栗味カボチャに思う。

 2001年冬の開業以来、当宿メニューの定番は「ヤマメの唐揚げ」、不動のド定番となっています。次いで定番化になったのは地元食材になるお豆腐で、ヤマメとお豆腐は通年メニューとなりました。旬菜を多く取り入れる形でその他のメニューは成り立っていますが、これから迎える冬期の半分以上をカバーしているのが、北海道産の栗味のカボチャとジャガイモです。開業前から喜茂別町の久保田農園にはお世話になっており、今でも変わらずにニセコの野菜を分けてもらっています。ホントに美味しい貯蔵野菜です。
 とりわけお客様から多くの支持を得ているのが栗味カボチャ、品種は今では一般的になった「雪化粧」の塩ゆで鶏そぼろあんかけ。女性や子供からはその圧倒的な美味しい喜びの声は毎冬の事ですが、近年のスイーツ男子からも人気になっています。しかし、地球温暖化の影響かどうかは分かりませんが、ニセコの雪化粧の味と出来上がりが変わって来ていました。そして昨年からは喜茂別の農協が雪化粧の取扱いを止めてしまい、そうなると久保田さんちでも作柄にはなりません。代わって作られたのが「うらら」という品種で緑色の皮のカボチャです。白皮カボチャは栗味ですが、どうせ白皮だって日を通せば緑に出来上がりますから、お客様は緑の皮のカボチャの状態で口に運んでいます。”まあ、影響ないか”、と思うわけですが、そう簡単にはいかないのが食材の難しさ。やはり、貯蔵の日持ちと出来上がりの味と色と食感に納得がいかない。困りましたね。
 2017年の研修はさておき、重要な仕入れという仕事に関してはカボチャ問題が忘れられません。そして試しに購入してきたのが、「雪化粧」と同じ白皮栗味カボチャの本別町産「夢味」、同じく本別町産「雪化粧」、貯蔵に優れているという緑皮栗味カボチャの士幌町産「蔵の匠」、昨年からの緑皮栗味カボチャ喜茂別町産「うらら」の4種です。品種改良の現状の方向性としては、「作りやすく、収量多い」が優先で、1個2kg前後の大きさに収まって来ていますね。研修から戻って、さっそく試食です。
 結果は驚きの連続で、「夢味」「蔵の匠」ともに秀逸でした。出来上がりの味、色、食感の3点において何の問題点もなく、近年の「雪化粧」のそれを上回っていました。これにて当宿のカボチャ問題は解決の見通しとなりましたが、残る懸念は食材としての日持ちの点です。これは季節が進んでいかないとなんとも判断できませんが、品種として日持ちを強くアピールしているのが「蔵の匠」なので、期待はしてしまいます。”冬至カボチャ””越冬カボチャ”の類は増えましたが、やはり雪国の気候で貯蔵し旨味が増し、カロテンが乗り、食べて美味しい。そんなうまいこと行くか? いや、行くかも!
 写真は「夢味」の塩ゆで直後の状態、カボチャはびっくりするくらい安いので送料の方が高くつく。品種は4つ出しておきましたので、カボチャ党の方は調べてみてください。種苗屋さんのネーミングも、たいへん。4つのどのブランドでも、その名前からカボチャとは安易には連想できない。知ってもらって、そして食べてもらったら、覚えるでしょ、という事でしょうか。自分たちは覚えちゃいましたから、はまったわけですな。
c0198267_10021449.jpg
c0198267_10045344.jpg
やまゆきかわゆきは、奥会津を楽しむための宿です。
フライフィッシングで自然渓流デビューなら、首都圏からほど近いみちのく会津がベストです。
パウダースノーのたかつえスキー場なら、車で1分の至近距離。
天気予報を確認してからの直前予約も大丈夫です。
お一人様のフライフィッシングのご宿泊は、特に歓迎です。
お気軽にお問合せ、ご予約下さい。
やまゆきかわゆきHPは、http://www.maroon.dti.ne.jp/yamayuki/
やまゆきかわゆきFBは、https://www.facebook.com/Yamayukikawayuki


[PR]
# by yamayukikawayuki | 2017-11-11 10:19 | ■地酒、旬菜料理、お知らせ | Trackback | Comments(0)

