雪の日。

 日本海側で雪の日々が続いています。こちら奥会津は日本海側の気象の影響を受けやすく、同様に雪の日々を過ごしています。それでもニュースで流れるほどの積雪量はなく、1日に10~20cm積もる程度ですから、例年よりも雪は少なめです。たかつえスキー場のコース積雪が160cmとなっていますので、コース積雪においても50~70cmは少ないという事になります。



 震災のあったこのような冬にあったも、当宿にお越しいただきありがとうございます。スキー場はびっくりするくらい空いています。まあ、スキー場だって補償請求すれば何億もの金額が見込まれています。きっと、無理してやる気はないのでしょう。無理しても頑張っても、その分来訪者がすぐに増えるわけではありませんから、来春からの営業を考えていくべきでしょうね。
c0198267_7555757.jpg

 先週末は神奈川県から釣りのお客様が滑りに見えました。釣り以外はインドア派かと思っていましたが、はてさて初めての奥会津の冬景色に何を思ったのか、どのような印象を持ったのか。もう渓流解禁の話題が出る頃ですが、たまには雪降る土地に身を置いて、何事かを思うのも悪くはないですね。
 国道352脇のトマトハウスはひっそりと春を待っています。灰色の空の下、ビニールシートは外されて骨組みのみで我慢中です。振り向く人もなく、雪降れば人影すらなく、いつもの風景ですが、そんな土地に移住して10年。雪の季節があるからこそ一層輝く土地だと、切に感じます。
[PR]
by yamayukikawayuki | 2012-02-01 08:03 | ・奥会津ライフ | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://yamayukika.exblog.jp/tb/17380183
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
<< 立春で、材探し。 がんこ炎の「じゃこ菜飯」 >>