営業の再開、当宿のGW。

 周辺の雪はほとんど消えてしまい、異常なほどに暖かい陽気に包まれています。雨は少なく少々困りますが、庭のシバサクラが咲き、ヤマアジサイの若葉も出て来ました。先日は20℃もあり7月上旬並みの気温を記録しました。GW前には一度お天気がぐずつく様子ですが、ここまで暖かいので、今後もしばらくが暖かいまま進みそうです。この暖かさに伴い、イワナヤマメの活性が上がって来ました。たくさんのお客様からフライフィッシングのお問い合わせを頂戴していますが、4/29(祝)よりご予約をお受けしたいと思います。今シーズンの渓流釣り、よろしくお願いします。

 GWのお部屋の空き状況については、まだまだ余裕があります。人によっては10連休と言われていますが、現在のところ、前半でも後半でも、大丈夫です。春の山菜と会津の地酒。皆様のお越しをお待ちしています。


 川の状況としては、雪どけが早日差しが多いため、地面が暖められている感じです。キラキラと輝く水面はまぶしくて、春と言うよりは初夏と言った方が似合う日もあります。広範囲に状況を見て回っていますが、確かにドライフライの幕開けは例年よりも早いですね。とは言っても春の釣りには違いないので、川選びと毛鉤の選択は間違わないようにしましょう。
 昨秋9月の関東東北豪雨災害の影響が大きく残る場所で、年をまたいで復旧工事を継続して行っています。とりわけ全国ニュースで報道された舘岩川の氾濫は悲しいものがありますが、測量は進み、傾いた電柱はまっすぐ立てられ、田畑に乗っかったがれきは取り除かれて、国道352はもうすぐ対面通行に戻ります。大震災があって、同じ年に新潟福島豪雨災害があって、今回の4年後に関東東北豪雨災害です。ほぼ復旧し終わるかというタイミングで再びライフラインが壊れ、復活しかけた魚影も間引かれる形で減少してしまった事になります。自然界に生きるイワナヤマメはたくましくまた復活することでしょうから、一時的な目の前に状況に下を向いてしまわずに人も頑張って生きましょう。
 会津高原のミズバショウはとっくに咲いちゃっています。かわいそうに、雨がないので乾燥気味に見えます。GW初めに咲くのが普通だったので、植物たちの季節は半月も早くなってしまったみたいです。それでもこれから咲こうと伸びているミズバショウを見ると、応援したくなりますね。
c0198267_07490692.jpg
やまゆきかわゆきは、奥会津を楽しむための宿です。
フライフィッシングで自然渓流デビューなら、首都圏からほど近いみちのく会津がベストです。
パウダースノーのたかつえスキー場なら、車で1分の至近距離。
天気予報を確認してからの直前予約も大丈夫です。
お一人様のフライフィッシングのご宿泊は、特に歓迎です。
お気軽にお問合せ、ご予約下さい。
やまゆきかわゆきHPは、http://www.maroon.dti.ne.jp/yamayuki/
やまゆきかわゆきFBは、https://www.facebook.com/Yamayukikawayuki


[PR]
by yamayukikawayuki | 2016-04-24 07:54 | ■地酒、旬菜料理、お知らせ | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://yamayukika.exblog.jp/tb/25541343
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
<< 陽光。 那須塩原市の竹風。 >>