カテゴリ:■FLYFISHING/川遊び( 239 )

TXの「釣りロマン~」6/12放送、舘岩ヤマメ。

 数少ない釣り番組の数少ないフライフィッシング企画がありました。TX(テレビ東京)製作の「釣りロマンを求めて」6/12放送で、舘岩川と鱒沢川を舞台に里見栄正と米村でんじろうが川歩き。ご覧になりましたでしょうか。里見さんからの依頼により、やまゆきかわゆきも協力させていただいています。その時のお話を少々。

 季節は中春、5/24、25、26のロケ。ちょうど運悪く冷え込みが入ってしまい、渓魚の反応は少なくなってしまいました。それでも5/25はおおむね晴れ、ハッチそこそこ、ライズも確認。何とか正味23分の本篇が仕上がり、良かったです。TXスタッフさん、カメラさん、お疲れさまでした。

 ところで米村先生はと言うと、実は一番楽しんでいたようです。多忙な仕事柄ゆえ、1日中釣りをするなんてなかなかないのでしょう。「毎回メニューが変わるんですか?」「年券は幾らなんですか?」などとお帰りの際にはお話したり、アシスタントのサイエンスコメディアンさん、サイエンスアクターさんも表情がにこやかになっていました。宿のご飯も喜んでくれていたようです。

 キーマンの里見さん、たいへんお疲れさまでした。キャスター、コーディネーター、接待役とフル回転でかなりすり減らしてしまったのではと思います。番組放送とロケの日程上、南会津のドライの釣りを選択されたと思いますが、やはり自然や天気には悩まされます。どうしても気苦労も多かったですね。

 里見さん、機会があればこちら奥会津でフライフィッシングスクール出来たらいいですね。宿のお客さんたちにも、そんな声が上がっています。
[PR]
by yamayukikawayuki | 2010-06-13 10:33 | ■FLYFISHING/川遊び | Trackback | Comments(2)

お客様レポート1、泣き尺イワナ。

c0198267_13173454.jpg
 6/5(土)、午前中の釣果。
何度か冬を越えた良型のイワナ。
きれいです。
川岸に砂があったりする川ですから、イワナがビビらなかったのが幸いですね。
[PR]
by yamayukikawayuki | 2010-06-08 13:18 | ■FLYFISHING/川遊び | Trackback | Comments(0)

川面の魅力。

c0198267_8461526.jpg
 お客さんとの川歩きに行きました。陽が差し込みキラキラと川面が輝きます。天候不順により各地で苦戦の話を良く聞きますが、奥会津も季節が若干ですがずれています。今は晩春、水量やや多め、朝晩は涼し、状況は嬉しいくらいの好条件。
 SAGE愛好会さんが頑張っています。そっとしておきましょう。

 来週の6/9(水)は休館となります。ご了承ください。
[PR]
by yamayukikawayuki | 2010-06-03 08:51 | ■FLYFISHING/川遊び | Trackback | Comments(2)

沢筋の季節、飛び出すイワナ。

c0198267_16291028.jpg
 ぐずぐずの天気が続いていますが、回復基調に入りました。水温11℃で#12カディスに食い付くので、全開宣言をしてもいいでしょう。さらに上流部の沢筋に入渓したお客さんも反応は良好だったとの事ですから、盛期に入った模様です。
 20センチのイワナでもきれいな魚体には違いありません。自分は満足感でいっぱいですので、食材の収穫に精を出します。ターゲットはミヤマイラクサ、通称アイコ、イラ、エラ、イラクサなんても呼ばれています。アイコが最も通じやすいですね。”東北の山菜の王様”の位置づけにあり、どのように食べても甘さがあって美味しい。確かに”王様”です。ここのところ夕食のメニューには必ずお出ししていますので、楽しみにお出で下さい。
[PR]
by yamayukikawayuki | 2010-05-31 16:36 | ■FLYFISHING/川遊び | Trackback | Comments(0)

森化けの渓。

c0198267_2014193.jpg
 木化け石化けと言われる渓流釣りに、森化けも加えて欲しい。萌黄色から新緑へと移り変わる今の時期、幸福感を味わえる場面はそう多くはない。快晴に恵まれ、自然に包まれた午後、1人マイペースで釣り上がる時間。もう、好きにして下さい。
[PR]
by yamayukikawayuki | 2010-05-27 20:17 | ■FLYFISHING/川遊び | Trackback | Comments(0)

ひょうきんイワナ。

c0198267_2372829.jpg
 美しい森の川でこの日唯一の釣果、おとぼけた顔のイワナです。1週毎に森の緑が濃くなって、少しづつ太陽を隠すようになって来ました。こうなるとイワナの釣りの盛期、カディスパターンが主役になります。浮かべておくだけでワクワクしますよ。
 全国的な雨は、こちらを避けて通って行ったようです。普通の雨で終始し、夕方は薄日が射すなど、明日の天候の好転を教えてくれました。しかも気温は高めの予報。ウンの良いお客さんもいるものです。
[PR]
by yamayukikawayuki | 2010-05-24 23:14 | ■FLYFISHING/川遊び | Trackback | Comments(7)

