カテゴリ:■山菜キノコ/山遊び( 78 )

春の山菜をいただく。

 このところ山菜採りが忙しい。山菜採りとははっきり言って食材集めだが、山菜に上回る旬の季節の野菜はない。お客様も山菜を食べられると期待しているし、その期待に応えていきたいともやまゆきかわゆきは思っている。さいわいにして自分は山菜採りやキノコ採りが宝探しのように大好きだし、いまやフライフィッシングでのイワナ釣りよりも夢中になれる。大きな声で言おう。釣りよりも、釣りなんかよりも、自分は山菜採りが好きだ。止められないんだ!
 奥会津の季節は春のど真ん中。萌黄色の山々が少しづつ緑へと移り変わっていく。あ~、美味しい山菜の季節が過ぎてゆこうとしている。いやいや、楽しい山菜採りが出来なくなってしまう。今年は珍しくヤブレガサの出始めに当たり、予定通りにシドケ(モミジガサ)を収穫でき、素晴らしいウルイ(ギボウシ)にも出会えた。そんな3種の山菜をしっかりとデジカメに収められたので、こちらをどうぞ。良い写真ですぞ! 美味しく食べるだけでなく、見て楽しんでもいる時分でした。
c0198267_20413007.jpg
c0198267_20414070.jpg
c0198267_20414876.jpg
やまゆきかわゆきは、奥会津を楽しむための宿です。
フライフィッシングで自然渓流デビューなら、首都圏からほど近いみちのく会津がベストです。
パウダースノーのたかつえスキー場なら、車で1分の至近距離。
天気予報を確認してからの直前予約も大丈夫です。
お一人様のフライフィッシングのご宿泊は、特に歓迎です。
お気軽にお問合せ、ご予約下さい。
やまゆきかわゆきHPは、http://www.maroon.dti.ne.jp/yamayuki/
やまゆきかわゆきFBは、https://www.facebook.com/Yamayukikawayuki


[PR]
by yamayukikawayuki | 2017-05-24 20:43 | ■山菜キノコ/山遊び | Trackback | Comments(0)

晩秋のハタケシメジ採り。

 秋のキノコ採り場はもう忘れられています。霜が降って、雪も降って、本当のキノコ採り大好き人間でなければ、ほぼキノコ採りの人を見かけなくなりました。忘れ去られたキノコ採り場には、忘れ去られたキノコが出ています。採り残しのような物ですが、集めていくと意外と収穫は多くなったりします。キノコ採りの残るターゲットはシモフリシメジとナメコがメインでしょうか。それぞれが雑木林とブナ林なので、バッティングしていないというのも良いですね。
 秋のハタケシメジも忘れ去られていて、そんな中自分は週1でせっせと拾いに行きます。落ち葉で地面が隠されてしまう晩秋では、これが一苦労となるので、小さい箒を持参になります。霜が降りたこの日はハタケシメジも凍っていて、100均ハサミで切るとシャッキリシャッキリ。箒でハキハキしては地面を下から眺めてシメジを見つけ、ハサミでチョキチョキ。誰もいない枯れ野原で独り占めです。かれこれ1時間の山遊び。もうすぐ冬です。
c0198267_10214051.jpg
やまゆきかわゆきは、奥会津を楽しむための宿です。
フライフィッシングで自然渓流デビューなら、首都圏からほど近いみちのく会津がベストです。
パウダースノーのたかつえスキー場なら、車で1分の至近距離。
天気予報を確認してからの直前予約も大丈夫です。
お一人様のフライフィッシングのご宿泊は、特に歓迎です。
お気軽にお問合せ、ご予約下さい。
やまゆきかわゆきHPは、http://www.maroon.dti.ne.jp/yamayuki/
やまゆきかわゆきFBは、https://www.facebook.com/Yamayukikawayuki


[PR]
by yamayukikawayuki | 2016-11-12 10:22 | ■山菜キノコ/山遊び | Trackback | Comments(0)

