<   2016年 06月 ( 16 )   > この月の画像一覧

梅雨の釣りは大量。

 雪どけの早春~新緑の春~減水期の5月~梅雨入りの6月、フライフィッシングでいうところの季節を巡り、宿屋の忙しさは落ち着いています。マイペースなお仕事をやりながら、お客様とも時には濃~いお話をしつつ、体力の維持・回復に努めて来ました。一度疲れてしまうと、次からは短期間で同じような疲れがやって来ます。この疲労とリカバリーを繰り返しながら、禁漁の9月末まで仕事を続けていくわけです。梅雨からはあまり季節の変化も大きくないので、現地調査の回数は減ります。よって急ぐような釣りも減って、転倒や怪我のおそれも減っていくはずです。基本的にはですが。
 お客様のチェックアウトが早かったので、久しぶりの現地調査に出発。今シーズン2回目の川ですが、前述のように急ぐ事もないので、調査コースの穴埋めをします。予報よりも雨は少なくなって、気温も寒いほどではないので、いつものスタイルでカッパ無し。例によって雨が降り始め半濡れ。これも予定していた事。1尾目に29cmが釣れて、魚影とコンディションを確認。この川の特徴とこの川のイワナらしい習性を把握して、29.5cmが釣れた。なるほど次の次あたりかなと想像をめぐらして、それらしい個体の食べ損ねがありムムムッと来た。ネットの縦幅ではジャストだったので、ダイソーのニコチャンメジャーで測ろうとしたらまさかの逃走。未公認記録になってしまった。
 イワナにとっては生きるか死ぬかの呼吸困難な状況での決死の行動でした。あ~あと思っていたらブナの倒木のひとつに誘惑する物体を確認。冗談じゃないくらいのキクラゲがこちらを見て笑っている。釣り道具を脱いで、そそくさと収穫に取り掛かるがかなりの重量となった。こうなったら川見て倒木見て、忙しい。中年の物忘れ防止には最高のエクササイズ。予定コースが終わり帰路でもエクササイズ。帰りは川を見る必要がないので、倒木に集中できます。行きと帰りじゃ風景が変わるので、またもや横綱級のキクラゲ集団を発見。さらに大量度アップで、仕方なく重りと化した。帰宅して水洗い~湯通し~測量の作業が終え、かかった時間は1時間以上。天然キクラゲ重石は3kg超の大収穫。下の仲良しの宿に1kgおすそ分け。良い事した気分で、満足じゃ。
c0198267_09283820.jpg
c0198267_09284569.jpg
c0198267_09285156.jpg
c0198267_09285821.jpg
やまゆきかわゆきは、奥会津を楽しむための宿です。
フライフィッシングで自然渓流デビューなら、首都圏からほど近いみちのく会津がベストです。
パウダースノーのたかつえスキー場なら、車で1分の至近距離。
天気予報を確認してからの直前予約も大丈夫です。
お一人様のフライフィッシングのご宿泊は、特に歓迎です。
お気軽にお問合せ、ご予約下さい。
やまゆきかわゆきHPは、http://www.maroon.dti.ne.jp/yamayuki/
やまゆきかわゆきFBは、https://www.facebook.com/Yamayukikawayuki


[PR]
by yamayukikawayuki | 2016-06-30 09:29 | ■FLYFISHING/川遊び | Trackback | Comments(0)

