<   2014年 08月 ( 8 )   > この月の画像一覧

9/3(水)、9/12(金)は休館となります。

 8月が過ぎ去ろうとしています。今年の8月は天候不順によりすべてが不作となりました。クワガタが不作、ホタルも多くない、南郷トマトは出荷遅れ、渓魚は雷雨でお預け、最後にお客様もお盆にもかかわらず悪天候で少なく、寂しい盛夏でした。賑やかだったのは異常発生のマイマイガ、今が咲き頃のソバの花。会津高原は秋の入り口に差し掛かっています。
 ソバの花は、左が遅蒔きでこれから成長するところ、右が早撒きで小さな花を付けているところ。自然が厳しい山里での知恵です。こうして2回に分けて種蒔きすると、台風でやられても遅撒き分が収穫できます。

 来週の9/3(水)、9/12(金)は仕入れのため休館となります。ご了承ください。

c0198267_17400802.jpg

[PR]
by yamayukikawayuki | 2014-08-29 17:43 | ・地酒、旬菜料理、業務連絡 | Trackback | Comments(0)

2014秋の里見スクール、参加者募集中です。

 8月売りの「フライフィッシャー」誌において、里見栄正ドライフライスクールの告知が掲載されました。猛暑の日々から一転、雨の多い8月になりました。こちら奥会津でもお盆の頃から秋雨前線と雷雨で水量がぐんぐんと増え、夏とは思えないようなコンディションになっています。
c0198267_05494269.jpg
 禁漁を間近に控えたこの時期には、ひと回り大きく育ったヤマメや、夏を越えた食い気十分のたくましいイワナが、エサの流下を待っています。ソラックスやパラシュートといったスタンダードなドライフライパターンでの釣り上がりを通して、参加者各人に合った的確なアドバイスをしていきます。ドライフライフィッシングの習得や向上には、最高のチャンスです。
 流れの読み方はもちろんの事、ポイントの見方、自分自身でのランディングまで、大切に記憶していって下さい。また、キャスティングにおいても、基本セオリーから立ち位置によっての応用まで、ビギナーからベテランまで参加者を選びません。
 東北の春の空気の中、素晴らしいフィールドが待っています。ぜひ、この機会に、ご参加ご検討下さい。

■日時:2014年9月20日~21日正午の1日半コース
■場所:奥会津の渓流郡(舘岩川、鱒沢川、湯ノ岐川、檜枝岐川など)
■集合:やまゆきかわゆきに当日朝8時集合
■定員:約8名
■料金:1泊3食講習費込み25,000円(1日目の昼食代含む、遊漁券代は別途個人負担)
■お酒好きには夕食時別途1000円で嬉しい飲み放題となります。
■注意:スクール参加者のお部屋は、男女別相部屋となりますので、ご了承下さい。

★少人数制のスクールです。なるべく早めのご決断をおススメします。
★お1人でのご参加が多く、その年齢層は20~70台と幅広ので、気楽にご安心下さい。
★7/22発売「フライロッダーズ」、8/22発売「フライフィッシャー」にスクール開催の告知が掲載されておりますので、併せてご覧下さい。

お申込み・お問合せ:やまゆきかわゆき
お電話 ➡ 0241-78-7262
メール ➡ ffhouse_yamayuki@ホットメイルシーオージェイピー
[PR]
by yamayukikawayuki | 2014-08-27 05:50 | ≫フライフィッシング/川遊び | Trackback | Comments(0)

晩夏の釣り、体力十分のイワナ。

 今年の夏も、もう少しで終わります。豪雪地帯の奥会津では、すでに秋風を感じるようになりました。秋のキノコの代表格であるマイタケが、菌糸を盛んに伸ばし始める頃です。秋の実りも悪くはなさそうですし、気がかりはやはり渓流のイワナたちですね。はてさてどんな感じでしょう。漁協のお仕事があったので、車で10分の身近な渓流に出掛けて来ました。何のことはない、業務にかこつけた2時間の釣りです。たまにはイワナの写真でも出しましょうね。
c0198267_13194271.jpg
 太っちょです。コンディションの良さは、夏なのに水量たっぷりの流れにあるようです。バテバテ感はまったくなく、ビュンビュンと走りまくる様は、梅雨時のそれと似ています。水量が多い流れの速さに付いて行けず、若干エサが捕りにくくなりますが、食事はしっかりと捕っているようですね。
 お盆期間中は台風と秋雨前線で晴れ間は多くありませんでしたが、お盆を過ぎてからは久しぶりの夏空が望め、加えて雷雨もやって来ています。水量の増減はありますが、多めの範囲内での増減です。川によっては多すぎる場合もありますが、おおむね良好な川の状況と言えるでしょう。夏休み後半は人出が減りますし、静かな晩夏の釣りが出来ますね。

