<   2009年 04月 ( 4 )   > この月の画像一覧

ドライの釣り、開幕!

c0198267_21441428.jpg 天気が今日1日は晴れ。ドライの釣りが出来るのかチェックに出掛けました。水量も水の色も、状況は良好です。驚いた事に大きめのカゲロウが飛んでいます。こんなシーズン初めは過去には無かったかも知れません。

 早春では中層以下に張り付くイワナは多く、何度フライを流しても反応には漕ぎ着けません。それでもドライの釣りは上々。1/2の確率で、脈ありのようです。気持の良い時間を楽しみました。

 フライを見切ったイワナを相手に少々遊びます。自分らしくもなく、パラシュートからヘアウイングダンにローテーション。うにうにしながらネットインのイワナは稚魚放流から育った個体らしく、細かい模様が印象的。キレイです。

 13:30~16:00で8尾。バラシは2尾。ヤマメ3尾、イワナ5尾。ヤマメがフライをひったくる瞬間は、近づく魚体には気付きもしません。いきなりです。
c0198267_21444226.jpg 何と珍しくエノキダケを発見。量は少なそうでしたので、収穫は遠慮しました。自分の大好物ですが、今日は河川チェックが目的。週末の食材のみを調達して帰ります。

 大きい声で、ドライ解禁です。

 4/20頃から反応しそうでしたが、立て続けに所用があり機会がありませんでした。今日改めて、好調さを確かめられました。これで、ひと安心です。

 春の釣りの条件はたったひとつだけ、天気です。晴れの日に楽しむ事をお勧めします。
[PR]
by yamayukikawayuki | 2009-04-24 22:03 | ≫フライフィッシング/川遊び | Trackback | Comments(0)

ひと月先の湯ノ岐川

c0198267_9474480.jpg これからヤマザクラが咲く会津。もちろんフジの花はまだまだ先の話です。山の花は小ぶりですが、色は鮮やかで、いつしか心に残って行きます。

 フジは日当たりの良い場所にあります。その多くは花を付けても手の届かない高い位置にあります。都市部の公園で見るフジはトンネル状だったり、記念撮影目的の格好だったりと、自然にとは言い難い鑑賞用です。

 川を歩くと出会う風景は、その道中をささやかに飾ってくれます。そのままの自然が鮮明に目に映る季節。会津の春はもうすぐです。花を目当てに釣り歩く川を決めるのも、悪くはない。いいものでしょう。

 早春のマンサクの花は、舘岩川、鱒沢川で見る事が出来ます。GWからのフジの花は、湯ノ岐川の他、小屋川でも見られます。

 楽しみが少し増えたような。気のせいかな。
[PR]
by yamayukikawayuki | 2009-04-22 09:59 | ≫フライフィッシング/川遊び | Trackback | Comments(0)

ついに来ました、CS4

c0198267_14384924.jpg ノートブックPCがWIN機に変わりました。ACERで6万円也。技術の進歩ですね、サクサク感が違います。振り返ればMACのCPUはIBMのPOWER-PC。二つ前の時代ですね。

 WIN機と同時に当宿HPもWIN版で制作しなければなりません。IBMビルダーが一般的でしょうが、アドビGOLIVEからアップグレード対象中でしたので、迷うことなくDreamweaverCS4に決定! タグ打ち&CSSの世界に入って行きます。ゆっくりですが、、、。

 4万5千円がお得なアップグレード対象で、2万5千円也。気が付いて良かった~。当宿HPをいろいろといじりたい気持ちもあったので、ワクワク感があります。まずはマニュアル本を購入して、スタート。

 あっ、大きな壁が目の前に!
 う~、残念!
 只今休止中!
 早期のリスタート、望む!
[PR]
by yamayukikawayuki | 2009-04-04 14:50 | ・奥会津ライフ | Trackback | Comments(0)

ケロ、ケロ、ケロミン♪

c0198267_1432193.jpg カエル君はお客さんが連れて来た電子音楽の楽器です。テルミンの応用版で、ジワジワと盛り上がって来ているそうです。そこそこのフライロッド1本分のお値段で、購入者は「里親」と呼ばれ、ひそかに喜んでいるとか。

 昨年あたりからメディアにも登場し、色んな施設などに招かれて数人の里親で演奏を披露したり、ある意味社会貢献も担っている。里親いわく、見せたい気持ち聞かせたい気持ちが心の底にちょびっとあって、自己満足もほどほどにいい感じのよう。

 演奏は極めて場数と指先の鍛練によるところが大きいような。口のパクパクでアコーディオンのように空気を調節し、クワークエーと音を出す。いじらせてもらったが、モードや音質の調節スイッチが各種あり、やはり場数が必要でした。でも、もっとも必要なのはケロミン仲間ですね。

 これから数か月、梅雨を迎える頃には、またまた各方面で登場しそうです。はっきり言える事は、昨年よりも今年の方がにぎやかにケロケロするでしょう。
[PR]
by yamayukikawayuki | 2009-04-01 14:16 | ・奥会津ライフ | Trackback | Comments(0)