<   2017年 12月 ( 4 )   > この月の画像一覧

たかつえスキー場、フルオープン!

 たかつえスキー場は12/23(土祝)からリフト全開、スペーシアも営業開始となりました。山頂の第6シングルリフトのみ状況見ての運行になっています。コースは7割方整備出来ているそうです。年末前にここまで稼働できたのは何年振りでしょうかね。他の3スキー場はこの日がオープンでしたので、1週間はたかつえスキー場がお客様を独占していた形になります。
 当宿やまゆきかわゆきもクリスマス過ぎから営業開始です。しかし寒波到来のニュースあり、年末29日頃からの営業になりそうです。以前は寒波が来てもお客様は滑りに来たんですが、時代の変化、天気悪いと滑りに来ません。こういう事案に営業形態を合わせて行かないと、ただ疲れて気苦労だけで商売になりません。来年1月の3連休がお正月に近いため子供たちは冬休みが長いそうです。どうりで6日7日の予約問い合わせが来るはずだ!
 看板犬ヨーヨーは再び負傷中で、自分でぺろぺろ治療に頑張っています。遊びたい気持ちを抑えて、少しでも出血したらぺろぺろ。もう治療開始して5日目になります。だいぶ良くなって来ました。クリスマスでもぺろぺろ。傷が乾いてきたので、もう少しです。お客様が来られる年末までには良くなっておこう。見た目には怪我しているようには見えないんだけどね。
c0198267_09404493.jpg
やまゆきかわゆきは、奥会津を楽しむための宿です。
フライフィッシングで自然渓流デビューなら、首都圏からほど近いみちのく会津がベストです。
パウダースノーのたかつえスキー場なら、車で1分の至近距離。
天気予報を確認してからの直前予約も大丈夫です。
お一人様のフライフィッシングのご宿泊は、特に歓迎です。
お気軽にお問合せ、ご予約下さい。
やまゆきかわゆきHPは、http://www.maroon.dti.ne.jp/yamayuki/
やまゆきかわゆきFBは、https://www.facebook.com/Yamayukikawayuki

[PR]
by yamayukikawayuki | 2017-12-25 09:41 | ■奥会津ライフ | Trackback | Comments(0)

那須塩原の白河ラーメン系「ふくべ」。

 定番ラーメン屋さんが1軒なくなっただけで、こんなにもさみしいものなのか。それほどに軍鶏ラーメン「美幸」は良いお店だった。時の流れというもので、仕方なし。開拓2軒目は新幹線の駅の近く、国道4号から50m弱小道を入るとある「ふくべ」。おばちゃん2人で切り盛りするアットホームな手打ち麺のラーメン店です。定番はしょう油味ですが、数量限定で塩もあります。ほとんどのお客さんはしょう油ラーメンかチャーシューメンを頼んでいます。今では珍しく個人店なのに食いしん坊には半ライスが無料、お客さん全員に浅漬け無料、気持ちが暖かいですね。チャーシューメン大盛りを頼むと、”普通盛りと半ライスにしな”と誘導されます。まあ、それも良し。
 うちの女将さんはしょう油ラーメン650円でしたが、スープの熱さを警戒しながら少し麺を頂いた時点ですぐに合格点を献上。味に完敗に近いようです。自分は塩ラーメン700円+半ライスですが、嬉しい白髪ネギ山盛り。実はネギは別に小ボールに用意してあってトッピング自由です。栃木県北はネギの産地。「白美人ネギ」がそれですが、ここのネギはどうかは聞いていません。ネギならなんでもウエルカムなので、嬉し美味しは変わりません。
 そこそこ長く営業してきているお店ですが、国道4号沿いに「手打ちラーメン」とだけ看板が出ています。その看板を見続けて15年が経ち、初めての入店を果たしました。ハズレじゃないラーメンで良かった。いやいやアタリはおばちゃん2人。何とお客さん達に話しかけてくる気さくさ。脱帽です。
c0198267_09565462.jpg
c0198267_09564710.jpg
やまゆきかわゆきは、奥会津を楽しむための宿です。
フライフィッシングで自然渓流デビューなら、首都圏からほど近いみちのく会津がベストです。
パウダースノーのたかつえスキー場なら、車で1分の至近距離。
天気予報を確認してからの直前予約も大丈夫です。
お一人様のフライフィッシングのご宿泊は、特に歓迎です。
お気軽にお問合せ、ご予約下さい。
やまゆきかわゆきHPは、http://www.maroon.dti.ne.jp/yamayuki/
やまゆきかわゆきFBは、https://www.facebook.com/Yamayukikawayuki

[PR]
by yamayukikawayuki | 2017-12-20 09:57 | ■食べ歩き&泊まり歩き | Trackback | Comments(0)

