<   2014年 06月 ( 8 )   > この月の画像一覧

掃除機を買いました。

 1階用の掃除機を新しく購入しました。と言っても、この写真にあるミルクチョコの掃除機ではありません。これじゃあ臭いは吸いますが、吐く力の方が強くて使い物になりません。当宿は小さい宿なので、一般の家庭用掃除機で十分なんです。1階用は今回で3台目になります。ちなみに2階用は吸い込む物がおおかた決まっているためか、開業当初の1台目です。
 東芝の大ヒット掃除機に「トルネオ」がありますが、その小型版の「トルネオミニ」シリーズにしました。決め手は軽さ。持って掃除機をかけられる事が重要です。過去2台はスティックタイプでしたので、3台目も行き着く機能性は一緒です。ゴロゴロ本体を引きずっていると壁や備品を壊しかねないので、軽量コンパクトは最も譲れない機能でした。
 今のところ軽快に活躍中。写真の掃除機のような鼻を持った犬も、軽快です。今年は気温が涼しい日が多いので、犬の気分も良いのでしょう。良~く寝ています!
c0198267_10092381.jpg

[PR]
by yamayukikawayuki | 2014-06-30 10:10 | ■奥会津ライフ | Trackback | Comments(0)

新規開拓2014-2ヵ所目

 時間が出来たので釣り場の新規開拓、車で30分位の場所にある渓流です。昨年初めて釣りをしましたが、今回は少し上流部へ入渓します。当初は下流部へ行こうと思っていましたが、車を隠すように止めているエサ釣りさんがいたので、避けてみました。アスファルト舗装のきれいな道が沿っているのであまり気乗りはしませんが、想像していたものより雰囲気を持った渓流でしたので嬉しかったですよ~。イワナは5尾、最大は25cm弱位。4尾目のイワナを写真に納めようとしてあ~だこ~だしていたら逃げられてしまいました。4尾目は大きくはないですが、20cmちょっとのサイズで真っ黒助な個体でした。
c0198267_06114643.jpg
 水量は通常の倍近くあったと思いますが、岩に苔が付いていて、先入観をくつがえす良好な渓流です。道が沿っているので魚影は決して多くありませんが、丁寧な釣りをすれば2時間で10尾のコースになりそうです。水量の影響もあってか、ほぼ巻き中心のアタリがイワナの棲み家らしい。イワナはイワナらしく、生きています。黒助イワナはサビではなく、超ビビりながら生きているので、けっこうな物陰にじっとしていたんでしょう。水量が落ち着くとめったやたらには姿を見せなくなりそうです。
c0198267_06115871.jpg
 マスタケの幼菌が発生していました。週末のお客様のおかずにしようかと悩みましたが、黒助イワナを見た後なので、そっとしておきました。ほかにも、ナラタケモドキ(通称サワモダシ)、雄ジカの角付き頭蓋骨など、良いものたくさんありましたが、すべて自然にお返しします。そんな日も良いでしょう。

[PR]
by yamayukikawayuki | 2014-06-28 06:24 | ■FLYFISHING/川遊び | Trackback | Comments(0)

お写真拝借。

 お客様からお写真拝借。日曜日の川で、きれいなヤマメです。梅雨の季節感がなんとなく感じられます。大物というわけではありませんが、幅広で、なでなでしてやりたくなるような個体です。
 今週は天気が安定しています。釣り日和が続きそうです。だからかなあ? 6/21は満室につき、お部屋がありません。ご了承下さい。21日だけが釣り日和じゃないですからね。
c0198267_09335743.jpg

[PR]
by yamayukikawayuki | 2014-06-17 09:39 | ■FLYFISHING/川遊び | Trackback | Comments(0)

