森の生き物。

 ちまたでは、恋の季節のようです。モリアオガエルが取り込み中ですが、ちょっとそこは土の上ですよ。たしかにすぐ横に水場はありますが、水場と言っても林道の水たまりですよ。まあ、しょうがないか。もう止められないね。



 モリアオガエルの卵塊を3つも発見しましたが、すべて土の上でした。そしてその横には水たまり。悲しい事ですが、救われません。これも生き物の世界、グルグルッと巡り巡って、種は残っていきます。今まで残って来たのだから、これからも変わりません。広葉樹の森の営みからすれば、ほんの小さな出来事です。
c0198267_101572.jpg

 さあ、梅雨入りしました。気温が2℃くらい高くなって、日中は24~26℃。湿度はグンと上がって、少々蒸します。絶好のイワナ釣りの季節が到来しました。お客様と歩いてきた川は水量が多めでしたが、3人合わせて10回弱の反応がありました。すくったイワナは2尾ですが、アタリとバラシが一番多かった人にイワナの恵みがありませんでした。フライフィッシングなんて、こんなものです。元気を出して、また次回へ。
c0198267_1065438.jpg

 フライは#10、リーダー&ティペットは5~6X。何も考えずに7Xのティペットを結ぶ人がいますが、奥会津では禁物です。筋肉質のイワナでは、ネット直前でバレてしまいます。その川の出来る限り大きい毛針で、そして出来る限り太いティペットで、おおらかに行きましょう。いかがですか?
[PR]
by yamayukikawayuki | 2011-06-24 10:10 | ≫フライフィッシング/川遊び | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://yamayukika.exblog.jp/tb/16511226
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
<< 今の舘岩川について。 キンカンのマーマレード。 >>