早くも夏の地酒が蔵出し。

 今年は先駆けて夏の生酒が出て来ました。急いで100km先の会津若松へ直行です。例年ですと、当宿で仕入れる夏の地酒はもう少し先になるのですが、地酒のラインナップ変更をここ数年しているので、新銘柄の夏地酒になります。鶴乃江酒造の「会津中将夏限定吟醸酒」は1回火入れの生酒扱い、飲んでるイメージは夕涼みだそうです。仕入れに出掛けた先日も、すでに若松は28℃。暑い、暑すぎる、度を越えてる感じの、盆地特有の熱気でした。舘岩に帰ってきたら22℃だったので、奥会津の良さをしみじみ感じました。
 鶴乃江酒造は夫婦で杜氏の変わった蔵元です。若松と喜多方の酒造りに割って入り、着実に地位を気付いています。奥さんが醸すと「ゆり」という銘柄、旦那さんが醸すと「会津中将」という銘柄になります。「ゆり」の方が少々お高いですよ。もう1本の「会津中将純米吟醸」は主力銘柄。宿のラインナップ入りとなりました。うんまいお酒です。
c0198267_10245040.jpg
やまゆきかわゆきは、奥会津を楽しむための宿です。
フライフィッシングで自然渓流デビューなら、首都圏からほど近いみちのく会津がベストです。
パウダースノーのたかつえスキー場なら、車で1分の至近距離。
天気予報を確認してからの直前予約も大丈夫です。
お一人様のフライフィッシングのご宿泊は、特に歓迎です。
お気軽にお問合せ、ご予約下さい。
やまゆきかわゆきHPは、http://www.maroon.dti.ne.jp/yamayuki/
やまゆきかわゆきFBは、https://www.facebook.com/Yamayukikawayuki


[PR]
by yamayukikawayuki | 2016-06-05 10:25 | ■地酒、旬菜料理、お知らせ | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://yamayukika.exblog.jp/tb/25673992
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
<< 梅雨前、二ホンアマガエル。 おじさんとおじさん。 >>