お客様から梨の差し入れ。

 タイトル通りですが、”お客様から梨”は季節の風物詩です。「ああ、もう夏も終わりか」、と思う一方で、「フライフィッシングのお仕事もあと1ヵ月足らずか」、となります。今までには船橋や市川や白井のお客様から梨を頂いた事がありますが、みんなどれも美味しかった! 地域の名産はすべての条件が適しているから美味しいと思うんですが、さらに旬の季節に食べてこそ美味しいのではとも思っています。今年の夏は意に反して蒸し暑い日があるので、今回は初めて皮をむいて冷凍にしてみました。アクが出て真っ黒くなってしまっても良いんです。元が美味しいんだから、きっと美味しいでしょう。
 梨を頂いたお客様は、当宿では非常に珍しい開業年からの長いお付き合いになっています。釣りシーズン1年目ですから2002年6月頃からになりますね。そういうお客様は数組程度しかいませんが、15年の営業を経れば、50歳で会ったお客様は65歳なわけですし、60歳で会ったお客様は75歳なわけです。現在はフライフィッシングで高齢なお客様は75歳前後だと思いますが、時間の流れを感じる一方で20歳台のお客様にお会いすると、「75歳の孫の歳か」と感じてしまいます。
 奥会津では梨農家はいないと思います。リンゴと桃の果樹園があるくらいですが、その他は梅(プラム)の木を見かけます。とある川では野梅(やばい)と呼んでいいでしょう、梅の実がなっていたりします。また5月頃には梨の花が咲いていたりします。川ばかり見ていると気が付かない事も、住んでいると不思議と目が留まります。野梅はがさごそと分け入って実を採って来て、宿で図鑑で同定した事を思い出します。今ではパソコンでちょこちょこっとやれば、画像の検索も早いですし、いろんな人の体験談も知る事が出来ますから、そりゃあもう便利ですね。その頃はフレッツISDNのダイヤルアップ回線でした。遠い昔のようですが、数年前までリンリンリンリンブーと繋がっていました。ワンダフル、イナカ。
c0198267_13172197.jpg
やまゆきかわゆきは、奥会津を楽しむための宿です。
フライフィッシングで自然渓流デビューなら、首都圏からほど近いみちのく会津がベストです。
パウダースノーのたかつえスキー場なら、車で1分の至近距離。
天気予報を確認してからの直前予約も大丈夫です。
お一人様のフライフィッシングのご宿泊は、特に歓迎です。
お気軽にお問合せ、ご予約下さい。
やまゆきかわゆきHPは、http://www.maroon.dti.ne.jp/yamayuki/
やまゆきかわゆきFBは、https://www.facebook.com/Yamayukikawayuki


[PR]
by yamayukikawayuki | 2016-08-23 13:17 | ■奥会津ライフ | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://yamayukika.exblog.jp/tb/25921874
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
<< ◍資料、イヨシロオビアブ(メジ... 時間が出来て、きこりの店。 >>