッパーでの川遊びです。
c0198267_20243155.jpg 谷に霧やもやが通り過ぎます。適度な大場所がカーブごとに現れて期待をさせますが、流れの筋からは沈黙が返って来ます。いつもよりも丁寧に、かつ回数多く流しても、ひたすら沈黙。不思議な反応ですが、イワナはたくさん棲息している事が確認できました。

 沢の出会いから次の沢の出会いまで、約2時間の釣り上がり。そのまま本筋を進んで、雨が強くなった来たところで、退渓のタイミングがやって来た。車まで歩いて35分。オオイタドリなんかのトンネルをくぐり、ブナの森の植物を観察。ポクポク歩いてフキを20本ほど失敬。

 思っていたほど、バッドコンディションじゃなかった。良い時間に釣りが出来て、不安定な天候の下、むしろまだグッドな状況でした。

 お疲れ様でした。また秋にでも、イワナに驚かされに行こうじゃないですか。

 収穫も兼ねて、ですが。
[PR]
# by yamayukikawayuki | 2009-07-27 20:19 | ≫フライフィッシング/川遊び | Trackback | Comments(0)

たまには檜枝岐

c0198267_13513585.jpg 奥会津の代表格、檜枝岐。所用ついでの30分の釣り。イワナ君たちは今年も元気です。昨シーズンの夏は、お客さんに非常に良型が揃った記憶があります。

 中国地方では災害がひどくお見舞い申し上げます。週末から梅雨らしい気候で日中でも23℃という涼しい数日。前回更新に「良い雨」とお伝えしましたが、ここに訂正。釣りの雨としては「最高の雨」が降りました。明日から釣りに来た方が良いですよ。強くおススメします。

 来週末には梅雨明けが予想されますが、8月初旬までは梅雨空の延長線。真夏となると安定感のある湿原の川や源流域が主に主戦場になりますが、そこはもう少し取っておいて一般渓流で遊びましょう。土日と言えども二桁釣果の多い今シーズン、高速道路1000円で釣り人が遠くまで行っているうちに、どんどん楽しんじゃいましょう!

 7/27(月)は休館です。ご了承下さい。
[PR]
# by yamayukikawayuki | 2009-07-22 13:59 | ≫フライフィッシング/川遊び | Trackback | Comments(0)

夏の虫、カミキリムシ

c0198267_18452826.jpg カミキリムシのフェチもおられるそうだ。ちょっと検索で調べてみると、日本に生息しているカミキリムシは驚くほどに種類が多い。

 実はカミキリムシ収集家にとって、喜ぶ種が奥会津にいる。ルリボシカミキリという種だが、伊南地区で見ることが出来るそうだ。伊南地区はヒメオオクワガタの産地でもあり、虫屋さんにとってはメジャー級の土地。まさに虫天国!

 写真のカミキリムシの名前は知らない。もちろんルリボシカミキリであるはずもない。いったい種は何であろうか。少々興味を持ってしまう。カミキリムシに詳しい方、ご教示よろしくお願いします。

 関東甲信越地方は梅雨明けしましたね。太平洋高気圧とは関東限定の高気圧なのかな。もう少し雨が降ってから梅雨明けしてほしいですが、いつ梅雨明けしてもびっくりしないように。

 7/22(水)は、休館となります。ご了承下さい。
[PR]
# by yamayukikawayuki | 2009-07-16 18:50 | ・奥会津ライフ | Trackback | Comments(0)

ハナビラタケ、発生!

c0198267_8555935.jpg 夏のキノコが発生しました。ベニタケ類が少し出ていたのでそろそろかなと思っていました。

 ブラブラと淡い期待を持ちながら散策、いや探索ですね。ピカーと遠目で光る物が見えます。坪に大小合わせて4つも発生していたり、単独でバレーボール大が発生していたり、やや興奮の30分でした。改めて、山菜やキノコは季節を忘れないなあと、感心。雪が少なくても多くても、雨が少なくても多くても、しっかりと姿を現してくれます。10日間程度の若干の前後はしても、種の存続には生あるものにはDNAあり。たくましい。

 さっそく夕食に登場。サクサクッと揚がった天ぷらにヤマウドの花芽も天ぷらに添えて、お客さんたちはウマウマ連発して、分殺で完食。

 シーズン中にハナビラタケを胃袋に収められるお客さんたちは多くても5、6組。雨とキノコ採り客のタイミング次第で、美味しいご馳走にありつけるか否かが決まります。それと、お客さんたち多い日は無理です。これからの平日が狙い目ですよ。

 天ぷらの他に、スープにも使います。スープの方は乾燥保存をして1年中備蓄しています。秋からの夕食メニューにはスープが登場しますので、お楽しみに。

 ハナビラタケの写真、我ながらなかなか良いじゃないですか。発生した風景も一緒にフレームに残っていて、その時の自分が思い出されます。風景、森、天気、時間帯、湿り気、感じ取れますか? これから夏のキノコが続々と発生するでしょう。ワクワクですね。
[PR]
# by yamayukikawayuki | 2009-07-14 08:58 | ≫山菜キノコ/山遊び | Trackback | Comments(0)

