夏キノコが美味しい季節。

 奥会津は梅雨明けしていません。釣りも楽しいけれど、ご飯もおいしい。そうです、夏のキノコが盛期を迎えています。梅雨の雨で発生も良く、昨日見なかった場所に今日は出てる、なんて感じです。それとともに、天ぷらの付け合せには季節の野菜を添えますが、ヤマウドの花芽がちょうど良い具合のほころびになっています。ちょうど良いというのは、天ぷらにちょうど良いわけで、そのヤマウド特有の香りと味が凝縮された花芽の天ぷらは、食べていて大きくうなずく上等の一品です。




c0198267_7582956.jpg

 採れている夏のキノコは定番のハナビラタケ。針葉樹林に発生する木を腐らせる菌で、通常はバレーバール大、まれにバスケットボール2個分にもなります。白みがかったキノコはピカーと光り輝く宝物です。パリパリとした天ぷらの食感はポテトチップです。
c0198267_82890.jpg

 タマゴタケは日持ちしないデリケートなキノコでテングタケ科。キノコ採りにはすっかりポピュラーになっちゃいましたが、女王の別名は健在です。珍しい密集で発生した4姉妹ですが、このくらいの傘の開きが天ぷらには向いています。タマゴと言うだけあって、タマゴの殻からニョキニョキ育って来ますが、味もタマゴ味でカスタード風味。風味だから香りも味も、なるほどとなります。
c0198267_853922.jpg

 梅雨中なので、秋のキノコも少し出ています。ハタケシメジが気まぐれに採れたり、イロガワリ、アカヤマドリ、ヤマドリタケモドキ、アイタケなんかも揃い始めました。アカジコウだけがまだ姿を見ていませんが、きっとどこかに出ているでしょう。
 夕食でキノコが食べられるかどうかはキノコの発生次第になります。運が良ければ、食べられるという事です。
[PR]
by yamayukikawayuki | 2013-08-01 08:10 | ■地酒、旬菜料理、お知らせ | Trackback | Comments(2)
トラックバックURL : http://yamayukika.exblog.jp/tb/20571621
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by kurobeco at 2013-08-02 18:42
ウド良いですね。こちらにもホウビガンジュ、オオタニワタリなどの山菜がありますが、な~んか個性が無いというか滋味がないというか、イマイチです。
Commented by yamayukikawayuki at 2013-08-02 21:29
kurobecoさん、山菜はアクが命ですな。個性が活きてこそ、価値がありますね。
<< たのせ集落のお手伝い。 2013秋の里見栄正FFスクー... >>