<   2015年 05月 ( 10 )   > この月の画像一覧

しかられ小僧。

 この度、宿の看板犬のヨーヨーに、好物がひとつ増えました。こいつの好物を数えたら、ゴハン、おやつ、ガム、ビスケット、女性、臭い、落ちているパン、水、ハタケシメジ、などなど、次々出て来ます。要注意なのが最後のハタケシメジ。宿の敷地内に発生間際の姿を認められない時からずっと臭いをクンクンし、ちょびっと出てきたところを掘り掘りしてパクパクゴックン。決して他のキノコには目もくれない所は、しっかりした識別と味覚を備えている証拠です。
 増えた好物は、またしても敷地内のコゴミ。最初は4月中旬の出来事、宿の裏手のほそっこいチビコゴミの穂先をパクッと。次は前庭の山から移植したコゴミの先っちょをパクッと。もちろんパクパクシーンの現場を押さえたら、現行犯逮捕で口の中から押収! それを繰り返す事が数回に及び、すでに常習性あり。飼い主の堪忍袋の緒が切れたのは、ひとつのコゴミの株から出たすべてのブツをいつの間にか隠匿した時だった。そしてしかられ小僧がしばし反省のポーズで、現場で取り調べ中。ま、仕方ないですね。
 このコゴミ食いのすごい所は、ハタケシメジの時と同様に、植物を見分ける能力と間違いないと確認できる味覚を備えている事。灰汁の強いゼンマイ類をまれに間違ってパクッとやりますが、すぐにペッと吐き出します。犬が草を口に入れる場合の多くは、安いエサばかりで胸やけしているケースがほとんどです。ヨーヨーがこっぴどくしかられるまで止めなかったのは、決して胸やけが理由ではなく、植物もとい食べ物として、そしてゆらゆらするおもちゃのようなもの、だったからという2つの理由によります。
 ペットとしての類稀なる能力をほめるべきなのか!? 難しい問題ではあるが、今回は、”能力は認めるが、変わり者ペットとして、一目置く”、そういう事にしよう。その後もコゴミパクパクは忘れずに、また懲りずに、続けていますが、コゴミの成長とともに、執着心は薄れて来たようです。しかし、余談はならない。単に、他にターゲットが変わっただけかも知れない。
c0198267_09305218.jpg
 やまゆきかわゆきは、奥会津を楽しむための宿です。
 自然渓流デビューなら、首都圏からほど近いみちのく会津がベストです。
 天気予報を確認してからの直前予約も大丈夫です。
 お一人様のフライフィッシングのご宿泊は、特に歓迎です。
 お気軽にお問合せ、ご予約下さい。
 やまゆきかわゆきHPは、http://www.maroon.dti.ne.jp/yamayuki/
 やまゆきかわゆきFBは、https://www.facebook.com/Yamayukikawayuki



[PR]
by yamayukikawayuki | 2015-05-28 09:30 | □♂ヨーヨー(曜々)輝く! | Trackback | Comments(0)

赤コゴミを食す。

 数年前に赤コゴミに巡りあった事がある。奥会津では、山菜採りをしていても、なかなか出遭えない山菜だろう。呼び名は、赤コゴミ、アブラコゴミ、キヨタキシダなど、地域によって変わるが、見た目のイメージは赤コゴミで、味の印象はアブラコゴミかな。コゴミとははっきりと一線を画した山菜だった。あっちこっち山菜を採っている間に、5月の下旬入り。あっと思い出して、釣りがてら赤コゴミを採りに出掛けた。時期は逸しているが、まだいける位の赤コゴミが20本ほど確認して、こうなったら開き気味のものも頂いて、帰途に着いた。今回の赤コゴミは自家消費分! たまには良いでしょ! だって、食べたいんだもん。
 少し繊維質を感じちゃうが、構いやしない。来年は忘れないようにしよう。
c0198267_21215032.jpg

[PR]
by yamayukikawayuki | 2015-05-26 21:23 | ■山菜キノコ/山遊び | Trackback | Comments(0)