渓流釣り大会にて。

 漁協のお役目で、西根川木賊温泉地区の渓流釣り大会の”実行副委員長”というたいそうな肩書で、表彰式に立ち会ってきました。宿屋なので、朝の大会スタート時には行けませんでしたが、漁協の舘岩支部協賛ですのでそこにいるだけのお役です。舘岩村に移住して15年になりますが、釣り大会の様子を見るのは初めてです。参加者は終始にこやかで、和やかムードの計量タイム。賞は主に大物賞と大漁賞ですが、大物賞の人が大漁賞の可能性がもっともありますね。当たり前です。今年の大物賞はイワナ54cmで、この個体だけで1.5kg。大会用の総放流量は200kgと聞いていますので、あまり釣れなくてもゼロ=ボーズはありえません。昨年の湯ノ花温泉での渓流釣り大会では女性が大漁賞でした。何が起こるか分かりませんよ。
 ご夫婦で参加されている姿も数組お見掛けし、女子高生っぽい参加者もいました。昨年の大漁賞の女子だったかも知れません。また、計るほど釣れてなくて、自ら計量を辞退するシニアの方もいました。それでも笑いが絶えません。大会はエサ釣のみの規定ですが、フライフィッシングとはまた違った連帯感が感じられます。木賊温泉の方々の対応も良く、サイズの計測ではイワナをグイグイひっぱり伸ばしてくれます。どんだけ伸ばしても、”23cm”だったり、またまた笑みがこぼれます。主催者側も、参加者も、お疲れ様でした。
c0198267_10143074.jpg
やまゆきかわゆきは、奥会津を楽しむための宿です。
フライフィッシングで自然渓流デビューなら、首都圏からほど近いみちのく会津がベストです。
パウダースノーのたかつえスキー場なら、車で1分の至近距離。
天気予報を確認してからの直前予約も大丈夫です。
お一人様のフライフィッシングのご宿泊は、特に歓迎です。
お気軽にお問合せ、ご予約下さい。
やまゆきかわゆきHPは、http://www.maroon.dti.ne.jp/yamayuki/
やまゆきかわゆきFBは、https://www.facebook.com/Yamayukikawayuki


[PR]
by yamayukikawayuki | 2016-06-27 10:14 | ■奥会津ライフ | Trackback | Comments(0)

梅雨は梅雨らしく。

 天気図が梅雨の配置になると梅雨入りです。6/13に梅雨入りして、さて雨は降ってくれるかなと心配していましたが、予想以上に雨がふってくれています。雪が少なかった分、雨に期待するしかなかったのですが、今のところ順調とも言える雨量です。以前であれば1日中ザーザーと良く降っていましたが、5年ほど前からはそんな梅雨の雨降りはめったになくなり、軽く降る程度の日々が多くなりました。しかも遠くでしか雷が鳴らず、今年の雨に至っては夕~朝を中心に降っているので、釣りにもちょうど良い時間帯です。梅雨と釣りの両立が出来ていますね。
 ヨーヨーのクリクリ目玉に見入っちゃいますが、後ろの会津駒ケ岳にはもう雪がありません。7月中旬まで白い雪が見える風景が普通だったのですが、冬の雪が少ないから消えた雪の量も少なく、溶けやすかったその消えた雪が例年よりも早く川に流入し、水量が少なめに推移していても水温を下げていました。だからイワナのコンディションは良かったわけですね。過去にもないくらい良く魚が釣れて、5月から釣れ続けている最高のドライシーズンになっていますが、あまり期待していなかった雨が降ってくれて水量が戻り傾向、うまい事条件が揃っています。しかも気温も高くなく、20~25℃の日が多い。素晴らしい。カッパ持ってすぐにでも川に行きたい気分です。
 ヨーヨーは睡眠ばっちり。静かな奥会津の6月は生き物にうるおいをもたらすようです。異常なほどに飛び回ることもなく、ポクポクとマイペースなお散歩タイム。大量発生していたマイマイガの毛虫はいなくなったし、道は水たまりが出来るほどじゃないし、宿にはお客様がいっぱいいるわけじゃないし、自分の暮らしが出来ているみたいだね。お客様は少しで良いから来てくれなきゃヨーヨーのエサだってランクダウンしちゃうぞ。
c0198267_06442522.jpg
やまゆきかわゆきは、奥会津を楽しむための宿です。
フライフィッシングで自然渓流デビューなら、首都圏からほど近いみちのく会津がベストです。
パウダースノーのたかつえスキー場なら、車で1分の至近距離。
天気予報を確認してからの直前予約も大丈夫です。
お一人様のフライフィッシングのご宿泊は、特に歓迎です。
お気軽にお問合せ、ご予約下さい。
やまゆきかわゆきHPは、http://www.maroon.dti.ne.jp/yamayuki/
やまゆきかわゆきFBは、https://www.facebook.com/Yamayukikawayuki