[PR]
by yamayukikawayuki | 2014-08-21 13:29 | ≫フライフィッシング/川遊び | Trackback | Comments(0)

秋雨前線、夏キノコ、休館予定。

 気象庁が秋雨前線と言うから、”おいおいホントかよ”、と思っていたら、ちゃんと停滞してしまいました。冷たい空気はないので、夏の寒冷前線ではなさそうでしたが、不思議な夏になっています。早い梅雨入り、短期の猛暑、そして早い秋雨前線。予想を裏切るように地球は回っているみたいです。それでも気象庁は頑張っています。”もう批判は受けたくないぞ”という思いが感じられます。気象庁は後出しながらもこまめに予報を変えて、住民の災害予防と個人の健康管理を呼びかけていますね。過剰表現と思える時もありますが、近年にしてはダメはダメでも頑張っているかな。そう感じているのは私だけ?
 秋雨前線が乗っかったので、今年の夏キノコは超不作が決まりました。夏キノコは水分と暑さが必要です。水分+暑さ=蒸すような空気感。これが発生の条件です。その代り、秋の実りが順調に進んでいます。畑の物は遅れて収穫となっていますが、南郷トマトも最盛期です。もっとも秋雨ばかりじゃ良くないですから、日照も欲しいですね。たのせ地区での体験旅行ボランティアが日程終了した折、直売所に並ぶ野菜に「きみ」なる物。単純に「きび」を話し言葉で「きみ」と書いてしまっただけ。昨年も「しそ」を「ちそ」と書いていましたからね。少し笑えるお盆になりました。
c0198267_06204463.jpg
 木の実は今のところ順調に育っています。秋の木の実はヤマブドウが王様です。ここ数年変わらぬ収穫量に至っていますが、今年も大丈夫そうです。山も、近所も、当宿の採り場も、実が膨らんで来ました。今年はヤマグワがクマっ子に食べられちゃったので、秋の木の実採りに力を入れようと思います。ガッツリ採りますよ。
 その他のサルナシやマタタビはあまり確認できていません。おそらくサルナシは例年通りだと思いますが、マタタビは良好とはならないようです。当宿もマタタビは重要ミッションですが、2011年の新潟福島豪雨災害からまとまった収穫が出来ていません。具釣り的に採り場に行けなくなってしまった事は、もうどうしようもないですが、それに代わる採り場を開拓できていないのも事実。何とかしないと、ストックを切らす事態になりかねません。超ヤバい。
c0198267_06284104.jpg
 8月後半に入りました。近くの休館予定は、8/20(水)、8/28(木)となっています。ご了承ください。

[PR]
by yamayukikawayuki | 2014-08-18 06:30 | ≫山菜キノコ/山遊び | Trackback | Comments(0)

きれいな川は、どこでもきれい。

 ぽっかりと空いてしまった1週間。電話も静かなままで、FAXの着信がうるさいくらいにかかってくる。旅行サイトも集客に必死ですね。そんなに頑張っても、連続してやって来る台風の話題でニュースは持ちきり。頑張らなくちゃ何も始まりませんが、頑張ってもどうしようもない事だってあります。11号、12号、13号と発生しましたが、予想を裏切って、一番先に発生した11号の影響が大きくなってしまいました。奥会津は本州の真ん中に位置しているために、あまり直撃を受ける事はありませんが、風はそれなりに強くなります。
 台風接近の前に、久しぶりに川にお出掛け。当宿から車で10分で着いちゃう川ですが、言わずと知れたきれいな川。たまには下流の方でも歩いてみようと斜面を下ると、やっぱりきれいだ。大きな堰堤がある区間がもっとも川幅があるので、そこをはずせばだいたいは中規模渓流の典型的な渓相に出会える。イワナが6つ。20cm前後かそれ以下ですが、全部の個体がきれいだった。嬉しいね。庭園のようなきれいな川底を、お散歩気分で見渡しながら歩けば、たまにたま~にイワナに当たる。そんな川歩きが似合う川です。今も昔も、変わっちゃいない。
c0198267_14342913.jpg