2015年5月、里見栄正ドライフライスクール開催のお知らせ。

 現在、参加者募集中です。
GWが過ぎ、奥会津は春らんまん。
ドライフライで遊べるようになりました。


 今年も5月にフライフィッシングスクールを開催します。FF各誌の記事掲載はまだですが、スクール内容の詳細と、参加希望者を募ることをお知らせします。渓流解禁とともに、良いタイミングかと思っています。
 今年FFを始められた方も、中堅の方も、ベテランの方も、壁に当たっている方も、復習したい方も、ぜひこの機会に参加されてみてはいかがでしょうか。毎回より良いスクールにしていくために、また、参加者にとって、有意義なスクールになるように主催者たるやまゆきかわゆきも現場指導者たる講師も頑張っていますので、ひとつでもふたつでも何か吸収して、次回の釣行に来年の釣行に、長く付き合っていく趣味をさらに楽しむために、役立てて下さい。
c0198267_09302925.jpg
■【2015年5/30(土)~31(日):里見栄正ドライフライスクール2015春】

内容 : パラシュート等での釣り上がりを通して、各人に合った的確なアドバイスをしていきます。
     ドライフライテクニックの習得及び向上には最高のチャンスです。
     流れの読み方、ポイントの見方、自身でのランディングまで、大切に記憶して行って下さい。
     基本のキャスティングについては、基礎から立ち位置によっての適応まで、分かりやすく解説。
     目の前で講師がデモンストレーションを交えながら、ゆっくりと確実に必要な事を伝えます。

講師 : 里見栄正氏
日時 : 2015年5/30(土)~31(日)正午までの1日半コース
集合 : やまゆきかわゆきに当日の朝8:00時集合
料金 : 1泊3食講習費及び初日の昼食代含む、25,000円。
     ※遊漁券代は各自負担となります。日釣り券1000円、年券6000円。
定員 : 10名程度

●24日の夕食時に飲み物代を会費制にした懇親会があります。
●スクール参加者のお部屋は相部屋となりますので、ご了承下さい。

★もうすでにお問合わせがありますので、なるべく早めのご決断をおススメします。
★何人かの方からは、ご参加希望の連絡を承っております。日取りが決まりましたので、ご面倒でも再度ご連絡を頂けると助かります。

やまゆきかわゆきのスクールは少人数制で内容重視が基本になっています。
また、お1人でのご参加が多く、中心は30~40台ですが、その年齢層は20~70台と幅広ので、気楽にご参加下さい。

お問い合わせ、参加のお申し込みは、
やまゆきかわゆき 0241-78-7262 ffhouse_yamayuki@hotmail.co.jp

 ヤマザクラとコブシがほころぶ雪国の春、素晴らしいフィールドが待っています。ぜひ、この機会にご参加を検討下さい。
[PR]
by yamayukikawayuki | 2015-05-25 09:31 | ■FLYFISHING/川遊び | Trackback | Comments(0)

会津産アスパラガスが旬。

 会津の特産品はいつくかありますが、アスパラガスはその代表的なもののひとつです。現在では、緑、白、紫の3色を栽培しており、先日のNHK朝の情報番組でも取り上げられました。料理店では紫アスパラを”パープル”などと言っていたりしますが、会津でパープルとは決して言いません。おかしいでしょ! 生産者のじいさんばあさんの口からパープルは発声出来ませんよ。
 南会津町では主に田島地区(旧田島町)がアスパラの産地です。出荷時期は5月中旬からで、農協やスーパーはじめ道の駅でも並びます。しかし、このお値段がなかなかお高いのも現実で、これまでほとんど宿ではご提供したことがありません。食材としては山菜とも時期が重なりますし、フライフィッシングには少し季節が早いので、正直なところ見送ってきたわけです。今年は舘岩地区の方から驚きの良質アスパラを分けてもらい、今週からお客様にもおすそ分けしています。もう無くなりそうですが、食べられたら超ラッキーですよ。
c0198267_09274165.jpg
 やまゆきかわゆきは、奥会津を楽しむための宿です。
 自然渓流デビューなら、首都圏からほど近いみちのく会津がベストです。
 天気予報を確認してからの直前予約も大丈夫です。
 お一人様のフライフィッシングのご宿泊は、特に歓迎です。
 お気軽にお問合せ、ご予約下さい。
 やまゆきかわゆきHPは、http://www.maroon.dti.ne.jp/yamayuki/
 やまゆきかわゆきFBは、https://www.facebook.com/Yamayukikawayuki

