カテゴリ:■地酒、旬菜料理、お知らせ( 125 )

2016-2017シーズン、冬のスキーボード宿泊料金。

 2016年12月~2017年3月末までのスキーボード宿泊料金のお知らせです。消費税8%が延長になりましたので、今冬も変更なしになります。北日本(=東北+北海道)の降雪が早いので順調に冬へと移りつつあるように言われていますが、昨年の降雪も11月中旬の同じ頃にありました。何かと都合のいい理由を並べて気持ちを落ち着かせたい人間の言う事。異常すぎる昨冬の降雪量の少なさは、せめては解消される事でしょう。豪雪地帯の底力でたかつえパウダースノーの復活を年末まで待ちましょう。
 今シーズンの会津高原たかつえスキー場は、2016年12/17(土)のオープン予定となりました。今日(12/5)から数えると2週間たらずですので、この予定ははなはだ疑わしいですね。人工降雪機を使って1~2コースのオープンがやっとでしょう。もしくは団体宿泊客がホテルに入っていなければオープン延期か。例年であれば、クリスマスの頃にはゲレンデの50%、年末にはゲレンデの70%が滑走可能となります。当宿もクリスマス過ぎの頃から、皆さまのお越しをお待ちしています。

 まず毎シーズン変更になる観光協会の宿泊パックについて、ご利用のお客様にはわかりずらくなっている事をお詫びします。今シーズンはそれも比較的シンプルになり、かつ利便性が向上した部分もありますので、ぜひご利用下さい。「雪マジ」キャンペーン、「雪マジ福島」キャンペーンも継続中です。両キャンペーンに該当するお客様には当宿も別途宿泊料金を設けています。ご予約時にご相談下さい。

■当宿オリジナルの家族パックは昨シーズンの料金から変更はありません。1年中適用です。詳しくは、当宿HPの宿泊料金にて、ご確認下さい。お子さんのおられるご家庭には、当宿の家族パック+たかつえスキー場の親子券がおすすめです。

■たかつえスキー場1日券付き宿泊パックについては、土日・3連休・年末年始であっても、いつでも宿泊パックをご利用できます。今シーズンも継続となり、3シーズン目になりました。加えて発行枚数限定ですが、地域振興券500円分もおまけで付きて来ます。嬉しいですね。
 
 たかつえスキー場宿泊パック、シーズン中特別日なし、年末年始でも3連休でもOK!
 1泊2食税込み10,300円です。(実質は宿泊7800円+リフト券2500円となっています。)
 但し12/31のみは10,700円(8200円+2500円)となります。
 南会津4スキー場内の同一スキー場で2日滑る予定の場合は、下記の2日券付き宿泊パックが最安となります(追加リフト券は3000円)。

■【宿泊パック新設】たかつえスキー場2日券付き宿泊パックについては、変更になりました。原発補助金等の投入による昨シーズンまでのびっくり価格は廃止になりました。年末年始を除きシーズン中の週末平日関係なく、シーズン通して2日券付き宿泊パックが誕生しました。同じく地域振興券500円分も、おまけで付きて来ます。

 たかつえスキー場2日券付き宿泊パック、年末年始除外日(12/29~1/3)を除いてシーズン中OK!
 1泊2食税込み11,800円です。(実質は宿泊7800円+リフト2日券4000円となっています。)
 12/28からの2日券はOKですよ!
 滑る初日に1日券にするか2日券にするか決める必要があります。
 2泊以上で3日以上滑られる場合は、日程も含めてお気軽にご相談下さい。
 ※適用不可日:12/29(木)~1/3(火)。

■他3スキー場のリフト券付き宿泊パックについては、今シーズンから料金が共通となります。

 ジョイフル本田宇都宮店でタイミング良く犬のエサを購入して来ました。それも1年分!! 12kgで税込み3748円の地域最安値で、大量10袋のまとめ買い。ヨーヨーはただ今4歳の立派な成犬、男盛りを迎えています。時々余計なものをかじってお腹を下すのが困りものですが、たとえお腹ピーピーでも気持ちは元気いっぱい状態です。これからの季節はボーダーコリーならではの活躍が期待できます。跳んで、走って、急ブレーキ、急発進の楽しい雪遊び。それに付き合う飼い主はまんざら嫌でもありません。
c0198267_09145840.jpg
やまゆきかわゆきは、奥会津を楽しむための宿です。
フライフィッシングで自然渓流デビューなら、首都圏からほど近いみちのく会津がベストです。
パウダースノーのたかつえスキー場なら、車で1分の至近距離。
天気予報を確認してからの直前予約も大丈夫です。
お一人様のフライフィッシングのご宿泊は、特に歓迎です。
お気軽にお問合せ、ご予約下さい。
やまゆきかわゆきHPは、http://www.maroon.dti.ne.jp/yamayuki/
やまゆきかわゆきFBは、https://www.facebook.com/Yamayukikawayuki