秋キノコ満開。

 8月中旬からたっぷり雨があり、ババッーと夏キノコが異常とも思えるくらいに発生しましたが、秋雨前線とともに今度は秋のキノコが見られるようになりました。10年ぶりに見たブナハリタケや珍しいアカモミタケ、定番のナラタケもありました。和風の出汁キノコになるアシグロタケがまとまって出ているのもなかなか見れませんね。9月中旬ですから、時期的にはマイタケ採りのピークになるはずですが、今年の雨に合わせるとピークは2週間ほどずれそうです。まさかこんなに雨があるのに”出ない”なんて事はないでしょう。
 キノコの色は自然の不思議。自然界にあり得ないような色が目を引きます。可憐な高山植物の花のような、また森の妖精のような。渓魚の文様も不思議ですが、キノコの方が一段も二段も上です。
 他にもエノキダケ、シロキクラゲ、ヘラタケなどがありました。いずれも少量だったので、見置き放置。
c0198267_06140030.jpg
c0198267_06140781.jpg
c0198267_06141774.jpg
c0198267_06144011.jpg
c0198267_06153871.jpg
c0198267_06143209.jpg
やまゆきかわゆきは、奥会津を楽しむための宿です。
フライフィッシングで自然渓流デビューなら、首都圏からほど近いみちのく会津がベストです。
パウダースノーのたかつえスキー場なら、車で1分の至近距離。
天気予報を確認してからの直前予約も大丈夫です。
お一人様のフライフィッシングのご宿泊は、特に歓迎です。
お気軽にお問合せ、ご予約下さい。
やまゆきかわゆきHPは、http://www.maroon.dti.ne.jp/yamayuki/
やまゆきかわゆきFBは、https://www.facebook.com/Yamayukikawayuki

[PR]
by yamayukikawayuki | 2016-09-15 06:16 | ■山菜キノコ/山遊び | Trackback | Comments(0)

夏キノコ、満開。

 毎回台風に話ですが、今回は台風の恩恵がありました。今シーズンは期待しないでね!、とお客様に伝えていた夏のキノコがここぞとばかりに大発生しています。特に欧米でセップと呼ばれる美味キノコのヤマドリタケモドキと、同じく女王と呼ばれるタマゴタケがあちらこちらにひょこひょこぐいぐい、目立っています。しかしその反面、台風一過で残暑が厳しく、強い日差しと度重なる雨でキノコが溶けていくのが早い! 当宿の定番とも言える夏キノコのタマゴタケを確保したくても日持ちはしないし、分かっているキノコ採りはきっちりやって来ているし、なかなかお泊りのお客様とタイミングが合いません。やっとタマゴタケを良い状態で収穫してその日の夕食に天ぷらをお出し出来ました。今シーズンの最初で最後のタマゴタケ料理になるかな!?
 今日(9/9)は秋キノコの発生チェック。確認できたのは、サクラシメジとハタケシメジ。シメジの季節がやって来ます。夏から秋の地酒も美味しいですので、飲みも食いも季節ものが揃いましたね。
c0198267_09164861.jpg
やまゆきかわゆきは、奥会津を楽しむための宿です。
フライフィッシングで自然渓流デビューなら、首都圏からほど近いみちのく会津がベストです。
パウダースノーのたかつえスキー場なら、車で1分の至近距離。
天気予報を確認してからの直前予約も大丈夫です。
お一人様のフライフィッシングのご宿泊は、特に歓迎です。
お気軽にお問合せ、ご予約下さい。
やまゆきかわゆきHPは、http://www.maroon.dti.ne.jp/yamayuki/
やまゆきかわゆきFBは、https://www.facebook.com/Yamayukikawayuki

[PR]
by yamayukikawayuki | 2016-09-09 09:17 | ■山菜キノコ/山遊び | Trackback | Comments(0)