今日は気分転換で

c0198267_10141146.jpg 雨が降ったり止んだりの梅雨のコンディション。全国的に雨不足が心配されていますが、釣りでの水量不足も心配です。その分涼しい気候が続いているので水温はベストの状態。雨だけがもう少し欲しいところですね。

 午後の3時からお出掛けです。キノコのチェックとサカナのチェック。比重は7割キノコかな。駆け足で最初の区間は残念賞! 次の区間は1尾だけ、重い26センチほど。枝の垂れ下がる下、浮石の前、流れの肩のような一級ポイント。小さめのイワナが走り去り、大きい方はでんと構えていてくれました。

 1尾だけの釣果には原因があります。平水よりも水量が多く、水温が下がっていました。金曜は〇、土曜は午後から◎、日曜は△、週末はそんな釣りだったようです。

 7/11の土曜に1本、お客さんに尺イワナ。5月35cm、6月31cm、そして7月31cm。釣りの神が付いたかな。恵比寿様が川釣りに?
[PR]
# by yamayukikawayuki | 2009-07-13 10:18 | ≫フライフィッシング/川遊び | Trackback | Comments(0)

バイクでFF

c0198267_2227598.jpg バイクのフライマン、当宿では数名しかおりません。別に険しい林道に分け入り竿を出すというのではなく、純粋にツーリングが好きで、そしてフライフィッシングが好きで、こういう形になっているだけなんですね。

 バイクで釣りをするための工夫もいろいろ。まずは荷物を極力減らして川に立つ。バイクとともに置いて行く荷物は盗まれても文句は言えない。次にもっともがさばるウエーダー類はパッキングの重要課題。帰りにはウエーダーは当然濡れているので対策を。最後にロッド。アルミケースは滑り落ちる可能性大、そして盗難のターゲットに容易になり得る。パックロッドという手は考え付くが、普段手にしているロッドほど馴染んでいる道具はない。そこで、ロッドケースを自作で用意。耐久性&チープさを兼ね備えていて、さすがの一言。
 これからも楽しい釣りを。

 7月の3連休、まだまだお部屋の余裕があります。雨も降り、良い感じですね。自分も釣りに行きたいくらいです。
[PR]
# by yamayukikawayuki | 2009-07-10 22:38 | ・奥会津ライフ | Trackback | Comments(0)

先生、がんばる

c0198267_9234070.jpg 毎年、舘岩幼稚園の行事に、”イワナつかみ”というのがあります。その表現の良し悪しは別として、自然の中でイワナや虫などと親しむ事を目的とした野外授業です。結局はイワナの塩焼きにありつけるピクニック。園児たちよりも、先生方の一生懸命さが伝わって来ます。

 今年は秘密兵器として手袋、最終兵器として網が登場。なかなかイワナを捕まえられない子のために、用意されました。これでみんながクリアと思いきや、イワナ怖~いと泣きだす子が2人。ダメなものは駄目なんですね。巡り合わせか、菊水さんの孫と、かねまる食堂さんの孫でした。テンカラとフライ、因果応報、親父がイワナにしてきた事でイワナが祟ったようです。

 先生方の疲れは、中腰が原因でしょうか。相当にしんどい様子です。自分は15分ほど漁協の立場からお話をします。テーマは命の大切さと安全。園児は思ったよりもまとまりがあり、一体感が生まれます。園児は約30人、場所は白樺公園キャンプ場、田舎の良さでしょうか。

 梅雨らしくなって来ました。イワナもキノコも、ワクワクしますね。
[PR]
# by yamayukikawayuki | 2009-07-08 09:32 | ・奥会津ライフ | Trackback | Comments(0)

かねまる食堂の裏メニュー、ソースヒレカツ丼誕生!

c0198267_1033858.jpg 食べ歩きネタは、ずいぶんと久しぶりです。これは、要チェックの丼物、間違いなし。

 釣り人に愛されて半世紀、かねまる食堂がレベルアップ。会津と言えば、蕎麦とソースカツ丼。そのかねまる食堂のソースカツ丼に裏メニューがデビューしました。やまゆき客限定です。

 食材のカツをロース系からヒレカツに変更し、ソースもかねまる食堂オリジナル。より食べやすく、よりマイルドに、仕上がっています。たしかに揚げ物には違いありませんが、自分としては従来メニューよりはこちらのソースヒレカツ丼の方が好きですね。望むらくはもう1枚ヒレカツが欲しいところです。”ご飯が見えないくらい”というのが、釣り場近くの名物食堂には似合っているのではないかなと思いますぞ。

 問題がひとつ。大盛りにしたら、どうなるのか。楽しみは各個人の胸の内に、しまっておきましょう。何はともあれ、まずはご賞味。カツ好きと自称されるあなた、ここは積極的にライズされる事を約束して下さい!
[PR]
# by yamayukikawayuki | 2009-07-07 10:38 | ・食べ歩き&泊まり歩き | Trackback | Comments(2)