お刺身風で2品ほど。

 夏のキノコの旬を迎えています。暮らしているそこいら周辺で収穫出来るというのは、恵まれています。ちょっと歩いてちょこちょこ収穫、車で5分でほどほど収穫。何という自然環境でしょうか。




c0198267_10523222.jpg

c0198267_10525335.jpg

 茎の網目模様が鮮やかなヤマドリタケモドキを、さっと熱湯をくぐらせてお刺身風で頂きます。葉ワサビ醤油で触感も最高です。なかなか食べられませんよ。しかも宿屋ではまず出さないでしょう。夏の生酒と一緒にいかがでしょうか。まずは妄想しちゃいましょう。
c0198267_10562565.jpg

c0198267_10564058.jpg

 今度はアカヤマドリです。写真が右寄りと思われるでしょうが、左にも2本発生していて、軽4本が写っています。木々からのしずくが傘に乗っています。こっくりとした濃厚スープに利用しているのですが、これもお刺身風に行っちゃいましょう。濃厚な味わいが想像出来るだけに、ここは夏ですから生姜を添えてシンプルにお醤油で! う~ん、有りですね。うまい、うまい。
 両方ともキノコはイグチの仲間です。基本的にお刺身風で美味しいキノコは少ないのですが、これらとムキタケあたりはgoodですよ。キノコフェチのお客さんたち、どうぞ好きなだけ妄想して下さい。夏の生酒の会津娘つるしは8/6蔵出しです。その他、飛露貴の黒ラベル、新酒の花泉本醸造辛口生、上喜元仕込み39号、裏雅山流、合いますね。
[PR]
by yamayukikawayuki | 2010-07-27 11:03 | ■地酒、旬菜料理、お知らせ | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://yamayukika.exblog.jp/tb/14846349
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
<< 宿主の釣り休み、vo.1 FFで最初の1尾。 >>