季節もの、遠くで光るハナビラタケ。

 今シーズンは最高の梅雨になっています。けして雨は大降りせず、朝、夕、夜のタイミングで潤って、田畑にも川にもまんべんなく栄養を与えてくれています。豪雨の復旧工事には支障がなく進み、早く巡っていた季節をいつもの季節に戻してくれそうです。そんな6月中旬からはついにキノコのシーズンが到来。報告済みの大量のキクラゲ、お客様にグッドタイミングのハタケシメジ、ナラタケやヒラタケにはあり付けなかったけれども、少し早いか~と思いながら歩いて来たらハナビラタケを収穫。狙い通りであっても不安はよぎるもの。これで週末から週明けのお客様にご馳走が出来る。パリパリサクサクのハナビラタケの天ぷらは、採れた針葉樹林の香りがする。ほとんどがカラマツ林で収穫しているので、そのままカラマツの香りになります。
 ハナビラタケの収穫量は、3株で2kgほど。週明けのお客様には出来たら食べさせてあげたいと思っていたのでほっとしています。大好きなお客様で、今からバクバクかぶりつく姿が想像できます。おそらく生まれて初めての食べ物でしょうから、この喜びが地の物の良さです。山菜もほぼ終わってしまっている初夏、夏キノコの出番ですね。
c0198267_11205274.jpg
やまゆきかわゆきは、奥会津を楽しむための宿です。
フライフィッシングで自然渓流デビューなら、首都圏からほど近いみちのく会津がベストです。
パウダースノーのたかつえスキー場なら、車で1分の至近距離。
天気予報を確認してからの直前予約も大丈夫です。
お一人様のフライフィッシングのご宿泊は、特に歓迎です。
お気軽にお問合せ、ご予約下さい。
やまゆきかわゆきHPは、http://www.maroon.dti.ne.jp/yamayuki/
やまゆきかわゆきFBは、https://www.facebook.com/Yamayukikawayuki


[PR]
by yamayukikawayuki | 2016-07-09 11:21 | ■山菜キノコ/山遊び | Trackback | Comments(0)

シドキの季節。

 岩手ではシドキ(シドケ=モミジガサ)が山菜の王様だそうだ。各県やそれぞれのご当地で王様は変わるが、岩手でシドキの地位はほぼ不動で盤石の人気。雪が少なかった今年はもう終わってしまったかなと思いつつも、アイコ(エラ=ミヤマイラクサ)採りついでにシドキを探し歩いてみたら、おっほっほっ、出て来ました。なるほど、沢水近くで出る山菜は、思っていたほどは早く出ていないのだな。でも早めに出ている事は確かで、今後はさらに沢の奥まで行かないと巡り合えそうもない。ほんの少しだけポンナ(ヨブスマソウ)も見つけて、そこそこの満足感に到達。あとはちょっとだけイワナさんの具合を見極めて、さっさと帰ろう。
 やまゆきかわゆきのお隣さんは岩手のご出身なので、もちろん王様のシドキをおすそ分け。何十本という束なので、狂喜乱舞に近いはず。きっと自分たちだけで食べちゃうでしょ。まあ、それも季節ものならではの、日本人の贅沢ですね。田舎、山国、雪国、バンザイ!
c0198267_14430217.jpg
やまゆきかわゆきは、奥会津を楽しむための宿です。
フライフィッシングで自然渓流デビューなら、首都圏からほど近いみちのく会津がベストです。
パウダースノーのたかつえスキー場なら、車で1分の至近距離。
天気予報を確認してからの直前予約も大丈夫です。
お一人様のフライフィッシングのご宿泊は、特に歓迎です。
お気軽にお問合せ、ご予約下さい。
やまゆきかわゆきHPは、http://www.maroon.dti.ne.jp/yamayuki/
やまゆきかわゆきFBは、https://www.facebook.com/Yamayukikawayuki

[PR]
by yamayukikawayuki | 2016-05-21 14:43 | ■山菜キノコ/山遊び | Trackback | Comments(0)

もう少しだけ自然の恵みを。

 奥会津は10月末~11月上旬に霜が降りるようになる。そこからひと雨ごとに木々の葉が落ち、山々は緑の輝きを失い、時々遠くの連山に雪が乗る。雪化粧は溶けて、また付いて、何度も繰り返して、12月へ。そんな晩秋はとても静かですが、あちらこちらで冬の前に家屋を修復する音、どこからか響いてくる道路工事の音、林間にこだまするゲラの音、夕空に突き刺すカラスの鳴き声などが耳に入って来ますが、人の声はあまり聞こえません。人の声はゴミ収集の日か、人天気の良い日で寒くない日でないと、行動意欲も少ないようです。
 消防機器の検査が終わったので、あとは12月の保健所の検査。お掃除や荷物整理のきっかけにはなりますが、もう少し早めに検査はやってもらいたい。12月ともなれば日中の気温は10℃あるかどうか。天気が悪いと肌寒く、お掃除気分にもなかなかなれない。スキーボードシーズンをトップにおいている宿屋がほとんどなので冬の前に検査をやるのだろうが、決して掃除しやすい季節ではない。脂汚れだって頑固になるって!
 気分転換にキノコ採りに出掛ける。出掛けると言っても車で約5分。季節的にはブナ林のナメコがシーズンだが、近場のハタケシメジへ残り物狙いの収穫。小さい庭ホウキ持参で、落ち葉に隠れているハタケシメジを見つけ出す。遅れて発生してきている株は落ち葉に隠れて難敵だが、秘密兵器のホウキでサッササッサと掃いてやれば、目が慣れるほどに幾つも見つけられる。オフシーズンの自分たちの食卓に、スープとして1品目が増えるわけだ。
c0198267_10163867.jpg
やまゆきかわゆきは、奥会津を楽しむための宿です。
フライフィッシングで自然渓流デビューなら、首都圏からほど近いみちのく会津がベストです。
パウダースノーのたかつえスキー場なら、車で1分の至近距離。
天気予報を確認してからの直前予約も大丈夫です。
お一人様のフライフィッシングのご宿泊は、特に歓迎です。
お気軽にお問合せ、ご予約下さい。
やまゆきかわゆきHPは、http://www.maroon.dti.ne.jp/yamayuki/
やまゆきかわゆきFBは、https://www.facebook.com/Yamayukikawayuki


