イワナが湧くって!?

 ごくたま~に、イワナが湧くなんて事があります。”そのごくたまに”が、先月末にありました。湧いたのは久しぶりで、もう何年も前の出来事。イワナが湧いた川は毎回違う川ですが、今回湧いた川は初めてかも知れません。さっそく確かめに自分も行かなくちゃ、ね。




c0198267_1823059.jpg

 変わった入渓方法で川に下りると、もうすぐ8月というのに水量たっぷり。そうです、まだ梅雨明けしていませんでした。8/6現在は梅雨明けと発表されましたが、実は奥会津は梅雨明け発表後5~7日間は梅雨の延長にあります。今日も梅雨の天気でした。行程を確認しながら、釣り上がりです。そして、間違いなく湧きました。自分の投げた一つの毛針に、3尾のイワナが取り合い。それも15cm以上のイワナたち。お~、お~、お~、湧くね!
 ここで定義です。当宿では、「湧く」という表現は、ひとつの毛針に2尾以上の魚が捕食行為をした状態を言います。相当な山奥の沢や源流域ではある事ですが、今回の珍しい内容は川がそれほど奥地ではなく、また湧いた魚がそこそこの大きさであり、少なくとも稚魚や幼魚のレベルではなかった事にあります。もっとも黒部のイワナの群れにはかないませんが、少なからず、そっとしておいてあげよう、というような思いを覚えます。それも良いかも。
[PR]
by yamayukikawayuki | 2013-08-06 18:39 | ≫フライフィッシング/川遊び | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://yamayukika.exblog.jp/tb/20592531
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
<< 夏の地酒、第一弾。 たのせ集落のお手伝い。 >>