豊盃華想いと上喜元仕込み酒

 秀逸な地酒が入荷しています。青森県の豊盃「華想い」は豊盃シリーズの中で最も香りが高く華やかさを感じるお酒と言われています。山田錦の栽培不可能な北国青森で、山田錦に負けない酒米を研究した結果、華想い米が出来ました。豊盃ファンでも人気度が高い訳が分かります。



c0198267_86049.jpg

 上喜元仕込み酒「渾身」は、佐藤杜氏が自分の思いのままに仕込む年1回のお酒。普通の上喜元であればど~んと前面に銘柄名がアピールされていますが、この仕込み酒はちょびっとだけ表示されているくらいです。商業ベースのお酒ではない証ですが、”気に入ったら飲んで下さい”と微笑んでいる佐藤杜氏が見えそうです。

 これから山菜が本番の季節です。お客様の少ない日には山菜の天ぷらもお出ししています。今はフキノトウの終わり、コゴミのピークを過ぎたところですが、GW明けからはコシアブラやハリギリなどの木の芽、もう少し経つと王様アイコが伸び出します。どうぞお楽しみに。
[PR]
by yamayukikawayuki | 2013-05-07 08:17 | ■地酒、旬菜料理、お知らせ | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://yamayukika.exblog.jp/tb/20030349
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
<< 萌える山の気持ち良さ。 イワナ釣りのつもりがコゴミ採り。 >>