廣戸川の3本、夏に揃う。

 松崎酒造の廣戸川は、今や会津の地酒の定番になりつつあります。受賞してからぐんぐん、どんどんと販売が広がり、関東圏でも取り扱う酒屋さんが増えて来ました。数年前の品評会での受賞後は、福島県内にあっても福島市や郡山市から求めて止まない地酒ファンが多くいました。松崎酒造は会津地方であっても比較的に関東圏に近い天栄村の蔵元、羽鳥湖の近くと言えばピンとくるでしょう。でも会津のお酒は会津の大都市である会津若松市でもっとも消費されている現実があります。若松で上々の売れ行きが見込まれれば、他所でも自信を持って営業できるという目安になります。会津若松市は大都市と言っても12万人ですけれど、そこには酒造りの伝統と文化が立派に受け継がれている、というわけです。
 当宿の廣戸川のラインナップは4種。年末年始の「純米うすにごり」は在庫しているわけもないので、夏の純米大吟醸を加えて3種がみなさんをお待ちしています。純米、純米吟醸、純米大吟醸となりますが、味はお好み。純米大吟醸は夏の時期がもっとも蔵出しが多い、ほぼ季節限定酒になります。一般的に、中元歳暮の時期には単価の高いお酒が発売される傾向があります。贈り物にもどうぞ、という単純な販売戦略ですね。
 どれを飲んでも旨い! もったいない。
c0198267_14243037.jpg
やまゆきかわゆきは、奥会津を楽しむための宿です。
フライフィッシングで自然渓流デビューなら、首都圏からほど近いみちのく会津がベストです。
パウダースノーのたかつえスキー場なら、車で1分の至近距離。
天気予報を確認してからの直前予約も大丈夫です。
お一人様のフライフィッシングのご宿泊は、特に歓迎です。
お気軽にお問合せ、ご予約下さい。
やまゆきかわゆきHPは、http://www.maroon.dti.ne.jp/yamayuki/
やまゆきかわゆきFBは、https://www.facebook.com/Yamayukikawayuki

[PR]
by yamayukikawayuki | 2016-08-03 14:25 | ■地酒、旬菜料理、お知らせ | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://yamayukika.exblog.jp/tb/25868069
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
<< 会津娘つるし、入荷! 夏、午前のお散歩。 >>