<   2010年 05月 ( 12 )   > この月の画像一覧

沢筋の季節、飛び出すイワナ。

c0198267_16291028.jpg
 ぐずぐずの天気が続いていますが、回復基調に入りました。水温11℃で#12カディスに食い付くので、全開宣言をしてもいいでしょう。さらに上流部の沢筋に入渓したお客さんも反応は良好だったとの事ですから、盛期に入った模様です。
 20センチのイワナでもきれいな魚体には違いありません。自分は満足感でいっぱいですので、食材の収穫に精を出します。ターゲットはミヤマイラクサ、通称アイコ、イラ、エラ、イラクサなんても呼ばれています。アイコが最も通じやすいですね。”東北の山菜の王様”の位置づけにあり、どのように食べても甘さがあって美味しい。確かに”王様”です。ここのところ夕食のメニューには必ずお出ししていますので、楽しみにお出で下さい。
[PR]
by yamayukikawayuki | 2010-05-31 16:36 | ≫フライフィッシング/川遊び | Trackback | Comments(0)

春のヒラタケ。

c0198267_10104089.jpg
 狙って歩いているわけではありませんが、立派なヒラタケが採れました。その日のお客さんに天ぷらで、サクサクっと。春のヒラタケはたまに見かけるのですが、こんなにしっかりしていて、時期も食べ頃のものは初めてです。ヒダがピンと張っていて、弾力が素晴らしい。自分たちで食べれば良かったと後で後悔至極。うーん、もったいなかったかな。
[PR]
by yamayukikawayuki | 2010-05-29 10:14 | ≫山菜キノコ/山遊び | Trackback | Comments(0)

森化けの渓。

c0198267_2014193.jpg
 木化け石化けと言われる渓流釣りに、森化けも加えて欲しい。萌黄色から新緑へと移り変わる今の時期、幸福感を味わえる場面はそう多くはない。快晴に恵まれ、自然に包まれた午後、1人マイペースで釣り上がる時間。もう、好きにして下さい。
[PR]
by yamayukikawayuki | 2010-05-27 20:17 | ≫フライフィッシング/川遊び | Trackback | Comments(0)

ひょうきんイワナ。

c0198267_2372829.jpg
 美しい森の川でこの日唯一の釣果、おとぼけた顔のイワナです。1週毎に森の緑が濃くなって、少しづつ太陽を隠すようになって来ました。こうなるとイワナの釣りの盛期、カディスパターンが主役になります。浮かべておくだけでワクワクしますよ。
 全国的な雨は、こちらを避けて通って行ったようです。普通の雨で終始し、夕方は薄日が射すなど、明日の天候の好転を教えてくれました。しかも気温は高めの予報。ウンの良いお客さんもいるものです。
[PR]
by yamayukikawayuki | 2010-05-24 23:14 | ≫フライフィッシング/川遊び | Trackback | Comments(7)

イワナの色。

c0198267_7433525.jpg
 FFスクールが終わって一息です。これからがFF宿として稼業本番のやまゆきかわゆきですが、今年は河川チェックに精を出そうと思っています。同時に山菜チェックも大きな目的のひとつですが、毛鉤を投げたり草を採ったり、何とか両立させながら季節を楽しみたいと思います。
 昨年お客さんにイワナが「湧いた」川を調査。今年はイワナは湧きませんでしたが、うっとりするような宝石のようなイワナに会いました。2つほど小規模な堰堤を越えて出会うイワナは黄色いビーズの服を着たニッコウイワナ。写真は大きいのですが、サイズは20センチありません。毎年2~3尾の記憶に残るイワナに会いますが、今年は早々と1尾目です。
 映画「リバーランズ~」に従えば、「神が創りたもうた創造物」となるのでしょうか。人工的には表わせない色があります。黄色いビーズの服のイワナもそうでしょう。きっと仏様の仕業ですね。

 舘岩川がもっとも良い時期に来ています。FFスクールからトップシーズンに入ったようで、ミドリカワゲラがハッチの中心になっています。どちらかと言うと、ブユとカディスは意識する必要はなく、メインをカワゲラに置いて今後増えて行くアントを保険に考えて下さい。毛鉤のサイズは#14ですが、#10~12のパラシュートでも対応可能。食い気が強いですから、先行者がいても間を空けて行けばライズは見れます。もうこれ以上はしゃべりません!
[PR]
by yamayukikawayuki | 2010-05-20 08:03 | ≫フライフィッシング/川遊び | Trackback | Comments(2)