[PR]
by yamayukikawayuki | 2016-06-26 06:45 | ■奥会津ライフ | Trackback | Comments(0)

ついに入荷! 白河の虎マッコリ。

 個人にはほぼ販売していないマッコリがあります。知る人ぞ知る、白河の有賀醸造の「虎マッコリ」がそれで、しかも米で醸した国産マッコリです。今では国産マッコリを「和マッコリ」と呼んで、いくつかの銘柄も出て来ましたが、和マッコリで断トツの人気と評判を得ているのが「虎マッコリ」なのです。PCで検索してみれば、その人気度を測る事が出来ます。取り引き交渉のやり取り中には、何度も”ペンションでお客さんに出すんですよね!”と念を押され、かたくなに販路を守り、ブランドを守り、価値を守っていました。
 虎マッコリは生酒であり、冷蔵保存していても賞味期限があります。地酒よりもデリケートな部分がありそうですが、そこは飲んで美味しければ、楽しければ良いじゃないですか。まずはそこんトコが大事です。お値段はまだ決めていませんが、グラスで¥500位かな。飲み放題には含まずに、別途きちんとお代は頂きます。悪しからず。
c0198267_21180795.jpg
やまゆきかわゆきは、奥会津を楽しむための宿です。
フライフィッシングで自然渓流デビューなら、首都圏からほど近いみちのく会津がベストです。
パウダースノーのたかつえスキー場なら、車で1分の至近距離。
天気予報を確認してからの直前予約も大丈夫です。
お一人様のフライフィッシングのご宿泊は、特に歓迎です。
お気軽にお問合せ、ご予約下さい。
やまゆきかわゆきHPは、http://www.maroon.dti.ne.jp/yamayuki/
やまゆきかわゆきFBは、https://www.facebook.com/Yamayukikawayuki


[PR]
by yamayukikawayuki | 2016-06-21 21:18 | ■地酒、旬菜料理、お知らせ | Trackback | Comments(0)

記憶の川。

 川はいっぱいあるけれども、自分の記憶から忘れ去られた川もある。自分にしては珍しく、今回はヤマメ狙いで歩いて、ほのかに期待するのはイワナ。ヤマメ7割、イワナ3割のバランスは奥会津では稀有ですね。イワナは気にしなくてもどこからともなくやって来ますので、イワナがゆる~く濃くなりつつある川です。ほのかな期待を優先して、毛鉤はいつもの#10で。これじゃ、イワナ狙いじゃないか!
 期待は期待で終わり、約90分の釣り上がりで5尾のヤマメ。それもきれいな魚体で、かつ元気です。飽きない程度に釣れて、現地調査は終了。あ~、なかなか快適で、楽しかった。蒸し暑さはない日でしたので、なおさら気持ち良い。久しぶりにまわりを気にせず竿を振りました。
c0198267_15460276.jpg
c0198267_15460928.jpg
やまゆきかわゆきは、奥会津を楽しむための宿です。
フライフィッシングで自然渓流デビューなら、首都圏からほど近いみちのく会津がベストです。
パウダースノーのたかつえスキー場なら、車で1分の至近距離。
天気予報を確認してからの直前予約も大丈夫です。
お一人様のフライフィッシングのご宿泊は、特に歓迎です。
お気軽にお問合せ、ご予約下さい。
やまゆきかわゆきHPは、http://www.maroon.dti.ne.jp/yamayuki/
やまゆきかわゆきFBは、https://www.facebook.com/Yamayukikawayuki


[PR]
by yamayukikawayuki | 2016-06-19 15:46 | ■FLYFISHING/川遊び | Trackback | Comments(0)