[PR]
by yamayukikawayuki | 2015-05-22 09:27 | ■地酒、旬菜料理、お知らせ | Trackback | Comments(0)

話題の久米納豆「豆の香」。

 粘りが少ない納豆が開発されて、すでにヨーロッパを中心に輸出されている。納豆なんだからネバネバしないと美味しくないだろ。自分もそう思う一人ですが、縁あって日立市からいらしたお客様からお土産を頂いた。嫁と二人思わず顔がほころぶ、久米納豆あれこれ。最も好きな納豆ブランドです。福島県は納豆消費量ではトップの座を争っている納豆大好き県。納豆自体が八幡将軍義家(源義家)の陸奥征伐時に偶然見つかったとも言われているほど、東北は納豆が大好きなんです。
 最近の納豆は賞味期限が伸びて家庭に優しい商品が増えました。お土産を頂いた日が5/4で、シールの印字が5/15ですから、ちゃんと保存場所を選べば10日間もあります。目を引くのは「黒豆納豆」と「豆の香」。特に「豆の香」は話題の粘りが少ない納豆です。こうゆう商品は会津の田舎ではスーパーに陳列する可能性すらありません。地元の納豆やあづま納豆が幅をきかせている状況であり、某広告会社の納豆のマーケティング自体、手に取りやすく安価な価格設定のものが強みを発揮しています。陳列の場所取り合戦が勝敗を決める要因になっています。
 高級志向や旨さ重視で、久米納豆の「丹精」なんかは最高に美味しいですが、その延長戦上に、”選ばれる納豆”が増えて来ています。そして粘りが少ない特徴は、納豆苦手な消費者を取り込むとっておきの手段になりました。しかし、なんだろう、「豆の香」は食べてみると食材としての豆製品の性質が優先しているように思えます。確かにフランスではバゲットにパテのように活用されて、ピーナッツバターならぬ納豆バターとして、また時にはレーズンも加えて、食材として定着してきているようです。それも悪くはないですが、日本に県民性があるように、まあ、フランスの国民性ですね。
c0198267_10032179.jpg

[PR]
by yamayukikawayuki | 2015-05-18 10:04 | ■食べ歩き&泊まり歩き | Trackback | Comments(0)

気持ち良さNo.1の川。

 5月中旬に入り、ヤマザクラは相当な標高まで行かないと見れなくなりました。萌木色からまさに深緑へと移り変わっていく時の、なんとも清々しい景色が好きです。川は中流部までさかのぼると残雪がちらほらと現れますが、それも日陰や河畔林の中くらいなもの。いよいよ生命が踊り出す季節が間近に迫っているようです。
 気温は相変わらずの高いまま。25℃前後日が続いています。水量が落ち着いているように見えても、川の上流や枝沢には残雪がありますから、おそらくは水温は低めでしょう。渓魚もまだ流芯を避けていたりします。川の状況が手に取るように分かりますが、奥会津の釣り場ははかなり広いので、雪代がやっと終盤に入ろうかという川もあります。フライフィッシングにとっての川選びは、いつだって、どこだって、もっとも重要になります。
 シーズン本番に入ったら、渓魚のスイッチは早い。まだもう少しはスイッチオフですが、いつ入るかも知れません。気温が高く、一気に雪解けが進んだ割には、大きいカゲロウが目立ちません。これがふわふわゆらゆらと目障りなくらい視界に入って来たら、スイッチオンです。それまでは山菜採りに忙しくしていよう。こっちも美味しいし、止められないね。
 ナンバーワンの気持ちの良い川は、20cm弱のイワナが1尾。沢から降りてきた個体のようです。ヤマメよりもイワナの方が食い気があるようです。
c0198267_07494859.jpg
 やまゆきかわゆきは、奥会津を楽しむための宿です。
 自然渓流デビューなら、首都圏からほど近いみちのく会津がベストです。
 天気予報を確認してからの直前予約も大丈夫です。
 お一人様のフライフィッシングのご宿泊は、特に歓迎です。
 お気軽にお問合せ、ご予約下さい。
 やまゆきかわゆきHPは、http://www.maroon.dti.ne.jp/yamayuki/
 やまゆきかわゆきFBは、https://www.facebook.com/Yamayukikawayuki