新メニュー、鶏肉のタタキ風バジルソース。

c0198267_1051522.jpg
 今年のGWから新メニューが加わりました。評判もそこそこ好感触ではと感じています。もともと牛肉料理が多くはない自分たちですが、それだけに豚肉と鶏肉にたいしての愛着はあります。夏には会津のブランドトマトの南郷トマトが出回りますので、香草ソースがひときわ美味しくなりそうな予感がします。
 即効食いですと30秒で胃に流し込まれてしまいますが、お酒との相性も良いですので、食事の時間を楽しみましょう。だってお代わりは出来ませんからね。もったいないですよ。
[PR]
by yamayukikawayuki | 2010-05-16 10:10 | ・地酒、旬菜料理、業務連絡 | Trackback | Comments(0)

ハル、8歳の日。

c0198267_7533216.jpg
 犬の誕生日です。宿が9年目ですので、犬は8歳になりました。お祝いは恒例のホネガム、もう近づきすぎています。指までかじられそうですが、そこは賢い犬種なので大丈夫。大興奮していなければ、あまりかじられる事はありません。あまりですが。
 予測できない天候が続いて、GWの晴天が嘘のようです。岡本哲也FFスクールが開かれますが、ちょうど合わせたように晴れの予報が出ています。事前の河川チェックでは良好ですので、何かひとつ、ふたつ、みっつと、自分のものにしてほしいですね。
[PR]
by yamayukikawayuki | 2010-05-15 07:59 | 看板犬ハル♂の冒険 | Trackback | Comments(0)

今はカタクリの花が咲く頃。

c0198267_8351786.jpg
 リコーCX2にも若干の慣れが出て来ましたよ。会津にも春が訪れ、野鳥のさえずりや山野草が花を開かせています。会津高原は標高約900mですが、いたる所で春の芽吹きが見られます。
 カタクリの花がちらほら、山菜の収穫時に目に付くので、しばし撮影タイム。訂正します、撮影の練習タイム。ズームマクロ、フラッシュ無しで数枚撮って確認します。そこそこ見られる写真になって来ました。ご覧の皆様、どうぞお笑いあれ。
[PR]
by yamayukikawayuki | 2010-05-12 08:40 | ・コンデジ&風景写真 | Trackback | Comments(0)

庭のコゴミがひょっこり顔見せ

c0198267_1535362.jpg
 数年前の近くの野山から移植したコゴミがニョキニョキと顔を出しました。季節が伝わって来るって、嬉しいですね。夕食のメニューも山菜料理が多くなって来ました。コゴミは天ぷら、和え物、汁の実などに活用できて、非常に応用範囲が広い春の山菜です。もうすぐ開いてしまって、コゴミの季節も終わりになるでしょう。
 これからの山菜は、コシアブラ、ハリギリ、ヤマミツバ、ミヤマイラクサなど。もちろんそのままメニューにもなりますので、その日に採れた山菜が食べられます。特にコシアブラは人気ですが、今週末あたりから収穫に入りそうです。コシアブラのメニューはひたすら天ぷらに限ります。パリパリ感に山の風味、ほんの少しだけの感じる油分、絶妙です。
[PR]
by yamayukikawayuki | 2010-05-11 15:42 | ≫山菜キノコ/山遊び | Trackback | Comments(2)

3年振りの天然イワナの川

c0198267_8504521.jpg
 3年に一度だけ解禁する川があります。地元の生活用水の取水のために、水源を守っているからですが、3年目の今年は解禁となりました。サイクルが守られれば、来年、再来年は禁漁になります。いち早くドライの釣りが楽しめる美しい川は、川岸に時折雪を見せながら、早春の季節を楽しませてくれます。
 3年前は4/20にはすでにドライで好反応でした。今年はちょっと遅れて、4月末からドライに反応し、GW終盤には27、27、29と、ものの30分で気分も揚々と満足感に浸ったお客さんもいました。ひと雨降った翌日、漁協の仕事を切り上げて入渓したところ、先行者なしに恵まれて天然イワナに出会えました。ライズも2ヵ所で目撃し、いよいよこれから楽しくなるぞという時に、雨です。あ~あ。

 5/15、16開催の岡本哲也FFスクール、今年は少々参加者が少なく、まだ定員に空きがあります。7名の少人数制、ワンデイ仕切り、参加者にとってこれ以上のものはありません。あきらめずにお問い合せ下さい。
[PR]
by yamayukikawayuki | 2010-05-10 09:03 | ≫フライフィッシング/川遊び | Trackback | Comments(0)