カテゴリ:■山菜キノコ/山遊び( 83 )

ナラタケとイワナ。

 ドライフライスクールが終わって、はや9月中旬。いや、20日を過ぎてしまいました。禁漁まで残り10日間です。宿屋の仕事はスクールから18日泊まで続き、予約が途切れて自動的にお休みとなりました。台風18号でやや水量が増えた川はありますが、8月お盆からの増水傾向がようやく落ち着いてきて、例年の普通よりもやや多い水量となり、望むところのベストの状況です。その証拠にバラシが少なく、サカナも高活性と見た。GOODです。
 倒木や立ち枯れにはナラタケが発生して来ました。癖のないプレーンな優良キノコで、秋のキノコ採りには初級者向きの定番食菌。嬉しいですね。自分の川歩きは今日が最後になるかも知れませんが、そんな気持ちに応えてくれたパワフルイワナは1時間で5尾。そしてバラシ無しです。10年振りくらいに調査に入った区間は、2度の豪雨災害を経て今日に至り、魚影は少なくなってしまってもネイティブオンリーの川になってしまった。自然の回復力は素晴らしいですね。これが普通の状態なんですから、釣れる釣れないで一喜一憂する釣り人がおかしい。イワナ君に笑われますね。
c0198267_21314771.jpg
c0198267_21315478.jpg
c0198267_21320224.jpg
やまゆきかわゆきは、奥会津を楽しむための宿です。
フライフィッシングで自然渓流デビューなら、首都圏からほど近いみちのく会津がベストです。
パウダースノーのたかつえスキー場なら、車で1分の至近距離。
天気予報を確認してからの直前予約も大丈夫です。
お一人様のフライフィッシングのご宿泊は、特に歓迎です。
お気軽にお問合せ、ご予約下さい。
やまゆきかわゆきHPは、http://www.maroon.dti.ne.jp/yamayuki/
やまゆきかわゆきFBは、https://www.facebook.com/Yamayukikawayuki

[PR]
by yamayukikawayuki | 2017-09-20 21:33 | ■山菜キノコ/山遊び | Trackback | Comments(0)

秋キノコのパトロール。

 奥会津で9月上旬はマイタケ採りの始まりです。8月末からはマイタケの発生具合を見に、じいさん達はパトロールに出掛けています。自分はマイタケよりも身近にあって、日々のお客様に食べてもらえるキノコを中心に、4カ所ほどをパトロールして来ました。お目当てはサクラシメジとハタケシメジで、時期的にはサクラシメジが出始めの頃に当たります。裏山ではサクラシメジの幼菌を確認済みなので、他の雑木林でも出ているはずです。
 そしてサクラシメジ発見、確認、収穫、ミッションコンプリート。今年の初物はいったい誰の胃袋に収まるのか。運の良い人だ。サクラシメジの他にも、ハタケシメジのわずかに確認、センボンシメジの幼菌も確認、おまけにきれいに発生しているニガクリタケも。ニガクリタケは有名な毒キノコであって、毎年のように誤食中毒例が報告されています。それでもきれいにまとまって出ていると、採りたい気持ちにさせられるのはなぜでしょう。きっと自分はキノコ自体が好きなんでしょうね。フウセンタケ、ホウキタケ、ニガクリタケなんかもありました。
c0198267_13543574.jpg
c0198267_13544525.jpg
やまゆきかわゆきは、奥会津を楽しむための宿です。
フライフィッシングで自然渓流デビューなら、首都圏からほど近いみちのく会津がベストです。
パウダースノーのたかつえスキー場なら、車で1分の至近距離。
天気予報を確認してからの直前予約も大丈夫です。
お一人様のフライフィッシングのご宿泊は、特に歓迎です。
お気軽にお問合せ、ご予約下さい。
やまゆきかわゆきHPは、http://www.maroon.dti.ne.jp/yamayuki/
やまゆきかわゆきFBは、https://www.facebook.com/Yamayukikawayuki

[PR]
by yamayukikawayuki | 2017-09-06 13:55 | ■山菜キノコ/山遊び | Trackback | Comments(0)

