2014-15シーズン、冬のスキーボード宿泊パック。

 温暖化と言われながらも、ただならぬ寒波がやって来ています。各地で大雪の被害が出ていますが、皆さんは大丈夫でしょうか。普段の日々からの備えが1番大切です。そして、ご自身の気持ちの準備があれば、たいがいの事象には対応できるはずです。冬本番の前に、必要な物などを少し用立てておいてはいかがでしょう。
 会津高原たかつえスキー場も冬シーズンを目前にして、従業員は準備に追われています。今シーズンは例年よりもオープンを遅らせて12/20(土)となりました。自然エネルギーのバイオマス設備建設で省電力化を図ったり、電気自動車用のEV充電装置を設置したりと、今と今後に備えての対策を進めています。今では4か所の会津高原地区スキーはたかつえスキー場のみが黒字営業を続けていて、ついに3スキー場はマックリゾートグループへ売却となってしまいました。旧態での経営が良いのか、新体制での経営が望ましいかは、数年後にならないと判断できませんが、少なくとも旧態での弊害は数えきれないほどありました。
 東日本大震災後、冬は3シーズン目に入ります。たかつえスキー場は震災後であっても、立派に東北第2位の入込み数を誇るスキー場です。安比高原にはかないませんが、裏磐梯やアルツ、蔵王や雫石よりも歴然と多いお客様に来ていただいています。自分はスキー場関係者ではありませんが、中規模スキー場でありながら25万人の入込み数のたかつえスキー場はえらいぞ、頑張っている。サービスや料金はともかくとも、現実に数字が立証している。潜在能力とある程度の体力を兼ね備えている中規模ローカルスキー場です。変わらない事で良い事もあるんですね。
c0198267_09583569.jpg
 今月12/9のたかつえスキー場の風景です。降雪機は使用していません。ロッジ前から第6リフト山頂を望む方向です。
 消費税が8%に変更となりました。たかつえスキー場の早割リフト券も税込み2700円に値上がった格好になっています。ネットで購入すると手数料数%が上乗せされますので、3000円程度になってしまいます。今シーズンのたかつえスキー場の宿泊パックのリフト券は税込み2500円と従前と変わらない設定に決まりました。加えて地域振興券500円分(スキー場内でそのまま使える金券)もセットになっています。ただし民宿やペンションで販売される宿泊パックですので、リフト券のみの販売は一切しておりません。と、いう事で、当宿やまゆきかわゆきでも今シーズンの宿泊パック料金を決めました!

 たかつえスキー場宿泊パック、シーズン中特別日なし、年末年始でも3連休でもOK!
 1泊2食税込み10,300円です。(実質は宿泊7800円+リフト券2500円となっています。)
 但し12/31のみは10,700円(8200円+2500円)となります。

 また、当宿やまゆきかわきの家族パックの料金を今年4/1より変更しています。詳しくは当宿HPをご覧ください。
 飛露喜は入荷しているし、銘柄の入れ替えも検討中です。等身大で居心地良く、良心的で、ご飯が美味しい宿ですよ。オリジナリティで愛されています。2014-15冬シーズンも、よろしくお願いいたします。

[PR]
by yamayukikawayuki | 2014-12-12 10:03 | ■地酒、旬菜料理、お知らせ | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://yamayukika.exblog.jp/tb/23198279
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
<< ただ今、冬の営業に向けて準備中です。 新兵器は強力だった。 >>