気持ち良さNo.1の川。

 5月中旬に入り、ヤマザクラは相当な標高まで行かないと見れなくなりました。萌木色からまさに深緑へと移り変わっていく時の、なんとも清々しい景色が好きです。川は中流部までさかのぼると残雪がちらほらと現れますが、それも日陰や河畔林の中くらいなもの。いよいよ生命が踊り出す季節が間近に迫っているようです。
 気温は相変わらずの高いまま。25℃前後日が続いています。水量が落ち着いているように見えても、川の上流や枝沢には残雪がありますから、おそらくは水温は低めでしょう。渓魚もまだ流芯を避けていたりします。川の状況が手に取るように分かりますが、奥会津の釣り場ははかなり広いので、雪代がやっと終盤に入ろうかという川もあります。フライフィッシングにとっての川選びは、いつだって、どこだって、もっとも重要になります。
 シーズン本番に入ったら、渓魚のスイッチは早い。まだもう少しはスイッチオフですが、いつ入るかも知れません。気温が高く、一気に雪解けが進んだ割には、大きいカゲロウが目立ちません。これがふわふわゆらゆらと目障りなくらい視界に入って来たら、スイッチオンです。それまでは山菜採りに忙しくしていよう。こっちも美味しいし、止められないね。
 ナンバーワンの気持ちの良い川は、20cm弱のイワナが1尾。沢から降りてきた個体のようです。ヤマメよりもイワナの方が食い気があるようです。
c0198267_07494859.jpg
 やまゆきかわゆきは、奥会津を楽しむための宿です。
 自然渓流デビューなら、首都圏からほど近いみちのく会津がベストです。
 天気予報を確認してからの直前予約も大丈夫です。
 お一人様のフライフィッシングのご宿泊は、特に歓迎です。
 お気軽にお問合せ、ご予約下さい。
 やまゆきかわゆきHPは、http://www.maroon.dti.ne.jp/yamayuki/
 やまゆきかわゆきFBは、https://www.facebook.com/Yamayukikawayuki


[PR]
by yamayukikawayuki | 2015-05-16 07:50 | ■FLYFISHING/川遊び | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://yamayukika.exblog.jp/tb/24105266
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
<< 話題の久米納豆「豆の香」。 今年もニリンソウの川で。 >>