[PR]
by yamayukikawayuki | 2016-12-05 09:16 | ■地酒、旬菜料理、お知らせ | Trackback | Comments(0)

2016冬の蔵出し始まる。

 秋あがりが終わって、いよいよ冬の蔵出しの時期になりました。近頃の会津の蔵元は年がら年中蔵出ししているので、それもいいのかどうか。定番ものと季節ものに大別されるので、そこはきっちりと季節もの重視で当宿はやっていきたいですね。会津地方の蔵元が競い合っている事は嬉しいですが、売れる酒造りばかりをされると魅力はなくなっていってしまいます。受け継いできたものを伝える酒造りを大事にしてもらいたい、そう思います。
 今回は人気の「泉川ふな口本生」を中心に、数えたら9本も買ってしまったではないか。久しぶりにやっちまったな。泉川ふな口、泉川純吟、陣屋大吟醸、陣屋純吟、廣戸川純吟、会津娘本醸造、おまけに田酒特純など。おまけの田酒はラインナップに復活予定です。よろしければ、どうぞ~。
c0198267_10081781.jpg
やまゆきかわゆきは、奥会津を楽しむための宿です。
フライフィッシングで自然渓流デビューなら、首都圏からほど近いみちのく会津がベストです。
パウダースノーのたかつえスキー場なら、車で1分の至近距離。
天気予報を確認してからの直前予約も大丈夫です。
お一人様のフライフィッシングのご宿泊は、特に歓迎です。
お気軽にお問合せ、ご予約下さい。
やまゆきかわゆきHPは、http://www.maroon.dti.ne.jp/yamayuki/
やまゆきかわゆきFBは、https://www.facebook.com/Yamayukikawayuki

[PR]
by yamayukikawayuki | 2016-11-16 10:09 | ■地酒、旬菜料理、お知らせ | Trackback | Comments(0)

もうすぐ禁漁、営業状況。

 福島県の渓流釣りは9/30までとなっています。残すところ数日ですが、曇り雨が多い日々が続いており、気温は平年よりも暖かくなっています。川の水量は申し分ないくらいしっかりしているし、シーズンラストとはいえ尺上も姿を現しています。あまりあちこち駆けずり回らず、いつもの川でラストの釣りをしたお客様が、比較的良い釣りになっていますね。昨日はお客様お一人で尺上イワナを2尾、加えて数も釣れるというめったにない釣果となりました。そんな人、いるんですねえ。
 当宿やまゆきかわゆきは、9/29(木)泊分をもって釣りシーズンの営業を終えます。ご存知の方も多いとは思いますが、9/29の夜はビールや地酒が飲み放題となります。会費制ではなく、本当に無料の飲み放題です。そしてまた来シーズンにお互いに元気な姿でお会いしたいと思います。お部屋もまだ余裕がありますので、どうぞいらして下さい。お待ちしています。
 南郷トマトが小粒になってきました。これはこれで可愛いですね。ソバ畑は稔りの色、田んぼは稲穂の黄金色、ヤマブドウは葉を赤くしてこちらを向いています。奥会津は秋の真ん中になりました。
c0198267_22224421.jpg
やまゆきかわゆきは、奥会津を楽しむための宿です。
フライフィッシングで自然渓流デビューなら、首都圏からほど近いみちのく会津がベストです。
パウダースノーのたかつえスキー場なら、車で1分の至近距離。
天気予報を確認してからの直前予約も大丈夫です。
お一人様のフライフィッシングのご宿泊は、特に歓迎です。
お気軽にお問合せ、ご予約下さい。
やまゆきかわゆきHPは、http://www.maroon.dti.ne.jp/yamayuki/
やまゆきかわゆきFBは、https://www.facebook.com/Yamayukikawayuki


[PR]
by yamayukikawayuki | 2016-09-26 22:23 | ■地酒、旬菜料理、お知らせ | Trackback | Comments(0)

