今度はマフィンのお土産だ!

 埼玉県からのお客様から、ご当地名産の野菜を使ったマフィンを頂きました。ご当地は、草加市。小松菜の生産が盛んらしいですよ。自分達にとっては、草加市は、基本的には「通り過ぎる町」でしたが、知らない一面を知るきっかけになりました。フライショップのロックスが草加市へ店舗を移しましたので、これからは「立ち寄る町」になるでしょう。 
 パッケージを見ると、小松菜を使ったレシピの募集で好評だったものを商品化したとされています。歴史がある町では、地場産品はせでに成熟、もしくは飽和の状態にあるのが普通です。今の人たちの発想で、何か新しいものを生み出そうという試みのひとつでしょう。これなら小学生からお婆ちゃんまで参加できるし、学校教育の一環としても、取り入れられる。婦人会やママ友グループだって、家庭科の授業や料理クラブも、地場消費と新商品誕生の一挙両得だね。
c0198267_10382855.jpg

[PR]
by yamayukikawayuki | 2014-03-11 10:39 | ・奥会津ライフ | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://yamayukika.exblog.jp/tb/21808977
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
<< 気分は春だね。 元気娘のお土産。 >>