臆病者の神様。

 今回も久しぶりの場所へ、90分たらずの現地調査です。高い所が苦手な人は這いつくばってしまいそうなエントリーから、一転してインレットの流れを歩き、森の中へと進む。流れが変わっていて、分流したり、ショートカットしたり、そして木々の枝ぶりも良く、陽射しをさえぎってくれます。木漏れ日の小さなプールで珍しいイワナのライズを観察して、2尾釣って、そこで止めて先へ急ぐ。ロッドが7fの方が合っていたかも知れない。時々足を止めて毛鉤を投げ入れると、15~23cmの個体が釣れてくる。欲を捨ててのんびり釣り上がるには楽しめそうだ。
 もうすぐ上がる所と思っていると、反応が減った。上がる所は入る所、そういう事か。最後のポイントにイワナが浮いていないのを確認すると、手前左の見えない岩陰へ毛鉤を投げる。今日はバブルも消えていて、水が落ち着いている証拠だ。TMC206BL#12に巻いたフォームブラックのヘアウイングパターンを3度投げた。自分では3度は”もう良いサイン”だけど、おまけでもう1回岩肌に投げると、ビシャッという音と吸い込んだようなくぐもっと音がした。このポイントの主だったかななんて思いながら、グイグイ深みに行こうとするイワナを引き寄せると、見てすぐ尺イワナと分かる。尺上様で主だから、神主様か。ずっと前から種を守って来た純潔な源流イワナは、その体つきが歳月を物語っている。ハリスがからんだ跡がまったくないので、良くエサを見極めて、良く生きて来てくれた。たくさんの子孫を残して欲しいものだ。
 今シーズンで5尾目の尺イワナは、ちょっと多過ぎ。まだ6月だしね。
c0198267_14582820.jpg
やまゆきかわゆきは、奥会津を楽しむための宿です。
フライフィッシングで自然渓流デビューなら、首都圏からほど近いみちのく会津がベストです。
パウダースノーのたかつえスキー場なら、車で1分の至近距離。
天気予報を確認してからの直前予約も大丈夫です。
お一人様のフライフィッシングのご宿泊は、特に歓迎です。
お気軽にお問合せ、ご予約下さい。
やまゆきかわゆきHPは、http://www.maroon.dti.ne.jp/yamayuki/
やまゆきかわゆきFBは、https://www.facebook.com/Yamayukikawayuki


[PR]
by yamayukikawayuki | 2016-06-18 14:58 | ■FLYFISHING/川遊び | Trackback | Comments(0)

会津駒ケ岳の雪。

 いつのまにか会駒(会津駒ケ岳の愛称)の雪が消えかかっている。陽が当たる山頂部は7月中旬の風景、約1ヵ月も先の様子に近いですね。と言う事は、その残雪が早々に川に流れ込んでいるわけで、冷たい雪解け水が混ざっている川の水はやや冷たいわけだ。3ヵ月以上もかけて溶けていく山の雪ですが、2ヵ月で溶けてしまうほど、現実、冬の雪が少なかった。犬には知った事じゃないが。
 山に豪雪のミネラルが乏しいと、山菜は細く、出ても短期で終わり。川の水が落ち着き早くも滑りやすくなっている川がある。木の実はすでに色づいていたり、季節の花も気が付いたら散り始めている。雪が少ないと良い事はあまりないじゃないか。犬には知った事じゃないが。
 それに反して6月上旬には霜が降った。オホーツク側の峠では雪が降ったので、こちらは霜くらいで助かったと思うべきか。おかげで山菜の新芽は霜焼けで、お客様の天ぷらのタネに少し困ってしまった。犬には知った事じゃじゃないが。
 6/13に東北南部が梅雨入り。平年の梅雨入りは6/12なので、つまり平年並み。これからも平年並みでよろしくお願いします。
c0198267_14472552.jpg
c0198267_14473020.jpg
やまゆきかわゆきは、奥会津を楽しむための宿です。
フライフィッシングで自然渓流デビューなら、首都圏からほど近いみちのく会津がベストです。
パウダースノーのたかつえスキー場なら、車で1分の至近距離。
天気予報を確認してからの直前予約も大丈夫です。
お一人様のフライフィッシングのご宿泊は、特に歓迎です。
お気軽にお問合せ、ご予約下さい。
やまゆきかわゆきHPは、http://www.maroon.dti.ne.jp/yamayuki/
やまゆきかわゆきFBは、https://www.facebook.com/Yamayukikawayuki


[PR]
by yamayukikawayuki | 2016-06-16 14:48 | ■奥会津ライフ | Trackback | Comments(0)