台風の影響と夏の終わり。

 台風10号が通り過ぎて残暑の日が数日続いています。岩手県沿岸まで北上してから本州横断となったので、会津地方には幸いとなりました。田畑も川も、これから迎える尾瀬の紅葉にも、秋のキノコにも、やや多めの恵みの雨となりました。川によっては濁っている所もありますが、南郷トマトの買い物がてら今日の舘岩川を見ると笹濁り。この笹濁りは上流部での河川工事による濁りも入っているので、もうすぐ問題なくなるでしょう。
 今週から9月、フライフィッシングの釣りも終盤です。福島県は9/30まで釣りが出来ますので、北関東に通っている釣り人、今回は残念な状況に一変してしまった東北北部に通っている釣り人、よろしければ近くて便利な会津への釣行はいかがでしょうか。良くカレンダーを見ると、9月の週末は4回です。3連休があって、飛び石連休があって、それで週末は終わりですよ。今気が付いておけば、釣り納めの2回釣行にまだ間に合います。そこで当宿の休館及び空室状況を少し書いておきます。
 仕入れ休館:9/8(木)、9/15(木)、9/21(水)
 現状の満室:9/17(土)
まだまだ当宿は直前予約でも大丈夫です。明日(9/3)の土曜だって、大丈夫ですよ。お気軽にご連絡下さい。

 今年の夏は地元南会津町産ズッキーニの小鉢メニューが登場。黄色と緑を両方使って、いろんな食べ方をしました。写真は昨年収穫しておいたハタケシメジと和えて、「ズッキーニとハタケシメジのナムル風」。ズッキーニのカリウムは疲れた体にも摂りやすく、効率よく食べられます。秋の花ニラも出荷が始まりました。こちらも美味しいですね。地酒にもぴったりです。
c0198267_13471838.jpg
やまゆきかわゆきは、奥会津を楽しむための宿です。
フライフィッシングで自然渓流デビューなら、首都圏からほど近いみちのく会津がベストです。
パウダースノーのたかつえスキー場なら、車で1分の至近距離。
天気予報を確認してからの直前予約も大丈夫です。
お一人様のフライフィッシングのご宿泊は、特に歓迎です。
お気軽にお問合せ、ご予約下さい。
やまゆきかわゆきHPは、http://www.maroon.dti.ne.jp/yamayuki/
やまゆきかわゆきFBは、https://www.facebook.com/Yamayukikawayuki


[PR]
by yamayukikawayuki | 2016-09-02 13:47 | ■地酒、旬菜料理、お知らせ | Trackback | Comments(0)

会津娘つるし、入荷!

 今日(8/7)は立秋ですね。暦はおよそ1ヵ月先を進んでいきますが、地酒は夏の蔵出しの終盤になります。8月の最初はつるし製法の「会津娘つるし」の登場です。夏の生酒では定番中の定番ですが、季節限定品で1回火入れの生酒扱いのため、また古来からのつるし製法によるため、出荷本数が少ないお酒です。少ないと言っても数千本単位ですので、発売後数日は店頭に並んでいます。数千本は約3000本くらいと聞いていますが、完全生酒の青ラベルの時代は1200本でした。いくら本数が増えたところで、業販の当宿なんかが複数本数を仕入れていますから、少ないと言う事には変わりはありません。当宿を通じてたくさんのお客様に飲んでいただく事で、お許しください。
 次の夏の生酒は「飛露喜純米吟醸」ですが、どうやら今年の蔵出しは怪しいとの事。例年であれば8/10前には蔵出しされているので、今頃になって怪しいどころではありませんが、今年は無い!と思っていただいた方が良いかも知れません。蔵元の都合では仕方もない事です。
c0198267_13534529.jpg
やまゆきかわゆきは、奥会津を楽しむための宿です。
フライフィッシングで自然渓流デビューなら、首都圏からほど近いみちのく会津がベストです。
パウダースノーのたかつえスキー場なら、車で1分の至近距離。
天気予報を確認してからの直前予約も大丈夫です。
お一人様のフライフィッシングのご宿泊は、特に歓迎です。
お気軽にお問合せ、ご予約下さい。
やまゆきかわゆきHPは、http://www.maroon.dti.ne.jp/yamayuki/
やまゆきかわゆきFBは、https://www.facebook.com/Yamayukikawayuki

[PR]
by yamayukikawayuki | 2016-08-07 13:54 | ■地酒、旬菜料理、お知らせ | Trackback | Comments(0)

