ニセアカシア、始まりました。

 お花の天ぷら第二弾は、ニセアカシアです。正式名称はハリエンジュという中国からの帰化植物で、都会では街路樹なんかにも使われています。東日本では植物の生態系を乱す最も危険な帰化植物とされていますが、こうなってしまっては今さら遅いです。



c0198267_11341445.jpg

 ヤマフジの花と同じで花が開いてきたら時期を逃してしまいます。つぼみのうちに採って、天ぷらでサクサクっと頂きます。ニセアカシアは花だけしか食べられません。ハリ(針=トゲ)の付いたエンジュ(延寿)に似た木という意味だと思うのですが、意外にもマメ科の植物です。驚きですね。
[PR]
by yamayukikawayuki | 2011-06-18 11:37 | ■地酒、旬菜料理、お知らせ | Trackback | Comments(2)
トラックバックURL : http://yamayukika.exblog.jp/tb/16485349
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by クロベコ at 2011-06-18 19:16 x
根粒菌と共生して空気中の窒素を土中に固定するとかで、
肥料木として治山事業に多用されたようですね。例の試験で勉強しました。
それにしても、同じく根粒菌と共生する帰化植物のシロツメクサ(クローバー)は、
ハリエンジュ同様、侵略的外来種に指定されてるのに、まったく騒がれない・・・
むしろ愛されてすらいる。ちょっと不憫ですね。
名前の語感とか、容姿とかでバイアスがかかるんでしょうが。
お花の味で株を上げてもらいたいですね~。
Commented by yamayukikawayuki at 2011-06-20 09:04
梅雨入り遅れて天気良好。
お花満開でほぼ終了メニューになりました。
今度ひまを見つけて近くに移植しとこっと。
収穫が楽ちんになるように、手を打つよ。
<< 梅雨入り遅れの、涼。 イワナの尻尾と眼。 >>