北海道釣行記2017-2/2、博物館とか。

 10/3(火)に出発して10/25(水)に帰着した23日間の研修ですが、移動日を除くと21日間の3週間になります。前述の通り、異常低温の日々ではありましたが、観光・充電・疲労回復にあてざるをえないほどの悪天候にはあわず、振り返ると恵まれていました。低温でも昼間との気温差が生まれ釣りには好条件となったり、数年続く大雨の影響で渓相が変わり釣り人減少はいいのか悪いのか、北十勝をベースにしているため天候をみて東西南北へ川を求められるので、ゆるゆると研修の日々を楽しみました。とりわけ日当たりの川と南の川を開拓できた事は大きな助けになり、10月中旬からの釣り場が広がりました。低温は朝方マイナス5℃まで下がりましたが、帰って来た今となっては思い出のひとつ。そんな年もありますよ。
 新しく投入したツールはおトイレの100均便座シート。これがないとこれからはもうダメというくらい、滞在中にもっともお世話になりました。マイナス5℃の朝6時にキャンプ場のおトイレにあなたは座れるか!? 夫婦で1組づつマイ便座シートを保有した事で、快適に過ごせた事は大きな安心でした。そのお値段、2個だからセリアで216円。どこの100円ショップにも並んでいますが、これはお勧めします。いつ車からダッシュでお手洗い直行になっても忘れないように、車のバイザー等にそっと忍ばせておきましょう。
c0198267_09375352.jpg
 小雨に日には足寄動物化石博物館(ファクトリーあしょろ)へ。キャンプ場からは歩いても行けちゃう距離ですが、入館するのは初めて。@400×2人=800円は巡ってみるとお安く、数人の学芸員が常駐し、館内で体験学習やツアーガイドを行っていた。平日で雨なら人もいないと思っていたら、駐車場に車が見当たらないだけで、生徒たちの学習中でした。その後には道内自治体のシニア団体が入って来て、まったくもって自由なおばちゃんパワー全開で館内を制圧。もともと足寄や忠類は化石で有名ですから、地域の財産の活用法とでもいったところでしょうか。しかしながら博物館の内容はコンパクトながらも秀逸。動物好きで恐竜好きな女将さんも想像以上だったと満足気でした。エントランス近くに配置されているアショロアの石像はおっさん顔でややコミカルですが、学芸員が話す泳ぐ姿を想定した骨格の展示は上出来です。
c0198267_09380226.jpg
c0198267_09381121.jpg
c0198267_09381977.jpg
 雨降りの日のお昼ご飯は本別町の「浮舟」。昨年はお初だったので看板メニューのとんてきにしましたが、今年は人気を二分しているにんにく焼きで満腹コース。厚さ5cm以上の豚ロース肉を15分かけて火を通し、にんにくソースをかける。さながらダム決壊と刺し入れたナイフ入刀で出てくる肉汁と合体。これでマイルドにんにく味に変化し、うまいの一言。次回があれば、また食べたい一品です。ポークカツも気になるが。2回食べに行くしかないか!?
c0198267_09383731.jpg
c0198267_09382969.jpg
 意外と知られていない道内のナガイモ生産。ほぼ全道で見かける事が出来るが、これほどまでにも広大にナガイモ畑を展開しているのは初めて見た。巨大迷路並みにナガイモカーテンがあり、圧巻です。丘をひとつ越えて釣り歩いた帰り道に発見。車で走るのと実際に歩くのでは視線や視野が違っていて、その認識している時間も長くなるので、自然といろんなものが目に入ってくる。10月上旬に一気に始まった里の紅葉も標高の低い場所まで色づいて、日が経つにつれて移ろいを感じさせてくれる。日本に住んでいる事の贅沢さは、歩きや自転車のバックパッカーが教えてくれる。
c0198267_09384652.jpg
 台風21号の接近とともに帰り支度となった。帯広市内へと移動して、研修の打ち上げ。今回1軒だけ食べに行った豚丼は女将さん最高ランクの「いっぴん」。なぜだろうか、特盛が2つ。お肉のカット小さめにしてもらって、さらさらっと完食。隣のテーブルのギャル4人組が見て見ぬふり。こちらは近所に住んでいる中年夫婦みたいな格好ですからね。お店には年1のリピーターですが、余裕があります。
c0198267_09390084.jpg
c0198267_09385275.jpg
 打ち上げはどこに行こうかなといろいろチェックして、定番の平和園と悩んだ結果、塚田農場から看板を変えた「やきとりスタンダード」。チェーン店ではあってもサガリ串なんかもあり、地元食材を生かしている部分もある。そしておそらく十勝地方で最安値の焼き鳥屋さん。日曜なのに地元の若者がやって来て、一人勝ちの様相もある。日曜は北の屋台も半分以上はお休みだから、お店の選択肢が少ないのでしょう。北の屋台は今ではまったく安くはないしね。鶏皮、ハツ、つくねを2回戦して、女将さんもスクリュードライバーかと間違いそうなマンゴージュースへ。いつもお付き合いいただきありがとうございます。
c0198267_09390709.jpg