奥会津の早い梅雨入りとぴーなっつ最中

 梅雨入りして1週間ですが、本当に梅雨空が1週間続きました。例年ですと、梅雨入りまでに川は減水傾向となり、梅雨入りして水量が戻るという流れでしたが、今年は減水することなく梅雨入りです。関東甲信越地方にまとまった雨が降っていますが、東北では太平洋側を中心に雨です。今日(6/12)は宮城県が雨マーク、福島県内は中通り浜通りが雨、会津地方は曇り時々雨になっています。会津地方をもっと詳しく話すと、午前中は降水確率30%、午後が20%。しかも北に向かうにつれて晴れマークが出ています。だから、今日のお客様は只見方面のライズの川に向かいました。当宿から車で1時間ですので、十分に射程距離圏。川をひとり占めしている確率90%ですよ! ちゃんと天気予報見ている人だけが、ちゃんとした釣り場に行けます。気温は23℃くらい、平年並みでしょう。
 ぴーなっつ最中をお土産に頂きました。数年振りのぴーなっつ最中です。もう半分消えてなくなりました。ごちそう様です。
c0198267_09124712.jpg

[PR]
by yamayukikawayuki | 2014-06-12 09:14 | ■FLYFISHING/川遊び | Trackback | Comments(0)

ニセアカシヤが咲く。

 小さく鈴なりに房ごと咲いている白い花はニセアカシヤ。ニセアカシヤは帰化植物で、大元は中国です。しかもニセアカシヤの名前は通称名で、正式には「ハリエンジュ」と言います。針の付いた槐樹の木ですが、エンジュは「延寿」に通じていてエンジュ自体は歓迎される樹木です。エンジュの木で作ったお椀や木工製品は北海道で良く売られていますね。でもエンジュにハリが付いていたらお目出度さも目減りしちゃうでしょ。ニセアカシヤという通称名だってウソっこですから。
 アカシヤの蜂蜜はポピュラーな食べ物ですが、実はアカシヤの花の蜜ではありません。そんなにたくさんのアカシヤの木が日本全国に自生しているわけもなく、これはニセアカシヤの花の蜜なんです。アカシヤの蜂蜜として売られている蜂蜜は輸入品が多くを占めますが、その輸入元は中国です。ただし、あまりにも安価で売られている物は、さらに添加物が加えられていますから要注意。
 ニセアカシヤは嬉しくないねと思っちゃいますが、そのお花だけは美味しいんです。先日はフジの花の天ぷらの話をしましたが、今はニセアカシヤの花の天ぷらに変わりました。でも、花の命は短くて…ですので、今週まではお出し出来そうです。ニセアカシヤで食べられる部位は花だけです。「なんとか県民カミングアウト!」というTV番組では、長野県民の大好物と紹介されていました。そんなに美味しいのかと興味を持つ人もいると思いますが、そんなに美味しいんです。本当です。すぐに来てくれたら、食べられるかも知れません。
 写真は土曜日の天ぷらタネです。ニセアカシヤ、ニンニク坊主、クワの若葉。お泊りのお客様は、全員がニセアカシヤデビューとなりました。
c0198267_09230191.jpg

[PR]
by yamayukikawayuki | 2014-06-10 09:24 | ■地酒、旬菜料理、お知らせ | Trackback | Comments(0)

新規開拓2014-1ヵ所目

 今年も始まった渓流シーズンは、ベストシーズンに入っています。山々には雪はありますが、沢にだって雪は残っていますが、イワナたちはエサ取りに夢中のようです。水温が10℃だって、倒木が多くたって、お食事が最優先みたいですよ。すでに毛針は大きくても大丈夫です。まあ、自分は春先から#10ですが。
 今シーズンもそこそこ時間が作れそうなので、釣り場の新規開拓にいそしもうと。”時間が作れる”と言うよりは、”時間が勝手に出来てしまう”と言った方が正しいのですが、有効に使わない手はありません。現地調査や新規開拓で川に出た回数はもう9回目になりますが、開業当初の頃を思い出しますね。
c0198267_15294206.jpg
 でっかい堰堤に到達する事は予定通りでしたが、二段堰堤でした。その前の流れは複雑で、ウキウキしながら毛針を投げてもうまい事行きませんが、ぽってりしたイワナさんが1尾姿を現してくれました。二段堰堤を四苦八苦しながら上段へよいしょと踏ん張ると、そこには小さな虹がお出迎え。でも退渓に使えるステップはコンクリートにはなし。さらにトップ目指して踏ん張ると、そこでもステップなし。なかなか出来ない体験をしてしまった。
c0198267_15295117.jpg
 一息入れて、山側をがさごそと進んで、トップのインレット部をぐるっとまわる。大小入り乱れてのイワナ君がうようよしているなんて、アンビリーバブルな光景でした。そこで、足元に紙切れを発見。エサ釣り用仕掛けの安物巻き取り紙でした。なーるほど、ここからが本番だったのかも知れないね。が、しかし、タ~イム・アップ。宿題をやり残してしまったが、1.5km以上は釣り上がったので、許して下さい。
c0198267_15295934.jpg


