ひと月で15本。

 山菜小鉢が美味しい5月は、急激に酒量が増えたようです。今日はリサイクルゴミのビンの収集日でした。地酒の空瓶が玄関ポーチに15本ほど。これを全部すすいで、茶色と透明とその他の色のビンに分け、ゴミ収集所へてくてく置きに行って、ジャスト30分。一升瓶15本を見たご近所さんの顔が浮かぶ。この空き瓶の数は、自分もボランティアで飲み参加。半端な残りをちびちび頂きました。時には2合くらい飲んじゃった時もありますが、その時は半端な残りに思えたのでしょう。今となっては仕方がない事です。
 まだまだ山菜はありますが、南会津町特産品のアスパラガスはもうじき終了。地酒の相手になるものを考えておきますよ。おまかせあれ。
 みなさん、良く飲んだね。
c0198267_21132383.jpg
やまゆきかわゆきは、奥会津を楽しむための宿です。
フライフィッシングで自然渓流デビューなら、首都圏からほど近いみちのく会津がベストです。
パウダースノーのたかつえスキー場なら、車で1分の至近距離。
天気予報を確認してからの直前予約も大丈夫です。
お一人様のフライフィッシングのご宿泊は、特に歓迎です。
お気軽にお問合せ、ご予約下さい。
やまゆきかわゆきHPは、http://www.maroon.dti.ne.jp/yamayuki/
やまゆきかわゆきFBは、https://www.facebook.com/Yamayukikawayuki

[PR]
by yamayukikawayuki | 2017-06-15 21:14 | ■奥会津ライフ | Trackback | Comments(2)
トラックバックURL : http://yamayukika.exblog.jp/tb/26742161
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by troutriver at 2017-06-17 08:06
なかなかできそうでできない事ですよね。仰る通りゴミが多すぎるのできりがなくなってしまいます。
僕は枝に絡まった釣糸や針を見つけた時は回収しています。鳥が絡まって動けず死んでしまうという場面を何度か報道等で見かけたので。
Commented by yamayukikawayuki at 2017-06-20 17:56
> troutriverさん
燃えないゴミ=フックはもっともいけないゴミかなと思っています。釣り糸は針の延長線上、タバコのフィルターは魚が飲んで死に至るし、つくづく釣り人は悪い人間だと。自分で出来る事を実践する、まずはこの気持ちですね。
<< ふつうの事。 ひょうたんからナラタケ。 >>