[PR]
by yamayukikawayuki | 2015-05-16 07:50 | ■FLYFISHING/川遊び | Trackback | Comments(0)

今年もニリンソウの川で。

 先日の台風6号はほとんど影響せず、夜のうちに遠くへ行ってしまいました。夜半にかけてやや強く風が吹いたのを覚えていますが、雨量は普通の雨程度でした。風と雨が雪を溶かしてくれるので、どちらにしても歓迎できる台風でした。雪が消えたら川の状態はどうなっているのか、いそいそと状況の把握に出掛けなければなりません。これも大切な仕事です。
 例年通りの巡回コースで、ニリンソウが咲いているだろうと思われる川を選んでみました。着いてみると時期的に花の盛りで、車を降りて準備している遠目からも、花が確認できます。コゴミも追加で確認、こりゃ良い収穫に恵まれるかも。コゴミは約1カ月の間、お世話になっています。お客様も喜ぶぞ。
 あまり魚釣りはしませんでしたが、15cmほどのヤマメを1尾、8cmほどのイワナを1尾、ライズを2回見置きして、ニリンソウの川でのお仕事終了。山菜採り60分、魚釣り20分。収穫は、コゴミ、ミヤマイラクサ(アイコ)、ソバナ、そして本命のシドキ(モミジガサ)。ニリンソウも美味しい山菜ですが、採るのに面倒なので手を出しません。
 帰りに当宿の近くの川で追加調査。約1時間の釣りで、水況、ハッチ、ライズ、川底を確認。今年は怪我なく歩きやすいですね。もう新規さんのフライ客を受付けても良さそうです。と言う事で、「ドライ解禁!」宣言としましょう。GW連休前からもドライの釣りは出来ていましたが、8fのロッドが振れる場所が出来ましたので、これで心配なしです。気温が高温続きで雪解けが加速度的に進んでいるようですし、これからどんどん面白くなりそうです。
c0198267_09384750.jpg
 やまゆきかわゆきは、奥会津を楽しむための宿です。
 天気予報を確認してからの直前予約も歓迎しています。
 お一人様のフライフィッシングのご宿泊は、大歓迎です。
 お気軽にお問合せ、ご予約下さい。
 やまゆきかわゆきHPは、http://www.maroon.dti.ne.jp/yamayuki/
 やまゆきかわゆきFBは、https://www.facebook.com/Yamayukikawayuki


[PR]
by yamayukikawayuki | 2015-05-14 09:38 | ■FLYFISHING/川遊び | Trackback | Comments(0)

【旅鉄】芦ノ牧温泉駅に立ち寄り。

 会津若松へ我が看板犬のワクチン接種へ出掛けた。連休明けの動物病院は混雑必至だが、日程上致し方ない。途中、芦ノ牧温泉駅でひと休み。ひと休みと言っても、道中はマイカー、電車旅ではない。平日でもぽつりぽつりと近県から訪れる鉄道ファン。ひと昔前は、「猫の駅長」で話題をさらった芦ノ牧温泉駅ではあるが、現在は二代目を養成中。初代猫駅長はめったに外には出て来ない。黄色い電車は展示用で、中にはジオラマ等が居座っている。
 サクラはひらひらと舞い落ちる休憩ベンチ前で、こちらも二代目看板犬を休ませてみた。う~ん、悪くない。春のゆる~い空気感も出ている。鉄道ファンにはいろんな分類があるが、鉄道にゆかりのある場所をある種の感慨を持って巡って行く旅鉄や、主にお酒を頂きながらの乗車旅や旅先でのお酒を楽しんだりする飲み鉄には、恥ずかしながら自分もちょびっとだけ該当する事に気が付いた。4月の首都圏営業では、浅草にてミスドの100円ドーナッツとファミマの100円ピーチョコを買い込み、下今市あたりから数本の缶チューハイで出張の打ち上げ。野岩鉄道に入れば、車窓の風景と会津情緒も加わって、気が付けばほどほどに上機嫌。これも、いいものだ。
 旅と鉄道、酒と鉄道、会津を楽しむ鉄道ファンなら、驚くほど地酒が充実しているやまゆきかわゆきへも、どうぞいらして下さい。交通手段は電車・マイカーを問いませんが、ルールは泥酔禁止&酒酔い運転禁止を守る事。電車旅の場合は、最寄りのバス停まで送迎あり。
c0198267_07244830.jpg