廣戸川の3本、夏に揃う。

 松崎酒造の廣戸川は、今や会津の地酒の定番になりつつあります。受賞してからぐんぐん、どんどんと販売が広がり、関東圏でも取り扱う酒屋さんが増えて来ました。数年前の品評会での受賞後は、福島県内にあっても福島市や郡山市から求めて止まない地酒ファンが多くいました。松崎酒造は会津地方であっても比較的に関東圏に近い天栄村の蔵元、羽鳥湖の近くと言えばピンとくるでしょう。でも会津のお酒は会津の大都市である会津若松市でもっとも消費されている現実があります。若松で上々の売れ行きが見込まれれば、他所でも自信を持って営業できるという目安になります。会津若松市は大都市と言っても12万人ですけれど、そこには酒造りの伝統と文化が立派に受け継がれている、というわけです。
 当宿の廣戸川のラインナップは4種。年末年始の「純米うすにごり」は在庫しているわけもないので、夏の純米大吟醸を加えて3種がみなさんをお待ちしています。純米、純米吟醸、純米大吟醸となりますが、味はお好み。純米大吟醸は夏の時期がもっとも蔵出しが多い、ほぼ季節限定酒になります。一般的に、中元歳暮の時期には単価の高いお酒が発売される傾向があります。贈り物にもどうぞ、という単純な販売戦略ですね。
 どれを飲んでも旨い! もったいない。
c0198267_14243037.jpg
やまゆきかわゆきは、奥会津を楽しむための宿です。
フライフィッシングで自然渓流デビューなら、首都圏からほど近いみちのく会津がベストです。
パウダースノーのたかつえスキー場なら、車で1分の至近距離。
天気予報を確認してからの直前予約も大丈夫です。
お一人様のフライフィッシングのご宿泊は、特に歓迎です。
お気軽にお問合せ、ご予約下さい。
やまゆきかわゆきHPは、http://www.maroon.dti.ne.jp/yamayuki/
やまゆきかわゆきFBは、https://www.facebook.com/Yamayukikawayuki

[PR]
by yamayukikawayuki | 2016-08-03 14:25 | ■地酒、旬菜料理、お知らせ | Trackback | Comments(0)

夏野菜、金山カボチャ。

 いよいよ夏野菜の季節。南郷トマトもハネ出しが露店に並ぶようになりました。舘岩の家々では、ナスとキュウリは定番野菜、自家栽培です。会津の地場野菜もいくつかありますが、南郷トマトの前では存在がかすみがち。南郷トマト万歳!
 会津地方のの金山町に金山カボチャという品種があります。きれいなオレンジ色の皮が印象的ですが、味も抜群でいわゆる栗味カボチャです。他の品種のカボチャと交配しやすいため、混ざらないように隔離して、もしくは一帯丸ごと金山カボチャにして、栽培しています。良い物はそこそこのお値段ですが、ハネ出しや農協へ出していない農家もあるので、地元のスーパーや小売店で300~500円で購入できます。まさかと思い車を停めてみたら、ピッカリと輝く金山カボチャを発見。即、購入。この栽培農家は広い田んぼの真ん中で空中栽培しているそうです。季節が早いのか、明るいオレンジ色でした。
 夏野菜の焼き浸しで一丁上がり。金山カボチャ、ナス、地元のインゲン、赤パプリカ、黄色パプリカを合わせて信号機の完成。さっぱりレモン風味でお客様は全員が完食。塩もみして出番を待っているズッキーニも梅かつおで一皿。ズッキはウリ科カボチャ属だから、カボチャの日になってしまった。
c0198267_17051167.jpg
やまゆきかわゆきは、奥会津を楽しむための宿です。
フライフィッシングで自然渓流デビューなら、首都圏からほど近いみちのく会津がベストです。
パウダースノーのたかつえスキー場なら、車で1分の至近距離。
天気予報を確認してからの直前予約も大丈夫です。
お一人様のフライフィッシングのご宿泊は、特に歓迎です。
お気軽にお問合せ、ご予約下さい。
やまゆきかわゆきHPは、http://www.maroon.dti.ne.jp/yamayuki/
やまゆきかわゆきFBは、https://www.facebook.com/Yamayukikawayuki


[PR]
by yamayukikawayuki | 2016-07-23 17:05 | ■地酒、旬菜料理、お知らせ | Trackback | Comments(0)