c0198267_09391549.jpg

 雪が上がっても道東道はチェーン規制。雪降った翌朝に氷点下になってしまって、どうも規制は昼過ぎまで解除しそうもない。したがって、のんびり無料高速から一般道で海を見ながら帰る事にした。三石昆布温泉でお風呂休憩は過去にもあり、自分たちは良いお湯は忘れないので今回もお世話に。海を見ながらの温泉は久しぶりだったねなんて話していると、久しぶりとはここで前回以来だった事に気づく。さすが中年夫婦、シニア一歩手前。
c0198267_09392218.jpg
 博物館のバッグにあやうく手を出すところだったが気持ちを納め、焼き鳥屋のメガサワーをおかわりしそうになったがネギ大盛やっこでごまかし、釣りだけではなく余興でも楽しんだ研修は終わり。ハード系ベーカリー「麦音」のお隣にあるビート博物館では少しビート糖のお勉強。越冬栗カボチャの新しい品種を購入し、今後の冬の営業に備えて仕入れ調整も万端。何よりも事故なく、怪我なく、病気なく、寒い寒いと言いながらも元気で過ごせた事が良かった。出来たばかりの足寄の総合運動場の足湯は素晴らしく、寒い朝と夕には何度もお世話になった。奥会津に変えれば紅葉ど真ん中。皆さんとは11月末のオフ会でお会いしたいと思います。

[PR]
# by yamayukikawayuki | 2017-11-04 11:18 | □【北海道釣行記】 | Trackback | Comments(0)

北海道釣行記2017-1/2、スロースタート。

 会津の渓流釣りシーズンは9/30終了ですが、当日が土曜になったため最終日にもかかわらずお客様が来てくれました。したがって10/1チェックアウトをもって、渓流シーズンの宿泊営業は無事に幕引き。やまゆき家は約5ヵ月の間、人も犬も、病気、怪我なく、お仕事をさせて頂きました。ご利用いただいた皆さま、誠にありがとうございます。”ございました”としない理由は、過去の時間は今の時間、そして未来の時間へと繋がっているので、大切にしていきたいからです。今後ともよろしくお願いいたします。また来シーズンに、、、。
 仕事の期間中は、仕事が終了するまで仕事に集中です。3日の八戸~苫小牧便フェリーを予約したのは9/30の事。ネットビジネスに悩まされる宿泊業ですが、利用する側としてはとっても便利ですね。お天気を見極めてから予約ができるなんて、いつも助かっています。翌4日に渡道上陸して、研修は5日から。滞在中は終始低温続きの日々でしたが、ひどい雨はほぼなく、終盤に台風21号が雪を降らしてくらいでした。その頃には月末の所用のため帰り支度して帯広滞在でしたので、交通機関にもおおかた問題無し。念のために襟裳回りでのんびりと苫小牧へ向かい、途中の三石温泉でふやけて、定刻通りにフェリー乗船。帯広~広尾の無料高速と日高道の無料高速を活用して、かつての所要時間は半分になりましたね。
 約20日間の研修期間内で歩いた川は8本。下見の末に歩かなかった川が1本。新しい川は1本で、区間で数えると、新しい区間が8区間。おお、これは凄いね。新しい川は全部が新しい区間になっちゃうからね。という事で、今年の研修は文字通りの釣り歩きの研修となりましたので、釣り歩きの話からスタートです。ダイジェストですが、40オーバーのニジマスが二人で6尾も釣れて、過去最高の釣果になりました。表題通りのスロースタートの釣り始め時間設定、釣れる匹数よりもサイズを狙った川選びが功を奏したようです。長く歩いた場合は1区間2km強という時もあり、女将さんの頑張りが光ります。