鶏ガラスープを探して、「赤大屋」にたどり着く。

 茨城筑西市にお墓参り。その途中で優しい節系かガラ系のラーメン屋はないものか。人気店はいくつかあるものの、栃木県内は止まらないラーメンブーム。写真を見ると”うわっ”て声が出ちゃいそうになる盛り盛りタイプや、”太すぎるだろ”と指摘したくなるつけ麺屋さんが、その人気の主流になっている。「ラーメンみうら」は非常に美味しかったが、できれば鶏ガラで一杯いただいきたい。鶏ガラに飢えてきたところ。それもそのはず、行きつけの黒磯のしゃもラーメン「美幸」が悲しいかな10月いっぱいで閉店。しゃもの仕入れが限界に来たそうだ。
 宇都宮に近づくほどラーメン屋さんは増えてくるが、チェーン店も入り混じりながら雑多な様相。その中で高根沢町の「いろ葉」「赤大屋」あたりがちょうどいい場所で、ちょうどいい写真だった。たまたま河川敷の公園で犬を遊ぼせるには良いし、お店は公園からは10分くらいの距離にある。「いろ葉」が定休日にあたっているので自動的に鶏ガラ系の「赤大屋」に行く。
 女将さんいわく、昼限定の磯ラーメンをたいらげて90点の採点。自分は塩ラーメン大盛りで納得。細麺に少し食べ慣れないが、スープまで完食の25分間でした。中高年にスープは危険ですが、赤大屋なら問題無し。今年開店のお店ですが、店主のラーメンづくりはしっかりと修行してきたらしく、安心できるものです。ここならお客様にも紹介して損なし、失礼無し。ほぼ並ばずに食べられるうまいラーメン屋さんです。

 ご存知の方もいおられますが、夫婦でスマートフォン化となったので、インスタグラムを始めました。yamayuki.tatsugiが使用しているネームです。よろしくお願いします。https://www.instagram.com/yamayuki.tatsugi/
 同じく女将さんも始めていますが、それなりに刺激があってよろしいようです。相互フォローのあとのフォロー切りというのは、最初は頭に来ますが、そんな輩とは無理に付き合う必要はなく、そもそも相互の信頼関係のようなものは期待するべきツールではないですね。あくまでも自分主体で利用した方が良いツールですね。なるほどね。
c0198267_09210107.jpg
c0198267_09210482.jpg
c0198267_09203083.jpg
やまゆきかわゆきは、奥会津を楽しむための宿です。
フライフィッシングで自然渓流デビューなら、首都圏からほど近いみちのく会津がベストです。
パウダースノーのたかつえスキー場なら、車で1分の至近距離。
天気予報を確認してからの直前予約も大丈夫です。
お一人様のフライフィッシングのご宿泊は、特に歓迎です。
お気軽にお問合せ、ご予約下さい。
やまゆきかわゆきHPは、http://www.maroon.dti.ne.jp/yamayuki/
やまゆきかわゆきFBは、https://www.facebook.com/Yamayukikawayuki

[PR]
by yamayukikawayuki | 2017-12-10 09:22 | ■食べ歩き&泊まり歩き | Trackback | Comments(0)

地酒は過剰仕入れだったか!?

 12月の蔵出しは年越しをひかえて縁起物が多い傾向にあります。新春、にごり、うすにごり、祝い酒、などなど、ラベルにあるネーミングを見れば、ピンと来るはず。やまゆきかわゆきの地酒ラインナップは銘柄入れ替えに当たり、何年も頭を悩まし続けていますが、いよいよ落ち着きどころが見えて来ました。大震災の影響は消費には感じるものの、蔵元の酒造りにはかえって競争意識が高くなり、いろんな品評会が催され、福島のみならず東北全般で上昇志向にあるように思われます。復興酒なるサブネーミングは今や懐かしいくらいです。
 当宿の中核をなす廣木酒造の飛露喜と泉川は断トツの人気度を継続中。近年は泉川がプレミア付いてきて、ネットショップでも”あの飛露喜と同じ蔵の~”と枕詞を載せて小売り価格の倍値がついています。確かに泉川ふな口本生は2週間で完売続出の”裏飛露喜”と呼ばれるだけあって3000円が6000円に化ける事は納得ですが、泉川純米吟醸までもが枕詞効果なのか2500円が5000円で出されています。確かにうまい酒ですが、ごく一般的な地酒だったのに、たいした出世。逆に地元銘柄の方が、飛露喜ファンはくすぐられるのでしょう。
 12月の廣木酒造は、泉川ふな口本生~飛露喜かすみ酒~飛露喜大吟醸~飛露喜無ろ過生原酒まで、4銘柄が予定されています。今回は飛露喜かすみ酒の仕入れでしたが、あ~あ、やっちまったか! リネンの地酒ラックがもうパンパンだ。あと5種は仕入れたい銘柄があるのに、困ったもんです。飛露喜がJAL、自然郷がANA、揃っちゃった。
c0198267_10170677.jpg
やまゆきかわゆきは、奥会津を楽しむための宿です。
フライフィッシングで自然渓流デビューなら、首都圏からほど近いみちのく会津がベストです。
パウダースノーのたかつえスキー場なら、車で1分の至近距離。
天気予報を確認してからの直前予約も大丈夫です。
お一人様のフライフィッシングのご宿泊は、特に歓迎です。
お気軽にお問合せ、ご予約下さい。
やまゆきかわゆきHPは、http://www.maroon.dti.ne.jp/yamayuki/
やまゆきかわゆきFBは、https://www.facebook.com/Yamayukikawayuki

[PR]
by yamayukikawayuki | 2017-12-06 10:18 | ■地酒、旬菜料理、お知らせ | Trackback | Comments(0)