[PR]
by yamayukikawayuki | 2015-11-17 10:17 | ■山菜キノコ/山遊び | Trackback | Comments(0)

今年初物センボンシメジ、休館予定。

 今日(9/19)から秋の大型連休シルバーウィークに入りました。会津高原の宿泊業としては、2週間前から予約が入り始め、大雨ののち一気にキャンセル、そして直前予約が入るという、ふんだりけったりなやり取りになりました。集中日はてっきり初日かと思いきや、2日目の9/20(日)、次に3日目の9/21(月)。こればかりは予想していませんでした。当宿はフライフィッシング中心のお客様が先で、連休まで1週間となった所でネットの旅行サイトを受け付けるという珍しい宿! それでいても数件のキャンセルがありましたので、ネット予約の弊害は避けられません。いざ連休になってみると、天気予報よりも天気が良いので、気分も適当に良いです。そんなものです。
 秋のキノコがずっと発生し続けています。極上シメジのセンボンシメジも収穫し、現在は乾燥中。美味しいスープ用の出汁になってもらいましょう。それと定番のハタケシメジも発生中。肥えた土にポコポコ出て来ています。名の通り、畑にも出ます。ハタケシメジはさっとゆでてめんつゆに漬けます。たったこれだけの事で、とっても美味しい一品に変身します。地酒と一緒に溜りませんね。
 山はマイタケ狙いの車が増えています。例年舞茸採りは9月中旬がピークですが、温暖化の影響でしょうか、少しずれて来ています。雨もたくさん降ったし、少し日照と乾燥と蒸してくれれば、さらに条件は良くなりますね。一度は採ってみたいマイタケですが、宿屋稼業が忙しいのでなかなか山の上の方には行けません。そのうち機会が出来るでしょう。

 9/24(木)は仕入れのため休館になります、ご了承ください。連休が終われば、福島県の川も1週間で禁漁です。最後の最後に欲出して怪我しちゃもったいないですね。安全一番でフライフィッシングを楽しみましょう。

 9/29(火)の宿泊に関しては、いつもの通りに、ビール、焼酎、地酒が飲み放題となります。うそみたいですが、本当です。釣りも良いけれど、食べたり飲んだり話したり、これもシーズン最後に悪くはないでしょ。

やまゆきかわゆきは、奥会津を楽しむための宿です。
フライフィッシングで自然渓流デビューなら、首都圏からほど近いみちのく会津がベストです。
天気予報を確認してからの直前予約も大丈夫です。
お一人様のフライフィッシングのご宿泊は、特に歓迎です。
お気軽にお問合せ、ご予約下さい。
やまゆきかわゆきHPは、http://www.maroon.dti.ne.jp/yamayuki/
やまゆきかわゆきFBは、https://www.facebook.com/Yamayukikawayuki
c0198267_13431990.jpg
c0198267_13432802.jpg

[PR]
by yamayukikawayuki | 2015-09-19 13:44 | ■山菜キノコ/山遊び | Trackback | Comments(0)