[PR]
by yamayukikawayuki | 2014-08-10 14:37 | ≫フライフィッシング/川遊び | Trackback | Comments(2)

夏の奥会津、夏の釣り、夏の地酒、休館予定の連絡。

 奥会津も変わらず暑いです。30℃に達する日がありますが、朝晩は15~20℃くらいですから、夏らしい夏になっています。文字通りの盛夏でも、今夏は短期集中型の盛夏になりそうです。この分だと、8/20頃まででしょう。これじゃあいつもの夏と変わらないんじゃないの?、と思うかも知れませんが、今年の梅雨明けが確か8/5で、加えて台風が幾つかニアミス通過、比較的短いのは間違いないんです。
 釣りの方は、釣り人が少なくて、釣りに来た人には好条件ですね。釣り人が多い週末と、少ない週末が、はっきりと分かれていますので、川選びを含めて状況判断が必要になります。それでも盛夏にしては水量は維持しているし、水温も思っていたほど上がっていない。広葉樹の森が作る良好な自然環境によって、渓流は恩恵を受けています。バッタと羽アリと小さい蛾(蝶?)の3本柱。かなり前の話になりますが、7月末にホッパーで尺ヤマメ3連発なんて人もいました。イワナの土地で尺ヤマメですから、驚きますよ。
 南郷トマトが出荷に大忙し、夏野菜の旬の季節です。それと夏の地酒、会津娘「つるし」が8/6に発売。しっかりと仕入れてありますよ。一緒に国権の「純米原酒」、磐城ことぶきの「海の男酒」も入りました。夏には夏の野菜と、夏の地酒が合いますね。夏のキノコは不作と言って良いでしょう。残念ながら、キノコの発生が不規則で、まとまった収穫には至りません。それでも運良く食べられるお客様もいますが、あまり当てにはしないでいて下さい。こればっかりは、どうしようもありません。

 最後に休館の予定です。8/13(水)、8/20(水)は、仕入れのために休館となります。ご了承ください。
c0198267_10022825.jpg

[PR]
by yamayukikawayuki | 2014-08-08 10:02 | ≫フライフィッシング/川遊び | Trackback | Comments(0)

残暑お見舞い。

暦が8月に入って、いよいよ盛夏の真ん中になりました。
皆さん、お身体を大切に、どうかお気を付け下さい。
こちら奥会津は朝は16~20℃、日中は25~30℃となっています。
心身ともに元気だからこそ、趣味も楽しめます。
お互いに笑顔でお会いしたいと思います。

c0198267_22284090.jpg

[PR]
by yamayukikawayuki | 2014-08-07 22:30 | ・奥会津ライフ | Trackback | Comments(0)

2人で歩くという事。

 人生ではいろいろあるもの。子供にだって、大人にだって、おじいちゃんにだって、いろいろあるもの。だから彼女にもいろいろあるもの。2年振りの彼女は、素敵な女性に変身していた。屈託のない笑顔には、充実している今を楽しんでいる喜びが見えて、尾瀬を散策したりする自然派行動には、等身大で無理をしない自分が表れているよう。
 旦那さんにもぜひフライフィッシングを体験させたい! 仕様がないなあ。という事で、せっかくだから美しい渓相美の鱒沢川へ。普段は教える事のないフライフィッシングのノット、キャスティングのいろは、ポイントの見方などを簡単に。それでもしゃべり続けると2時間後には声がかすれる。歯も数本抜いちゃったし、スカスカ声だし、聞く方も聞き取りにくいし。
 キャスティング練習していると、奥さん(彼女)にイワナが釣れた! 何てことだ! 急いでカメラを取り出しファインダーを向ける。旦那さんがね。20cmには満たないサイズのイワナだが、自然繁殖か稚魚放流が育ったものだから、魚体はきれい。それを喜べる二人は立派なフライフィッシング愛好者であり、時間を楽しむ事が出来る大人だね。

 数枚しか写真は撮らなかったけれど、その中に気持ちが伝わってくる絵が1枚あった。
c0198267_07501289.jpg


[PR]
by yamayukikawayuki | 2014-08-04 07:51 | ≫フライフィッシング/川遊び | Trackback | Comments(0)