ついに入荷! 白河の虎マッコリ。

 個人にはほぼ販売していないマッコリがあります。知る人ぞ知る、白河の有賀醸造の「虎マッコリ」がそれで、しかも米で醸した国産マッコリです。今では国産マッコリを「和マッコリ」と呼んで、いくつかの銘柄も出て来ましたが、和マッコリで断トツの人気と評判を得ているのが「虎マッコリ」なのです。PCで検索してみれば、その人気度を測る事が出来ます。取り引き交渉のやり取り中には、何度も”ペンションでお客さんに出すんですよね!”と念を押され、かたくなに販路を守り、ブランドを守り、価値を守っていました。
 虎マッコリは生酒であり、冷蔵保存していても賞味期限があります。地酒よりもデリケートな部分がありそうですが、そこは飲んで美味しければ、楽しければ良いじゃないですか。まずはそこんトコが大事です。お値段はまだ決めていませんが、グラスで¥500位かな。飲み放題には含まずに、別途きちんとお代は頂きます。悪しからず。
c0198267_21180795.jpg
やまゆきかわゆきは、奥会津を楽しむための宿です。
フライフィッシングで自然渓流デビューなら、首都圏からほど近いみちのく会津がベストです。
パウダースノーのたかつえスキー場なら、車で1分の至近距離。
天気予報を確認してからの直前予約も大丈夫です。
お一人様のフライフィッシングのご宿泊は、特に歓迎です。
お気軽にお問合せ、ご予約下さい。
やまゆきかわゆきHPは、http://www.maroon.dti.ne.jp/yamayuki/
やまゆきかわゆきFBは、https://www.facebook.com/Yamayukikawayuki


[PR]
by yamayukikawayuki | 2016-06-21 21:18 | ■地酒、旬菜料理、お知らせ | Trackback | Comments(0)

早くも夏の地酒が蔵出し。

 今年は先駆けて夏の生酒が出て来ました。急いで100km先の会津若松へ直行です。例年ですと、当宿で仕入れる夏の地酒はもう少し先になるのですが、地酒のラインナップ変更をここ数年しているので、新銘柄の夏地酒になります。鶴乃江酒造の「会津中将夏限定吟醸酒」は1回火入れの生酒扱い、飲んでるイメージは夕涼みだそうです。仕入れに出掛けた先日も、すでに若松は28℃。暑い、暑すぎる、度を越えてる感じの、盆地特有の熱気でした。舘岩に帰ってきたら22℃だったので、奥会津の良さをしみじみ感じました。
 鶴乃江酒造は夫婦で杜氏の変わった蔵元です。若松と喜多方の酒造りに割って入り、着実に地位を気付いています。奥さんが醸すと「ゆり」という銘柄、旦那さんが醸すと「会津中将」という銘柄になります。「ゆり」の方が少々お高いですよ。もう1本の「会津中将純米吟醸」は主力銘柄。宿のラインナップ入りとなりました。うんまいお酒です。
c0198267_10245040.jpg
やまゆきかわゆきは、奥会津を楽しむための宿です。
フライフィッシングで自然渓流デビューなら、首都圏からほど近いみちのく会津がベストです。
パウダースノーのたかつえスキー場なら、車で1分の至近距離。
天気予報を確認してからの直前予約も大丈夫です。
お一人様のフライフィッシングのご宿泊は、特に歓迎です。
お気軽にお問合せ、ご予約下さい。
やまゆきかわゆきHPは、http://www.maroon.dti.ne.jp/yamayuki/
やまゆきかわゆきFBは、https://www.facebook.com/Yamayukikawayuki


[PR]
by yamayukikawayuki | 2016-06-05 10:25 | ■地酒、旬菜料理、お知らせ | Trackback | Comments(0)

働く女将さん。

せっせせっせとパンを焼く。
年々予約が直前になっているので、おおまかな予想をたてて数種類のパンを焼く。
食事は当宿の最大のアピールポイントです。
パン教室が盛況な昨今、当宿のパンにお客様からの注目が集まっています。
加えて添えられるリンゴジャム。
ヨーグルトとともにある桑の実ジャム。
野菜のスープ。
ニセコのキタアカリを使ったポテトサラダ。
湧き水のコーヒー。
朝食はちゃんとね。
c0198267_09195586.jpg
c0198267_09200143.jpg
やまゆきかわゆきは、奥会津を楽しむための宿です。
フライフィッシングで自然渓流デビューなら、首都圏からほど近いみちのく会津がベストです。
パウダースノーのたかつえスキー場なら、車で1分の至近距離。
天気予報を確認してからの直前予約も大丈夫です。
お一人様のフライフィッシングのご宿泊は、特に歓迎です。
お気軽にお問合せ、ご予約下さい。
やまゆきかわゆきHPは、http://www.maroon.dti.ne.jp/yamayuki/
やまゆきかわゆきFBは、https://www.facebook.com/Yamayukikawayuki

[PR]
by yamayukikawayuki | 2016-04-30 09:20 | ■地酒、旬菜料理、お知らせ | Trackback | Comments(0)