千葉県のお客様から、落花生。

 お客様に千葉県民は多数おられても、この落花生のお土産は初めて頂きました。多くは、乾燥させた落花生ですが、あれはあれで素材の味がそのまま生かされた完璧な落花生製品でしょう。今回の落花生は、ゆで落花生と黒蜜落花生という、真空パックされたちょっとだけデリケートなものでした。ゆで落花生のデリケートさは、その賞味期限。「袋を開けたらその日のうちに召し上がり下さい」と、書いてある。なるほど。その日のうちに、きれいに平らげました、嫁が。 
 黒蜜落花生の方は、その食べ方がデリケート。そのままポリポリと食べちゃいそうな雰囲気に包まれていますが、表面の黒蜜の中には落花生の殻ごと入っているわけだから、そのままポリポリとは行けません。「殻を割って、楊枝などで食べて下さい」と書いてある。塩釜料理の落花生版ですね。初めての食べ物には興味津々。楽しいひと時でした。
 ごちそうさまです。
c0198267_09512968.jpg

[PR]
by yamayukikawayuki | 2014-03-24 09:54 | ■奥会津ライフ | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://yamayukika.exblog.jp/tb/21880821
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
<< 2014春の里見スクール、ウエ... アスファルトのベッドで眠くなる。 >>