[PR]
by yamayukikawayuki | 2014-06-06 15:30 | ■FLYFISHING/川遊び | Trackback | Comments(0)

ヤマフジの花。

 日当たりの良い渓流沿いには、フジの花が咲いています。少し風が強いと花がぱらぱらと道路にまで落ちて来て、ヤマメ釣りの良い季節なんだなと思い出させてくれます。季節の山菜の天ぷらでは、タネを変えて3種類ほどお出ししていますが、日本人なら誰でも大好きでしょう。ここ1週間は、クレソン、ヤマグワの若葉、そしてヤマフジの花がメインになっています。お花の天ぷらは美味しいんですよ。
 お花の天ぷらは花芽のつぼみの状態のものを使用します。咲きかけていると、ノミみたいな虫が付いてしまい、また重たくなって、粉が付きにくくなります。粉は付くんですが、ぱらぱらと軸から取れちゃうんですよね。という事は、決して長い期間食べられるタネではないんです。奥会津のヤマフジはもう満開に近い色付きをしています。つぼみはなかなか探せない。日陰にある花を物色して、タネを集めて来るしかないですね。
c0198267_08091376.jpg

[PR]
by yamayukikawayuki | 2014-06-05 08:09 | ■地酒、旬菜料理、お知らせ | Trackback | Comments(0)

代わりのベッドで記念撮影。

 最近は雷が多くなりました。特徴は、雷と風がセットでやって来て、雨は短時間集中もしくはあまり降らず、昼でも夜でも時間を選びません。数日前は夜明け前の一番気持ちが良い時にゴロゴロビュービュー、睡眠の邪魔をされてしまいました。犬は二度寝で静かな朝でしたが、人はもう無理。自分は5:30起床。
 近年の変わりやすい気候は、奥会津に限った事ではありませんが、気温も5月らしくない上がり方です。25~27℃の日がすでに数日あって、盆地の会津若松では30℃超え。「奥会津の27℃なんて関東に比べれば大したことないでしょ!」と思っているあなた、朝は8~10℃ですから気温の変化が3倍あるんですよ。釣り人が訪ねて来て、「今日は寒いですね」なんて良く言われますが、そんな日はだいたいが平年より3~5℃高い日です。人も温暖化の気温になれてしまったのか、感覚がずれているような釣り人が増えている気がします。
 川には雪があります。ある程度の標高を超えると残っています。また標高がある程度にならなくても、自然環境の条件が揃うと雪が出て来ます。別に雪があってもイワナは大きな毛針に飛びつきますが、なんだか7月の奥地で釣りしている気分です。懐かしくもありますが、やっぱり気候はいつもの気候に戻ってほしいですね。日本ですから、四季を楽しみながら、川を歩きたい。
 今回はちゃんとベッドありで写真です。川は違いますけど、イワナは28センチもありました。ベストシーズンに片足入った、って感じでしょうか。季節の変り目にあって、#12前後のカディスパターンにも良く反応するようになって来ました。どうやら水の中は、食欲旺盛のようです。
c0198267_09354455.jpg

[PR]
by yamayukikawayuki | 2014-06-01 09:40 | ■FLYFISHING/川遊び | Trackback | Comments(0)