第9号、ウルトラライトなネット、旅立つ。

 思い入れのあるシオジをグリップ材に使用したランディングネットがお客様に引き取られました。本来の希望は第10号の普段着ネットだったのですが、こちらは昨シーズンに完売していたので、第9号になりました。お見せして触れてもらうと第9号の驚くほどの軽量仕上げが気に入られたようで、購入に際しては迷いは無かったようです。シオジグリップ+タモフレームのオールタモの構成です。使っていくと味が出てくると思います。また若干柔らかく優しさのある材ですので、手に馴染みやすいでしょう。
 チェックアウト後の最終日に8寸イワナが早々とネットイン。お話しを聞くと自然渓流は数年ぶりでしたが、奥会津の川にも馴染み始めたみたいで、とても嬉しいです。次回の釣行、お待ちしています。
 さて、ランディングネットの代金で何買おうかな。ウエーダーとリールの2択になりそうだ。

 現在、久しぶりにランディングネット製作販売を始めたため、別枠のブログに移行中です。過去の投稿は移し終わりましたので、これから新たに「やまゆきかわゆきのリリースネット、エバーグリーンネット」として、ゆっくり続けたいと思っています。「evergreen」とは「いつも新鮮で」という意味合いのもと、川に立ってもらいたい願いから名づけました。今後ともよろしくお願いします。
c0198267_13183668.jpg
c0198267_13184529.jpg
c0198267_13185181.jpg
やまゆきかわゆきは、奥会津を楽しむための宿です。
フライフィッシングで自然渓流デビューなら、首都圏からほど近いみちのく会津がベストです。
パウダースノーのたかつえスキー場なら、車で1分の至近距離。
天気予報を確認してからの直前予約も大丈夫です。
お一人様のフライフィッシングのご宿泊は、特に歓迎です。
お気軽にお問合せ、ご予約下さい。
やまゆきかわゆきHPは、http://www.maroon.dti.ne.jp/yamayuki/
やまゆきかわゆきFBは、https://www.facebook.com/Yamayukikawayuki


[PR]
by yamayukikawayuki | 2016-06-13 13:23 | ■ランディングネット販売 | Trackback | Comments(0)

本流、的な、イワナ。

 今シーズンの気候の変化に振り回されて、はでに大コケが2回。年齢と体力を再認識するに至ったが、最近は下り坂や帰路の方が恐くて、なかなか良いビビり具合になっている。その方が、大事にならなくて良いのでしょうね。きっと、そうだ。季節を追いかけて川に行きまくって、今は6月に突入。もっともデリケートな季節の早春~新緑を乗り越えたので、河川の状況確認に奔走する日々は落ち着きそうだ。それ以外にもまだまだ確認しなくちゃならない案件が5つほど、自分を待ち構えている。その筆頭案件を整理して、現地調査。疲れるね。
 大規模工事の途中ですが、これは昨年の東北関東豪雨災害の工事ではない。林道は閉店ガラガラ~と言う感じだけれども、沢だけは3本変わらずに流れ落ちている。沢筋はあまり変わらないものなんだなあ。林道は半分くらいミズの群生に覆われて、その下にはヤマミツバ。でもこれが目的ではないので、スルーします。プチトドワラ状態だったり、大きく流れを変えてしまったり、火よりも水の方が災害は大きいと言われる訳がひしひしと伝わって来る。それでも生き物の生命はたくましく、クマの雰囲気はなかったがシカの水飲み跡はいっぱい。加えて微弱な反応かと思いきや、太いイワナ君、登場。30cmで、今シーズン4尾目。マジ釣りが目的ではなく、現地調査を重ねるだけで釣れてしまう。何と、失礼極まりないオッサンです。
 梅雨入り近しと感じながら、まだ梅雨入りしていません。梅雨入りしても、水量が増えるかどうかは疑問ですが、すぐ先の未来を勝手に悲観するほど馬鹿げた事もない。釣り人で混雑している川があるのは確かだが、今の季節ならばやる気のある渓魚たちがほとんどなので、それほど気にせず入渓のタイミングをずらせば良いだけの事。分かっていてもね~。
c0198267_17431937.jpg
c0198267_17432723.jpg
c0198267_17433930.jpg
c0198267_17433404.jpg
やまゆきかわゆきは、奥会津を楽しむための宿です。
フライフィッシングで自然渓流デビューなら、首都圏からほど近いみちのく会津がベストです。
パウダースノーのたかつえスキー場なら、車で1分の至近距離。
天気予報を確認してからの直前予約も大丈夫です。
お一人様のフライフィッシングのご宿泊は、特に歓迎です。
お気軽にお問合せ、ご予約下さい。
やまゆきかわゆきHPは、http://www.maroon.dti.ne.jp/yamayuki/
やまゆきかわゆきFBは、https://www.facebook.com/Yamayukikawayuki