【オホーツクの川で、女将さんに40cm】
c0198267_20493889.jpg
c0198267_20502582.jpg
c0198267_20501718.jpg
【いつもの川で、46cm、43cm、42cm】
c0198267_20503491.jpg
c0198267_20594278.jpg
c0198267_20593523.jpg
【新しい川で、40cm】
c0198267_20504258.jpg

c0198267_20505278.jpg

c0198267_20510958.jpg
【新しい区間で、女将さんに衝撃の49cm】
c0198267_21324195.jpg
c0198267_21332911.jpg
c0198267_21335187.jpg

 写真はほとんどがRX100ですが、夫婦でスマートフォン仕様になったので、シャープSHV38の2000万画素カメラ機能も活用しました。女将さんとニジマスの2枚がSHVによる写真です。スマートフォンの機種選択の決め手でした。

[PR]
# by yamayukikawayuki | 2017-10-31 21:39 | □【北海道釣行記】 | Trackback | Comments(0)

渓流シーズン、ご宿泊御礼。

 2017年の渓流シーズンが幕を閉じました。皆さま、やまゆきかわゆきをご利用いただき誠にありがとうございました。毎年たくさんのフライフィッシングのお客様にお会いしていますが、今年は新しいお客様が多く、非常に刺激的なシーズンでした。また一方では、長くお付き合いさせて頂いていたお客様がお亡くなりになるなど、15年という営業年数からして避けられないさみしさと哀しさは、やはり慣れられるものではありません。しかしながら、フライフィッシングを通してお客様の人生に少しだけ同じ時間を過ごし寄り添えた事は、私たち自分自身のこれからの歩み方にたくさんのヒントを与えてくれています。人を知る事は何よりの財産。大切にしていきたいと思います。
 最後にたくましいイワナに出会いました。キノコで秋をより感じますが、イワナも小さな体で秋を感じているようです。命の春秋はそれぞれですが、こうして川を歩ける幸せに感謝したいですね。もともと自分は釣りばかりをして遊ぶタイプのフライフィッシング愛好者ではないので、こんな季節を感じながらの暮らしはいろいろとたいへんな事もありますが、まさに願っていたものです。また、感謝です。
c0198267_11534000.jpg
c0198267_11534693.jpg
c0198267_11535580.jpg
c0198267_11540165.jpg
c0198267_11540947.jpg
やまゆきかわゆきは、奥会津を楽しむための宿です。
フライフィッシングで自然渓流デビューなら、首都圏からほど近いみちのく会津がベストです。
パウダースノーのたかつえスキー場なら、車で1分の至近距離。
天気予報を確認してからの直前予約も大丈夫です。
お一人様のフライフィッシングのご宿泊は、特に歓迎です。
お気軽にお問合せ、ご予約下さい。
やまゆきかわゆきHPは、http://www.maroon.dti.ne.jp/yamayuki/
やまゆきかわゆきFBは、https://www.facebook.com/Yamayukikawayuki

[PR]
# by yamayukikawayuki | 2017-10-03 11:54 | ■FLYFISHING/川遊び | Trackback | Comments(0)

神様(尺上様)、月報8~9月。

 渓流シーズンが終わりました。今では天候不順は毎年の事ですが、今年は8月中旬のお盆頃からは我慢していた水量が釣りの限界を超えてしまい、9月上旬までの約2週間はなかなか難しい釣りを強いられました。それでも増水で釣り人が減った川ですから土日でも釣りはしやすく、ある程度の川選び出来ればあとはポイントの絞り方だけで良い釣りは出来ていたようです。しかしながら当宿でもお客様は少なくなり、9月最初の土日までは夏休みと思えない省力化された宿屋稼業、思いがけない充電期間となりました。
 8月と9月の尺上報告は比例して少なく、特に上述したように9月1週目までは実績が少なくなっています。よって、尺上様月報は2カ月分合算にさせてもらいます。嬉しい事は、最後の9/30(土)に31cmイワナが顔を出してくれたことです。見事な今シーズンの締めくくり。良いですね。イワナ16とヤマメ1。ヤマメが光りますね。

8/5、沢で1尾
9/1(金)、沢でイワナ5尾
9/2(土)、川でイワナ2尾
9/11(月)、沢でイワナ1尾
9/12(火)、川でイワナ1尾
9/12(火)、川でヤマメ33
9/19(火)、沢でイワナ1尾
9/22(金)、沢でイワナ2尾
9/22(金)、川でイワナ1尾
9/30(土)、沢でイワナ31

