クワの実採り、追い込み。

 クワの実の収穫が終わろうとしています。実が熟し始めてからは、実を落としてしまうような大雨はなく、順調に収穫量を伸ばしています。現在は5キロ超となり、目標を大きく上回る事が出来ています。今年はハチが飛んでくる事が少なく、非常に助かっています。この調子でラストスパート、追い込みです。



c0198267_7373695.jpg

 カメムシの子供たちは密集する必要性があるんでしょうね。写真ではカメムシの形をしていませんが、これが成長するにつれて少しづつ動きが活発になり、単独であっちこっちに散らばって行きます。若い葉の裏は特に要注意で、指で触れるとすぐにカメムシ臭を出します。身体は弱く、臭いは青臭く、しがみつく能力に頼って、風に耐えています。
 カメムシも生態系の一部です。ハチばかりがてきではありません。アリやクモも狙っています。子供が多く生まれるだけに、生き残っていく個体は少ないはずです。自然界は、うまいこと出来てるなあ。
[PR]
by yamayukikawayuki | 2012-07-18 07:44 | ・奥会津ライフ | Trackback | Comments(2)
トラックバックURL : http://yamayukika.exblog.jp/tb/18239138
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by 正平 at 2012-07-18 07:52 x
最近気になっているのは、特に山形なんですけど、この時期にしてはカメムシが多いって事。
数年前から6月前半くらいでカメムシの成虫に出くわす頻度が高まっています。
僕としてはカメムシは秋の虫。
出てきてお盆明けくらいかと思っていました。
そちらではどんな感じですか?
Commented by yamayukikawayuki at 2012-07-22 22:17
正平さん
雪国ではカメムシはほぼ1年中見ます。建物内で越冬もしますが、活動時期は春~秋が中心です。山形でも一緒だと思いますよ。
<< 新規開拓、再度檜枝岐村へ。 女将のバースデイで、定番焼肉。 >>