カラマツ林を迷走。

 梅雨時のキノコ探しは楽じゃない。木々の中を歩いていると朝露や雨で衣服は濡れて重くなるし、そのうち汗がじんわりじんわり。足元が良く見えないので切り株やツル植物に行く手をはばまれ、バランスを崩してつかんだ枝がタラノキやハリギリだったりする始末。神様、仏様 OH MY GOD!
 夕食でお客様の喜ぶ顔は宿屋の幸せ。ようやく出会えたハナビラタケは1個でしたが、予約は2~3人の予定だから食材としては十分でした。今回のハナビラタケは若くて上物だったので、そのまま見置きして1週間ほど寝かせてから再び収穫しに来れば2倍の大きさに成長したかもしれないが、虎の子の1個だから仕方がなく収穫。昨夜の夕食は季節の野菜のズッキーニとオクラを添えて、満腹満腹。
c0198267_11225824.jpg
c0198267_11230536.jpg
やまゆきかわゆきは、奥会津を楽しむための宿です。
フライフィッシングで自然渓流デビューなら、首都圏からほど近いみちのく会津がベストです。
パウダースノーのたかつえスキー場なら、車で1分の至近距離。
天気予報を確認してからの直前予約も大丈夫です。
お一人様のフライフィッシングのご宿泊は、特に歓迎です。
お気軽にお問合せ、ご予約下さい。
やまゆきかわゆきHPは、http://www.maroon.dti.ne.jp/yamayuki/
やまゆきかわゆきFBは、https://www.facebook.com/Yamayukikawayuki

[PR]
by yamayukikawayuki | 2017-07-29 11:23 | ■山菜キノコ/山遊び | Trackback | Comments(0)

雨降ってハナビラタケがダブルヒット!

 夏キノコの始まりです。それはそれは美味しいハナビラタケが発生して来ました。山の物は季節を忘れませんね。ハナビラタケの料理法は、天ぷら、素揚げ、スープに決まりです。今の採れる時期は主に天ぷらですね。使って残ったものは天日乾燥させて保存。スープに利用します。ハナビラタケは美容薬効に活用され、某企業によって栽培が成功し、粉末にされています。またTV番組では長寿のキノコとして話題を呼び、まさに幻のキノコとも呼ばれています。そんな幻を自分の手に2つ、ダブルでゲット。この日は小さい物を1つ、写真の中型ダブルを2つの計3つを収穫でき、お客様も大喜びでした。8月中旬までは頑張って収穫したいと思います。そして今日は連休のお客様用に1つ、中型の大きめでした。
c0198267_16005293.jpg
やまゆきかわゆきは、奥会津を楽しむための宿です。
フライフィッシングで自然渓流デビューなら、首都圏からほど近いみちのく会津がベストです。
パウダースノーのたかつえスキー場なら、車で1分の至近距離。
天気予報を確認してからの直前予約も大丈夫です。
お一人様のフライフィッシングのご宿泊は、特に歓迎です。
お気軽にお問合せ、ご予約下さい。
やまゆきかわゆきHPは、http://www.maroon.dti.ne.jp/yamayuki/
やまゆきかわゆきFBは、https://www.facebook.com/Yamayukikawayuki


[PR]
by yamayukikawayuki | 2017-07-12 16:01 | ■山菜キノコ/山遊び | Trackback | Comments(0)

ひょうたんからナラタケ。

 時期的には少し遅くなってしまったが、週末のお客様に向けて山菜の通称エラ(別名アイコ、正式名ミヤマイラクサ)を採りに出掛けた。やはり2週間遅かったかと唇噛んだが、それでも一気に山菜は無くなるものでもないので、予約人数に見合う量プラスアルファを収穫。カラマツ林に材の切り出しの目印がたくさんマーキングされていて、さらに悲しくなった。ここでの来年のエラの収穫は望み薄。それも致し方ない。
 そんなやや落ち込んだ気分を盛り返してくれたのが、収穫物を片手に車への帰り道で見つけたナラタケ。見るとタマチョレイタケ?やヌメリスギタケモドキと共生して発生していて、自分にとってはお宝発見となった。ナラタケは自動的にお客様への一品となる。季節のキノコも始まったか。これからはヒラタケとキクラゲを狙って川へ行こう。ちょっとだけ、釣りもね。
c0198267_09203824.jpg
やまゆきかわゆきは、奥会津を楽しむための宿です。
フライフィッシングで自然渓流デビューなら、首都圏からほど近いみちのく会津がベストです。
パウダースノーのたかつえスキー場なら、車で1分の至近距離。
天気予報を確認してからの直前予約も大丈夫です。
お一人様のフライフィッシングのご宿泊は、特に歓迎です。
お気軽にお問合せ、ご予約下さい。
やまゆきかわゆきHPは、http://www.maroon.dti.ne.jp/yamayuki/
やまゆきかわゆきFBは、https://www.facebook.com/Yamayukikawayuki

[PR]
by yamayukikawayuki | 2017-06-14 09:21 | ■山菜キノコ/山遊び | Trackback | Comments(0)