 なんだかんだでも釣れる人には釣れちゃう現実。不公平とも言える結果もありますが、川選び、ポイントの絞り方、毛鉤の流し方、そしてすべてのタイミング、これだけだと思います。釣りたい釣りたいと大物を追いかける人ほど、ご利益は少ないように思えます。平常心と普段着の釣りとでも言いましょうか、釣れちゃう時はあっさり釣れちゃう。そんなものですよ。来シーズンにまた夢を見ようではありませんか。
 写真は9/30(土)ラストの尺上様、お客様からの画像です。
c0198267_18320053.jpg
やまゆきかわゆきは、奥会津を楽しむための宿です。
フライフィッシングで自然渓流デビューなら、首都圏からほど近いみちのく会津がベストです。
パウダースノーのたかつえスキー場なら、車で1分の至近距離。
天気予報を確認してからの直前予約も大丈夫です。
お一人様のフライフィッシングのご宿泊は、特に歓迎です。
お気軽にお問合せ、ご予約下さい。
やまゆきかわゆきHPは、http://www.maroon.dti.ne.jp/yamayuki/
やまゆきかわゆきFBは、https://www.facebook.com/Yamayukikawayuki


[PR]
# by yamayukikawayuki | 2017-10-02 18:33 | ■FLYFISHING/川遊び | Trackback | Comments(0)

最後の釣りまで現地調査。

 今年の9月があまりにも天気が良く、あまりにも気温が高く、あまりにもこの上ないほどの嬉しい水量。それなら、行けるときにこそ行っておこうと、禁漁カウントダウンに入っても釣り場の調査です。8年ぶりくらいになろうか。これから徹底的に調べ上げるぞと言う時に、諸々の事情で中途半端になってしまい、加えて大震災、豪雨災害と、バッドタイミングは避けようがなく、今日にいたる。川はたくさんあるので困らないが、心残りのままじゃあ気持ちが良くないので、この際調査です。何度か行って、ほぼ全区間を歩き、これにて調査終了。来シーズン再訪という事で、あとは6月と夏の調査サンプルを集めるだけ。ちゃっちゃと早く終わりそうだ。
 思いのほかイワナはたくましく、源流イワナも釣れた。頭部が大きくて、胴長、尾びれ巨大、この3つが揃っていて文句なし。ただ痩せている事だけが残念でならないが、度重なる川への被害と数年にわたる河川工事の影響で、エサ量が決定的に少ないのがわかる。川に棲む生命達には、あと2年くらいは頑張ってもらうしかない。人間なんかよりもイワナの方が強いから心配はいらないが、そんな川でも釣り人がやって来ているから残酷だ。自分も釣り人だが。
 残り数日の今年の渓流シーズン。ラストの週末も天気が良さそうだ。30日は土曜日だし、川は混んでしまうのは必至。ここは覚悟の上で、ね。
c0198267_21293777.jpg
c0198267_21294487.jpg
やまゆきかわゆきは、奥会津を楽しむための宿です。
フライフィッシングで自然渓流デビューなら、首都圏からほど近いみちのく会津がベストです。
パウダースノーのたかつえスキー場なら、車で1分の至近距離。
天気予報を確認してからの直前予約も大丈夫です。
お一人様のフライフィッシングのご宿泊は、特に歓迎です。
お気軽にお問合せ、ご予約下さい。
やまゆきかわゆきHPは、http://www.maroon.dti.ne.jp/yamayuki/
やまゆきかわゆきFBは、https://www.facebook.com/Yamayukikawayuki

[PR]
# by yamayukikawayuki | 2017-09-28 21:30 | ■FLYFISHING/川遊び | Trackback | Comments(0)

