遊び疲れて、クールダウン。

 春まで消えることはない雪が積もり、景色はいつもの年末に変わりました。もう1度30~50cm降れば、たかつえスキー場は全面滑走可能になるでしょう。今日(12/28)は第3リフトが稼働しますから、眺望の素晴らしいトップまではシングルリフト1本を残すのみです。スキーセンタースペーシア側のトリプルとクワッドはコース整備が終わったら解放されそうです。地元も雪不足で相当に騒ぎましたが、今になってみれば例年よりも2~3日遅くなっただけの事。ただコース積雪量とこれからの気温に不安があるだけ。暖冬と言われて10年は経ちますが、標高1200mにコースを持つスキー場は今後も降雪には問題はありません。
 しかしながら、近所の高畑スキー場や南郷スキー場は、雪は降ってもコース整備には足りない雪の量であり、オープン出来ない状況です。12/29~30位が目標となりそうです。シーズン10万人の入込み数を割っている両スキー場でも、”スキーヤーオンリー”と”ボードの聖地”という特徴を活かし、訪れるファンは少なくありません。たかつえスキー場は入込み数25万人の東北第2のポジションは不動ですが、決して安穏としていられません。地に足をつけた経営をしてほしいですね。

 看板犬ヨーヨーは興奮しやすく冷めやすい犬種のボーダーコリー。今回の雪で思う存分遊びました。興奮しすぎると過呼吸ぎみになったり、足をぶつけて怪我したり、いろんな事をしてしまいます。そんな時は目の前のふかふかな雪をパクパクと食べて自分で自分を冷まします。水が置いてあっても飲みません。食感がたまらないのでしょう、きっと。当分止められないようです。
 雪で地面が隠れると匂いが消えてしまい嗅ぐことが減ってきます。散歩の時には逆にレモンかき氷のように匂いが残っていて、しつこいくらいに執着します。宿の敷地内では主にタヌキの痕跡があり、宿裏から道路へと斜めに横切っていたり、同じく宿裏から倉庫へと歩いていたり、ヨーヨーのパトロールは休みの日がありません。冬の初めはネズミもいるので嗅覚が混乱しちゃうし、ややもすると夢中になってそのまま道路に出ちゃっているニアミスも犯します。雪に慣れるまでは仕方ありませんね。
 12月は例年よりも冷えなかったので、助かりました。12月の冷える時は放射冷却でマイナス15~20℃まで下がりますから、朝方にヨーヨーはなきます。「急にこれかよ」って感じで、きっと「なんかすっごく寒いよ~」と言っているのでしょう。そんな積もる前の冷えがなかったので、暖かい年の瀬になりそうです。日中が0~5℃、朝晩がマイナス5~0℃くらいです。イギリスのボーダー地方が原産のボーダーコリーにとっては、まさにベストな気候でしょう。と言うことは、また遊ぶ~興奮する~ぶつける~足を舐める~顔がブルーになる~良く寝る~痛いの忘れて元気になる~またぶつける、という悪循環が容易に想像できる。これも仕方ない。
c0198267_10001371.jpg
やまゆきかわゆきは、奥会津を楽しむための宿です。
フライフィッシングで自然渓流デビューなら、首都圏からほど近いみちのく会津がベストです。
パウダースノーのたかつえスキー場なら、車で1分の至近距離。
天気予報を確認してからの直前予約も大丈夫です。
お一人様のフライフィッシングのご宿泊は、特に歓迎です。
お気軽にお問合せ、ご予約下さい。
やまゆきかわゆきHPは、http://www.maroon.dti.ne.jp/yamayuki/
やまゆきかわゆきFBは、https://www.facebook.com/Yamayukikawayuki


[PR]
by yamayukikawayuki | 2015-12-28 10:01 | □♂ヨーヨー(曜々)輝く! | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://yamayukika.exblog.jp/tb/25113624
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
<< 2015年の年末の地酒。 ヒツジの行進。 >>