春の山菜をいただく。

 このところ山菜採りが忙しい。山菜採りとははっきり言って食材集めだが、山菜に上回る旬の季節の野菜はない。お客様も山菜を食べられると期待しているし、その期待に応えていきたいともやまゆきかわゆきは思っている。さいわいにして自分は山菜採りやキノコ採りが宝探しのように大好きだし、いまやフライフィッシングでのイワナ釣りよりも夢中になれる。大きな声で言おう。釣りよりも、釣りなんかよりも、自分は山菜採りが好きだ。止められないんだ!
 奥会津の季節は春のど真ん中。萌黄色の山々が少しづつ緑へと移り変わっていく。あ~、美味しい山菜の季節が過ぎてゆこうとしている。いやいや、楽しい山菜採りが出来なくなってしまう。今年は珍しくヤブレガサの出始めに当たり、予定通りにシドケ(モミジガサ)を収穫でき、素晴らしいウルイ(ギボウシ)にも出会えた。そんな3種の山菜をしっかりとデジカメに収められたので、こちらをどうぞ。良い写真ですぞ! 美味しく食べるだけでなく、見て楽しんでもいる時分でした。
c0198267_20413007.jpg
c0198267_20414070.jpg
c0198267_20414876.jpg
やまゆきかわゆきは、奥会津を楽しむための宿です。
フライフィッシングで自然渓流デビューなら、首都圏からほど近いみちのく会津がベストです。
パウダースノーのたかつえスキー場なら、車で1分の至近距離。
天気予報を確認してからの直前予約も大丈夫です。
お一人様のフライフィッシングのご宿泊は、特に歓迎です。
お気軽にお問合せ、ご予約下さい。
やまゆきかわゆきHPは、http://www.maroon.dti.ne.jp/yamayuki/
やまゆきかわゆきFBは、https://www.facebook.com/Yamayukikawayuki


[PR]
by yamayukikawayuki | 2017-05-24 20:43 | ■山菜キノコ/山遊び | Trackback | Comments(0)

晩秋のハタケシメジ採り。

 秋のキノコ採り場はもう忘れられています。霜が降って、雪も降って、本当のキノコ採り大好き人間でなければ、ほぼキノコ採りの人を見かけなくなりました。忘れ去られたキノコ採り場には、忘れ去られたキノコが出ています。採り残しのような物ですが、集めていくと意外と収穫は多くなったりします。キノコ採りの残るターゲットはシモフリシメジとナメコがメインでしょうか。それぞれが雑木林とブナ林なので、バッティングしていないというのも良いですね。
 秋のハタケシメジも忘れ去られていて、そんな中自分は週1でせっせと拾いに行きます。落ち葉で地面が隠されてしまう晩秋では、これが一苦労となるので、小さい箒を持参になります。霜が降りたこの日はハタケシメジも凍っていて、100均ハサミで切るとシャッキリシャッキリ。箒でハキハキしては地面を下から眺めてシメジを見つけ、ハサミでチョキチョキ。誰もいない枯れ野原で独り占めです。かれこれ1時間の山遊び。もうすぐ冬です。
c0198267_10214051.jpg
やまゆきかわゆきは、奥会津を楽しむための宿です。
フライフィッシングで自然渓流デビューなら、首都圏からほど近いみちのく会津がベストです。
パウダースノーのたかつえスキー場なら、車で1分の至近距離。
天気予報を確認してからの直前予約も大丈夫です。
お一人様のフライフィッシングのご宿泊は、特に歓迎です。
お気軽にお問合せ、ご予約下さい。
やまゆきかわゆきHPは、http://www.maroon.dti.ne.jp/yamayuki/
やまゆきかわゆきFBは、https://www.facebook.com/Yamayukikawayuki


[PR]
by yamayukikawayuki | 2016-11-12 10:22 | ■山菜キノコ/山遊び | Trackback | Comments(0)

秋キノコ満開。

 8月中旬からたっぷり雨があり、ババッーと夏キノコが異常とも思えるくらいに発生しましたが、秋雨前線とともに今度は秋のキノコが見られるようになりました。10年ぶりに見たブナハリタケや珍しいアカモミタケ、定番のナラタケもありました。和風の出汁キノコになるアシグロタケがまとまって出ているのもなかなか見れませんね。9月中旬ですから、時期的にはマイタケ採りのピークになるはずですが、今年の雨に合わせるとピークは2週間ほどずれそうです。まさかこんなに雨があるのに”出ない”なんて事はないでしょう。
 キノコの色は自然の不思議。自然界にあり得ないような色が目を引きます。可憐な高山植物の花のような、また森の妖精のような。渓魚の文様も不思議ですが、キノコの方が一段も二段も上です。
 他にもエノキダケ、シロキクラゲ、ヘラタケなどがありました。いずれも少量だったので、見置き放置。
c0198267_06140030.jpg
c0198267_06140781.jpg
c0198267_06141774.jpg
c0198267_06144011.jpg
c0198267_06153871.jpg
c0198267_06143209.jpg
やまゆきかわゆきは、奥会津を楽しむための宿です。
フライフィッシングで自然渓流デビューなら、首都圏からほど近いみちのく会津がベストです。
パウダースノーのたかつえスキー場なら、車で1分の至近距離。
天気予報を確認してからの直前予約も大丈夫です。
お一人様のフライフィッシングのご宿泊は、特に歓迎です。
お気軽にお問合せ、ご予約下さい。
やまゆきかわゆきHPは、http://www.maroon.dti.ne.jp/yamayuki/
やまゆきかわゆきFBは、https://www.facebook.com/Yamayukikawayuki