住人だからのその先に行ける特権。

 宿のお客様は1泊か2泊で釣りの方がほとんどですが、泊りで釣りだと気持ち的にも体力的にも時間的にも充実感が味わえますね。釣り場についても同じで、さらに1歩先の渓流に行ける事になります。1歩とはその人の頑張り次第ですが、多くは50kmほど遠くの渓流に足を運べるわけです。だが、しか~し、奥会津に住んでいる自分はもっと先に行けます。当たり前ですが、地元民ですから1歩先だろうが、そこはほぼ地元なんです。2歩先くらいまでは地元ですね。
 釣りは9割方が釣り場の調査になりますが、時々サカナの写真を撮り忘れる事があります。いかんですね、これは。2週間ほど前にお客様とご一緒した際も、気付かなければサカナの写真がないところでした。でも気付いちゃったので、ちゃっちゃっと50m先に行って、うってつけのバブル巻きにて太いイワナを釣り、何もなかったように写真を撮って来ました。いや~、危なかった。この間お客様はFBに動画をアップしたようにひたすら遊んでいてくれましたから、撮り忘れにならず良かったです。この時の釣り場は2歩先になりますが、お客様はお泊りだったから余裕でした。午後4時に車止めに戻って、道の駅にてお別れ。来シーズンの再会を約束し、良い1日となりました。
 日帰り釣行が多くなっている昨今、落ち着いた釣りをと思うのであれば、やはり泊りに勝るものはありません。布団で眠れる睡眠、地元の美味い物を食べられる食事、大好きな趣味であるFFの話ができるひと時、こんな贅沢な釣りはなかなか出来ません。なかなか出来ませんが、実はそうしていないだけなんです。予約のメール、電話、FB等のメッセンジャーで、行動を起こすだけの事。今シーズンは今日を含めて7日間。まだまだお部屋に余裕がありますので、最後の釣りは奥会津でいかがでしょうか。
 1cm足りなかったイワナ君、来年にはまた会えるかな。
c0198267_15235675.jpg
c0198267_15242241.jpg
やまゆきかわゆきは、奥会津を楽しむための宿です。
フライフィッシングで自然渓流デビューなら、首都圏からほど近いみちのく会津がベストです。
パウダースノーのたかつえスキー場なら、車で1分の至近距離。
天気予報を確認してからの直前予約も大丈夫です。
お一人様のフライフィッシングのご宿泊は、特に歓迎です。
お気軽にお問合せ、ご予約下さい。
やまゆきかわゆきHPは、http://www.maroon.dti.ne.jp/yamayuki/
やまゆきかわゆきFBは、https://www.facebook.com/Yamayukikawayuki

[PR]
# by yamayukikawayuki | 2017-09-24 15:26 | ■FLYFISHING/川遊び | Trackback | Comments(0)

終わらない追加の1日。

 最後の釣りと思っていたら、もう1日宿が非番になってしまった。したがって、疲労回復に充てるとともに、川歩きでリフレッシュ。9月の中旬になっているが、ここにきて釣り場の開拓で、遡行ルート確立のために山中へもぞもぞとかき分け歩く。以前は車が通れるほどの道があったが、その道は崩落して今では踏み跡程度しか見つける事が出来なくなってしまった。しかしながら釣り人とは想像以上にタフな人種なもので、果てる事のない釣り欲と好奇心と妄想から、日本のみならず世界にいたるまで未踏の部分は少ないのではないだろうか。
 9月から5組8人が入渓して尺上イワナ2本。川は荒れてしまっているが、その分釣り人は少ない。おまけにアクセスは工事や崩落など自然の都合により悪い。釣り人ルートは必ずあるので、原住民の自分としては来シーズンへ向けた情報整理が最大の目的。釣りには安全確保が唯一最大の守るべき事項。奥の沢の分岐の手前でご老人が降りてきた。沢釣りの雰囲気のある身なりも整った紳士だったが、もちろん釣り券なんかは持っていない。自分は漁協監視員ではあるが観察拝見などと言う事は問わず、ひとまず話を聞くことにした。「昨日あたり誰か入っているな」と鋭い勘働き。「尺ものが釣れたよ」と釣果に不満げな様子。「仕方ないからオリミキ採って帰る」とフライフィッシャーにはない自然を楽しむ余裕。「1キロ先位に滝があるからその上へ行けば釣れるかも」と自分の行程と的確なアドバイス。「健康のために釣りしてんだ」と安全第一の自覚あり。フライフィッシャーと話すと釣り場情報の欲ばっかりで、こんなに朗らかな会話はできないね。
 ご老人の話を通訳すると、「良い川だから好きで機会を見つけては来るけれども今日はアタリが少なかったな。いつもなら9月でも3尾くらいは大物が釣れるんだがうまくいかなかったよ。もう秋だな、ナラタケが出ていたからお土産にして帰るとするか。頑張れって滝を高巻きするば、きっと良い釣りができるよ。まだ時間もあるし天気は大丈夫そうだから、行ってみな。でもあんまり無理しないようにね。気を付けてな。」となる。ご老人の足先には軽いゴム足袋のような履物。足が滑らないように道具選びもきちんとしている。予約の電話口で聞いてくる「ウエットウエーディングじゃだめですか?」、なんとまあフライフィッシャーは軽く考えているんだろう。転んだり、滑ったり、アブやブユやハチがいたり、思わぬ場所で枝が飛び出ていたり、こんな時はウエーダーが一番頼りになると言うのに。
 ほぼルートは確認できたので、無事に帰路に着く。滝は3分の2まで巻いて上がったが、今回は止めておいた。ご老人の顔が思い出される。来シーズンの楽しみにそっととっておこうじゃないか。それも良いね、と自分に言う。
c0198267_07333843.jpg
c0198267_07334570.jpg
c0198267_07335578.jpg
c0198267_07340328.jpg
c0198267_07341107.jpg
やまゆきかわゆきは、奥会津を楽しむための宿です。
フライフィッシングで自然渓流デビューなら、首都圏からほど近いみちのく会津がベストです。
パウダースノーのたかつえスキー場なら、車で1分の至近距離。
天気予報を確認してからの直前予約も大丈夫です。
お一人様のフライフィッシングのご宿泊は、特に歓迎です。
お気軽にお問合せ、ご予約下さい。
やまゆきかわゆきHPは、http://www.maroon.dti.ne.jp/yamayuki/
やまゆきかわゆきFBは、https://www.facebook.com/Yamayukikawayuki