イワナの色。

c0198267_7433525.jpg
 FFスクールが終わって一息です。これからがFF宿として稼業本番のやまゆきかわゆきですが、今年は河川チェックに精を出そうと思っています。同時に山菜チェックも大きな目的のひとつですが、毛鉤を投げたり草を採ったり、何とか両立させながら季節を楽しみたいと思います。
 昨年お客さんにイワナが「湧いた」川を調査。今年はイワナは湧きませんでしたが、うっとりするような宝石のようなイワナに会いました。2つほど小規模な堰堤を越えて出会うイワナは黄色いビーズの服を着たニッコウイワナ。写真は大きいのですが、サイズは20センチありません。毎年2~3尾の記憶に残るイワナに会いますが、今年は早々と1尾目です。
 映画「リバーランズ~」に従えば、「神が創りたもうた創造物」となるのでしょうか。人工的には表わせない色があります。黄色いビーズの服のイワナもそうでしょう。きっと仏様の仕業ですね。

 舘岩川がもっとも良い時期に来ています。FFスクールからトップシーズンに入ったようで、ミドリカワゲラがハッチの中心になっています。どちらかと言うと、ブユとカディスは意識する必要はなく、メインをカワゲラに置いて今後増えて行くアントを保険に考えて下さい。毛鉤のサイズは#14ですが、#10~12のパラシュートでも対応可能。食い気が強いですから、先行者がいても間を空けて行けばライズは見れます。もうこれ以上はしゃべりません!
[PR]
by yamayukikawayuki | 2010-05-20 08:03 | ■FLYFISHING/川遊び | Trackback | Comments(2)

3年振りの天然イワナの川

c0198267_8504521.jpg
 3年に一度だけ解禁する川があります。地元の生活用水の取水のために、水源を守っているからですが、3年目の今年は解禁となりました。サイクルが守られれば、来年、再来年は禁漁になります。いち早くドライの釣りが楽しめる美しい川は、川岸に時折雪を見せながら、早春の季節を楽しませてくれます。
 3年前は4/20にはすでにドライで好反応でした。今年はちょっと遅れて、4月末からドライに反応し、GW終盤には27、27、29と、ものの30分で気分も揚々と満足感に浸ったお客さんもいました。ひと雨降った翌日、漁協の仕事を切り上げて入渓したところ、先行者なしに恵まれて天然イワナに出会えました。ライズも2ヵ所で目撃し、いよいよこれから楽しくなるぞという時に、雨です。あ~あ。

 5/15、16開催の岡本哲也FFスクール、今年は少々参加者が少なく、まだ定員に空きがあります。7名の少人数制、ワンデイ仕切り、参加者にとってこれ以上のものはありません。あきらめずにお問い合せ下さい。
[PR]
by yamayukikawayuki | 2010-05-10 09:03 | ■FLYFISHING/川遊び | Trackback | Comments(0)

ドライの釣り、始まりました!

 林道の脇には雪、道には雪解け水、川は水量多め。こんな状況でもドライフライの釣りが始まりました。川の底に近い場所で定位しているイワナはさすがに反応しませんが、中層から水面直下、流芯の脇、日当たりの良い岸際など、捕食態勢を取ってやる気のあるイワナもいます。ドライ解禁ですね。
 今日が初めての川のチェックです。朝の10時頃には国道での気温は20℃弱。ガラッと変わりました。ヤマメ1、イワナ2、バラシ幾つか、チビの突っつき多数。時間は20時間ほど。チビは嬉しいですね。次代のスター達が確実に育っています。明日4/30~5/5まではずっと晴れの予報です。しかも気温も高めですね。奥会津の早春の釣り、のんびり行きましょう!

 業務連絡。5/15(土)、16(日)のワンデイFFスクールですが、両日ともまだ参加枠に余裕があります。おのおの7人定員の、内容の濃いスクールです。いわゆる講師の取り巻きや信奉者は一切いません。これまでも全員が個人客の1人参加がほとんど。この際、殻を取っ払ってご参加いかがでしょうか。各個人のレベルに合った講習ですので、マイペースで指導を受けられます。
[PR]
by yamayukikawayuki | 2010-04-29 15:14 | ■FLYFISHING/川遊び | Trackback | Comments(2)

JFFつながりで養沢ミーティングへお出掛け

c0198267_857456.jpg
 宿の営業と里帰りのついでに、JFF(ジャパンフライフィッシャーズ)の懇親会に参加。例年、春の4月に催されている養沢ミーティングへと、ドライブがてらに出掛けました。ミーティングに参加する事はもちろん目的のひとつですが、それよりも有名な養沢に行ってみる事が大切。宿のお客様との会話に度々登場してくる養沢への知識を持っておかないと、話題を共有できません。重要な事です。
 養沢は中規模渓流で、奥会津の渓流の規模と似ていますね。管理釣り場なだけに、ポイントははっきりしていて、トレーニングや関東近郊でのFF遊びにはぴったりの場所です。近郊であって東京都内、車でのアクセス良好、武蔵五日市駅周辺からはサイクリストや散策組も多く見受けられます。会津ではサクラはまだですが、ここでは過ぎ行く春を惜しむ雰囲気がありました。
 料金4500円なり。会津高原たかつえスキー場のリフト1日券よりもお高い料金設定。4500円であれば、たかつえスキー場だと1日券に1000円の食事券がセットで付いて来ます。時間と労力と便利さが料金体系に反映しているのでしょう。
 写真中央は佐藤名誉会長、両脇をCPの小玉氏と野宮氏。かいがいしくコーヒー煎れて頂いたり、おからドーナッツを揚げて頂いたり、お蕎麦の注文を取って頂いたり...の数時間です。お疲れさまでした。自分たち夫婦は釣りはしませんが、鬼怒川同様にお昼の懇親会が終わると思い思いに釣り場へ散って行きました。みんな好きなんだねえ、釣りが!
[PR]
by yamayukikawayuki | 2010-04-24 09:13 | ■FLYFISHING/川遊び | Trackback | Comments(0)