[PR]
by yamayukikawayuki | 2016-09-15 06:16 | ■山菜キノコ/山遊び | Trackback | Comments(0)

夏キノコ、満開。

 毎回台風に話ですが、今回は台風の恩恵がありました。今シーズンは期待しないでね!、とお客様に伝えていた夏のキノコがここぞとばかりに大発生しています。特に欧米でセップと呼ばれる美味キノコのヤマドリタケモドキと、同じく女王と呼ばれるタマゴタケがあちらこちらにひょこひょこぐいぐい、目立っています。しかしその反面、台風一過で残暑が厳しく、強い日差しと度重なる雨でキノコが溶けていくのが早い! 当宿の定番とも言える夏キノコのタマゴタケを確保したくても日持ちはしないし、分かっているキノコ採りはきっちりやって来ているし、なかなかお泊りのお客様とタイミングが合いません。やっとタマゴタケを良い状態で収穫してその日の夕食に天ぷらをお出し出来ました。今シーズンの最初で最後のタマゴタケ料理になるかな!?
 今日(9/9)は秋キノコの発生チェック。確認できたのは、サクラシメジとハタケシメジ。シメジの季節がやって来ます。夏から秋の地酒も美味しいですので、飲みも食いも季節ものが揃いましたね。
c0198267_09164861.jpg
やまゆきかわゆきは、奥会津を楽しむための宿です。
フライフィッシングで自然渓流デビューなら、首都圏からほど近いみちのく会津がベストです。
パウダースノーのたかつえスキー場なら、車で1分の至近距離。
天気予報を確認してからの直前予約も大丈夫です。
お一人様のフライフィッシングのご宿泊は、特に歓迎です。
お気軽にお問合せ、ご予約下さい。
やまゆきかわゆきHPは、http://www.maroon.dti.ne.jp/yamayuki/
やまゆきかわゆきFBは、https://www.facebook.com/Yamayukikawayuki

[PR]
by yamayukikawayuki | 2016-09-09 09:17 | ■山菜キノコ/山遊び | Trackback | Comments(0)

季節もの、遠くで光るハナビラタケ。

 今シーズンは最高の梅雨になっています。けして雨は大降りせず、朝、夕、夜のタイミングで潤って、田畑にも川にもまんべんなく栄養を与えてくれています。豪雨の復旧工事には支障がなく進み、早く巡っていた季節をいつもの季節に戻してくれそうです。そんな6月中旬からはついにキノコのシーズンが到来。報告済みの大量のキクラゲ、お客様にグッドタイミングのハタケシメジ、ナラタケやヒラタケにはあり付けなかったけれども、少し早いか~と思いながら歩いて来たらハナビラタケを収穫。狙い通りであっても不安はよぎるもの。これで週末から週明けのお客様にご馳走が出来る。パリパリサクサクのハナビラタケの天ぷらは、採れた針葉樹林の香りがする。ほとんどがカラマツ林で収穫しているので、そのままカラマツの香りになります。
 ハナビラタケの収穫量は、3株で2kgほど。週明けのお客様には出来たら食べさせてあげたいと思っていたのでほっとしています。大好きなお客様で、今からバクバクかぶりつく姿が想像できます。おそらく生まれて初めての食べ物でしょうから、この喜びが地の物の良さです。山菜もほぼ終わってしまっている初夏、夏キノコの出番ですね。
c0198267_11205274.jpg
やまゆきかわゆきは、奥会津を楽しむための宿です。
フライフィッシングで自然渓流デビューなら、首都圏からほど近いみちのく会津がベストです。
パウダースノーのたかつえスキー場なら、車で1分の至近距離。
天気予報を確認してからの直前予約も大丈夫です。
お一人様のフライフィッシングのご宿泊は、特に歓迎です。
お気軽にお問合せ、ご予約下さい。
やまゆきかわゆきHPは、http://www.maroon.dti.ne.jp/yamayuki/
やまゆきかわゆきFBは、https://www.facebook.com/Yamayukikawayuki


[PR]
by yamayukikawayuki | 2016-07-09 11:21 | ■山菜キノコ/山遊び | Trackback | Comments(0)