忘れていた川へ。

 5年振りくらいになるだろうか。なぜだか今年は「あそこへ行っておかなくちゃ」と思い出すことがたびたびあって、ルーズすぎるけれどもやっと歩いてくることが出来ました。サカナはいないけれども、いたね! 不思議な渓は様子も奇怪。トロ場から岩場へ、そして明るい渓へと変化していきます。




c0198267_8163884.jpg

 イワナだけのアタリと思っていたら、ヤマメが3尾。かねてよりの疑問が少し解けました。夏場でも枯れそうにない沢が2本あり、これが種沢かとすぐに気づかせてくれました。すると今日ここでのヤマメたちは天然種に近いのかな。いにしえはもちろん日本海から続く水系ですからヤマメだっていてもおかしくはない。おかしいと言うよりも今まで姿を保って来た生命力に不思議な魅力を感じます。今度は種沢をそっとのぞきに行ってみよう。釣りではなく、たくましい命を確認しに、そして応援しに、ね。
c0198267_822502.jpg

 イワナは5尾。良いポイントはそこそこありますが、手付かずの管理でしたから、それを考えると魚影は濃い方でしょう。28cmが最大で、引きは強く、アタリはヤマメ並みに早い。ビビりながら暮らしているんですね。尺イワナかなと思われる影が一度浮いてきましたが、フライを吸い込むまでには至らず。28cmがその影と同一かもしれませんが、そうは思いたくない釣り人心理もあり。小さなロマンを残しておきましょう。

 午後の斜光がきらきらと輝き、通り雨の後の気持ち良さを感じました。堰堤も苔むすとそれなりに情緒が出るものです。堰堤も作られたその時代の最善の方法でした。堰堤をなげくフライマンは過去の日本を切り離しています。堰堤の建設が次の方法を生み出してくれたので、時間はつながっています。過去の歴史ページの1行と思って、これから人が自然と付き合う方法をみんなで考えれば良いじゃないですか。
[PR]
by yamayukikawayuki | 2011-09-01 08:16 | ■FLYFISHING/川遊び | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://yamayukika.exblog.jp/tb/16797222
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
<< 秋のキノコと夏のキノコ 秋雨前線から贈り物です。 >>