[PR]
by yamayukikawayuki | 2015-05-11 07:25 | ■旅鉄、飲み鉄、巡り旅 | Trackback | Comments(0)

イワナ釣り、そっちのけ。

 GWのお仕事が終わって、気分転換に釣り。最後の雪見を兼ねて、川歩きで有酸素運動が目的です。行く手を阻むような設計は予定通りですが、イワナは予定通りにはいかず、数尾ばらしながら山菜のソバナを収穫。これは太くて良いソバナが採れたと喜んでいたら、思いがけなく上質のコゴミに遭遇してしまった。こうなったら視線が行くのは岸部ばかりで、釣り気分はどこに!? まあ、良いではあ~りませんか。こんなコゴミはなかなか拝めません。
 それじゃあ、釣りは道連れ、山菜採りに変更だ。作戦も変更して、この際コゴミ畑を見つける事を目的にして、センサー始動です。倒れたシダを頼りにさまよっては進み、帰り道は荒れた杣道の別ルートで。これが吉と出て、小さいながらも今後もお世話になりそうなコゴミ畑に出会った。今日は良い日じゃないか! 見つけたコゴミ畑は次々に根を張って株を増やしている状態で、やや太めの株から細い株まで様々出ている。幾つかはもぎられた跡があり、地元の誰かは知っているようだ。山菜は良い採り時にきちんと採らないと旬を逃がす。そこの所が難しいね。
c0198267_06445336.jpg
c0198267_06452343.jpg

[PR]
by yamayukikawayuki | 2015-05-07 06:58 | ■山菜キノコ/山遊び | Trackback | Comments(0)

春の陽光、イワナ釣り。

 昨冬12~1月の極寒低温時が異常気象なら、今の晴れ続きの様相も異常気象になるでしょう。毎日20~25℃という信じがたい気温を記録しています。会津高原にあっては、7月のような気候です。GWに合わせてヤマザクラが咲いてくれて、白いモクレンの花が開いています。ミズバショウだって急ぐように咲き、早春の山菜も出て来ました。すっかり厳しかった冬を忘れたみたいに、あっけらかんと景色が入れ替わりました。
 日陰の林道に入ると雪がまとまって現れます。標高の低い川を巡り、イワナ釣り場を現地調査します。たどり着いたのは幾つかの堰堤を構えた小さい沢ですが、川岸に雪が残る早春にドライフライで遊べた実績を過去に持っています。まぶし過ぎるほどの陽射しで、残雪で照り返して直視できません。早春は特に生命力を感じる時期、川面も岸部も生き生きとしています。
c0198267_07574016.jpg
 釣れたイワナは天然カラー。時々15cmほどの個体が反応してくれます。イワナだけが生息している流れがひっそりとある。何も変わらずに、普通に流れている。そんな奥会津の自然の豊かさに、改めて感謝します。少し驚いたのは、早春にもかかわらずイワナの付き場から反応が返って来た事。早春でのポイントの多くのは、陽が当たっていて、比較的に浅目の流れで、小さい虫が飛んでいる、そんな条件が整う事がセオリー。なのに、この日のイワナたちは、もう捕食の臨戦態勢のようで、早く大きくなりたいと言わんばかりの元気さ。そんなに春先から飛ばすと痛い目に合うぞ。マイペースで育ってほしいね。
c0198267_07574939.jpg

[PR]
by yamayukikawayuki | 2015-05-01 08:09 | ■FLYFISHING/川遊び | Trackback | Comments(0)