[PR]
# by yamayukikawayuki | 2017-09-22 07:35 | ■FLYFISHING/川遊び | Trackback | Comments(0)

ナラタケとイワナ。

 ドライフライスクールが終わって、はや9月中旬。いや、20日を過ぎてしまいました。禁漁まで残り10日間です。宿屋の仕事はスクールから18日泊まで続き、予約が途切れて自動的にお休みとなりました。台風18号でやや水量が増えた川はありますが、8月お盆からの増水傾向がようやく落ち着いてきて、例年の普通よりもやや多い水量となり、望むところのベストの状況です。その証拠にバラシが少なく、サカナも高活性と見た。GOODです。
 倒木や立ち枯れにはナラタケが発生して来ました。癖のないプレーンな優良キノコで、秋のキノコ採りには初級者向きの定番食菌。嬉しいですね。自分の川歩きは今日が最後になるかも知れませんが、そんな気持ちに応えてくれたパワフルイワナは1時間で5尾。そしてバラシ無しです。10年振りくらいに調査に入った区間は、2度の豪雨災害を経て今日に至り、魚影は少なくなってしまってもネイティブオンリーの川になってしまった。自然の回復力は素晴らしいですね。これが普通の状態なんですから、釣れる釣れないで一喜一憂する釣り人がおかしい。イワナ君に笑われますね。
c0198267_21314771.jpg
c0198267_21315478.jpg
c0198267_21320224.jpg
やまゆきかわゆきは、奥会津を楽しむための宿です。
フライフィッシングで自然渓流デビューなら、首都圏からほど近いみちのく会津がベストです。
パウダースノーのたかつえスキー場なら、車で1分の至近距離。
天気予報を確認してからの直前予約も大丈夫です。
お一人様のフライフィッシングのご宿泊は、特に歓迎です。
お気軽にお問合せ、ご予約下さい。
やまゆきかわゆきHPは、http://www.maroon.dti.ne.jp/yamayuki/
やまゆきかわゆきFBは、https://www.facebook.com/Yamayukikawayuki

[PR]
# by yamayukikawayuki | 2017-09-20 21:33 | ■山菜キノコ/山遊び | Trackback | Comments(0)

■随時更新、営業及び休館の予定。

やまゆきかわゆきは頑張って営業中です。
この先の休館予定は次の通り、また日々変更及び更新していきます。
どうぞご了承下さい。
【休館及び営業予定】
・9/29(金)泊分、ビールと地酒1300円で飲み放題!
・9/30(土)泊分、最終営業日のため地酒飲み放題!

[PR]
# by yamayukikawayuki | 2017-09-20 18:01 | ■地酒、旬菜料理、お知らせ | Trackback | Comments(0)