[PR]
by yamayukikawayuki | 2016-06-11 17:44 | ■FLYFISHING/川遊び | Trackback | Comments(0)

先行告知、秋の里見スクール開催決定。

 春の里見スクールが終わって間もないですが、さっそく秋の里見スクールのお知らせです。決まっている事はもったいぶらずにお知らせしておいた方が良いので、今年は梅雨前ではありますがもっとも早い告知です。早い告知ですが、もっと気の早いお客様からご参加申し込みを頂いているので、ここは平等にお知らせをしておいた方が良いという判断でもあります。ただし諸々のご都合はあると思いますが、参加できる可能性が高くなったら申し込みをお願いします。
 禁漁を間近に控えたこの時期には、ひと回り大きく育ったヤマメや、夏を越えた食い気十分のたくましいイワナが、エサの流下を待っています。ソラックスやパラシュートといったスタンダードなドライフライパターンでの釣り上がりを通して、参加者各人に合った的確なアドバイスをしていきます。ドライフライフィッシングの習得や向上には、最高のチャンスです。秋のスクールで復習し、来たる春の釣りに備えましょう。繰り返しの練習に勝るものはありません。
 流れの読み方はもちろんの事、ポイントの見方、自分自身でのランディングまで、大切に記憶していって下さい。また、キャスティングにおいても、基本セオリーから立ち位置によっての応用まで、ビギナーからベテランまで参加者を選びません。
 東北の春の空気の中、素晴らしいフィールドが待っています。ぜひ、この機会に、ご参加ご検討下さい。

■日時:2016年9月17日~18日正午の1日半コース
■場所:奥会津の渓流郡(舘岩川、鱒沢川、湯ノ岐川、檜枝岐川など)
■集合:やまゆきかわゆきに当日朝8時集合
■定員:約8名
■料金:1泊3食講習費込み25,000円(1日目の昼食代含む、遊漁券代は別途個人負担)
■お酒好きには夕食時別途1000円で嬉しい飲み放題となります。
■注意:スクール参加者のお部屋は、男女別相部屋となりますので、ご了承下さい。

★少人数制のスクールです。なるべく早めのご決断をおススメします。
★お1人でのご参加が多く、その年齢層は20~70台と幅広ので、気楽にご安心下さい。
★フライフィッシング誌にスクール開催の告知の掲載を予定しておりますので、併せてご覧下さい。

お申込み・お問合せ:やまゆきかわゆき
お電話=0241-78-7262
メール=ffhouse_yamayuki@ホットメイルシーオージェイピー
c0198267_09035307.jpg
やまゆきかわゆきは、奥会津を楽しむための宿です。
フライフィッシングで自然渓流デビューなら、首都圏からほど近いみちのく会津がベストです。
パウダースノーのたかつえスキー場なら、車で1分の至近距離。
天気予報を確認してからの直前予約も大丈夫です。
お一人様のフライフィッシングのご宿泊は、特に歓迎です。
お気軽にお問合せ、ご予約下さい。
やまゆきかわゆきHPは、http://www.maroon.dti.ne.jp/yamayuki/
やまゆきかわゆきFBは、https://www.facebook.com/Yamayukikawayuki


[PR]
by yamayukikawayuki | 2016-06-08 09:06 | ■FLYFISHING/川遊び | Trackback | Comments(0)