秋のキノコ、始まりました。

 どうやら残暑も省略されてしまったようだ。気温が上がったのが25~25℃位まで、2日間ほどでした。先週からはまさしく秋雨、朝夕に降って、昼間は小雨程度。釣りには絶好ですね。「誰得その2」の項で触れたように9/1(火)には尺ヤマメ現る。釣りは約1週間先の気候のもと、好調を維持しています。絶好は釣りだけじゃなく、キノコ採りもスタートダッシュ。初秋の狙いはヌメリガサ科のサクラシメジ、幼菌の発生を確認して、出始めの虫が入っていない、軸のしっかりした物を、約2キロ収穫。”もう2キロかよ”って、半日の収穫です。ほぼ独り占めですな。
 秋雨は忘れかけていた夏キノコも目覚めさせ、タマゴタケやらチタケやら、ちょびちょび姿を見せています。その中でも欲しかったのはアカヤマドリ、当宿の通称カレーパン。アカヤマドリは何個もバスケットボール大の個体に出会っていますが、探していたのはソフトボール大~ハンドボール大の個体。身が締まっていて、オリーブオイルやバターでの炒め物にグーですわ。自分たち用に、ペペロンチーノタイプのパスタソースにしちゃってもいいかな。
 ニセアブラシメジ(クリフウセンタケ)なのかツガタケなのか同定に困るが、カキシメジではないのでひと安心のヤツ。ムラサキフウセンタケ、ナラタケモドキ(サワモダシ)、ホウキタケも発生していて、うろうろしていても楽しめる。今度はサワモダシやナラタケ狙いで、行ってみよう。
 今夜のお客様の夕食は、キノコご膳だね。サクラシメジと季節の野菜の天ぷらが、肉料理よりもメイン扱いになっちゃうな。南郷トマトもメニューには固定であるから、土地の物のオンパレードだね。超ラッキーだね~。

やまゆきかわゆきは、奥会津を楽しむための宿です。
フライフィッシングで自然渓流デビューなら、首都圏からほど近いみちのく会津がベストです。
天気予報を確認してからの直前予約も大丈夫です。
お一人様のフライフィッシングのご宿泊は、特に歓迎です。
お気軽にお問合せ、ご予約下さい。
やまゆきかわゆきHPは、http://www.maroon.dti.ne.jp/yamayuki/
やまゆきかわゆきFBは、https://www.facebook.com/Yamayukikawayuki
c0198267_17294754.jpg
c0198267_17295330.jpg
c0198267_17295852.jpg

[PR]
by yamayukikawayuki | 2015-09-07 17:30 | ■山菜キノコ/山遊び | Trackback | Comments(0)

初物ハナビラタケ。

 何だか年々梅雨の雨が減ってしまっているような感じになっています。夏キノコもぼちぼち見掛けそうなのに、少しのサワモダシやヒラタケくらいしか確認できません。7月からはタマゴタケを先頭にしてベニタケ類がポコポコ出て来ますが、それすら少ない状況です。ある程度の標高まで行くと、たとえ雨が少なくても朝もやがかかるので、最小限の水分は地表に落ちて来ます。どうせ今年も少し遅れて発生するだろうと勝手に予測して、天ぷら用のハナビラタケを採りに針葉樹林帯へうろつきに行きます。
 数か所を巡り歩いて合わせて3つ。その内の2つは食べ頃を過ぎていて、天ぷらには向かない成長をしていました。これは下処理して即天日乾燥、スープ用になります。という事は、1週間前ならグッドタイミングの収穫だったんだな、これは。そうなると例年通りの発生じゃないか。発生していた場所が傘をさすように低木の枝や笹の下にあった。少量の雨量でも夜露でも、その葉っぱたちが水分を集めて地表に盛って来てくれている。そうか、そう言う事か。やはりセオリー通りのパトロールは欠かしちゃいけないか。用事があるとついつい後回しにしちゃうので、もったいない事になっちゃうな。クワの実採りもそう。台風11号で強制終了だったし、ちゃんとちゃんと仕事はやらなきゃだめだね。
 では、ハナビラタケは予定通りに天ぷらに。う~ん、美味、美味。青物のモロッコインゲンとシシトウも一緒に、季節の味を頂きます、お客様がね。山の贅沢はまだあって、ワラビのナムル風、コゴミの梅おろし、地元のお豆腐をヤマミツバ醤油で。檜枝岐の釣りも楽しかったし、数釣りや大物釣りじゃない、充実の1日でした。
c0198267_09384655.jpg

[PR]
by yamayukikawayuki | 2015-07-27 09:41 | ■山菜キノコ/山遊び | Trackback | Comments(0)