福島っ子応援ボランティア。

 放射線量の高い地域の子どもたちを会津は応援しています。昨年に引き続き、夏休みを安全な会津地方で体験学習。今回の受け入れは郡山市と福島市が中心。各市の教育委員会やツアー催行のJTB、それと受け入れ先のボランティアが協力して、実現しています。補助金を有効に活用して、相互に大きなメリット生み出しています。



c0198267_6395580.jpg

 今や体験学習の目玉になったヤマメのつかみ取り。総勢90名余名、バス3台。ここで漁協の立場で自分が講釈し、つかみ取りスタート。現在は池が濁っちゃったのでしばしのお預けタイム。子どもたちはうずうずしているところ。活気があふれる時間になりました。90名といえば、舘岩小学校の全児童数みたいなもの。おじさんの講釈だって、喉が疲れます。

 今朝は放射冷却で13℃台の気温になりました。檜枝岐村では11℃台です。これじゃ、犬も丸くなるって! すぐに陽射しで温まり、もうチャカチャカと暇をもてあましていますが、もうすぐ生後半年=6ヵ月。
[PR]
by yamayukikawayuki | 2012-08-01 06:47 | ・奥会津ライフ | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://yamayukika.exblog.jp/tb/18292718
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
<< 秋の里見スクール、開催します。 あなた、丸見えはまずいね。 >>